« ちょっとだけ、帽子第3弾です | トップページ | 新生児仮死と心肺蘇生ガイドライン »

性教協中国ブロック広島セミナー20回記念

  “人間と性”教育研究協議会中国ブロック・広島セミナー20回記念

共に生きる21世紀の「性と生」を見つめなおす

             ーヒューマンな性を育む 家庭、学校、地域でー

2008年2月24日(日)9:30~16:30

        広島県生涯学習センター“ぱれっとひろしま”TEL.082-262-2411

   主催  “人間と性”教育研究協議会 広島サークル・中国ブロック

 後援  広島県・広島市・中国新聞社

内容

 分科会・模擬授業

   「Let's begin 中学校の性教育」  岡山性教協

   「お父さんのためのコミュニケーション講座」  広島サークル

   「初めて学ぶ二次性徴~おおきくなるからだ~」 島根・まつえサークル

   「助産師が学校にかかわる理由~私たちのつながり(連携)」 山口性教協

☆トーク&トーク☆

 「今、若者たちに伝えたいこと」

     村瀬 幸浩さん   一橋大学・津田塾大学講師

     上村 茂仁さん   (岡山)ウイメンズクリニック・かみむら院長

  【コーディネーター】  河野美代子(河野産婦人科クリニック 性教協広島サークル)

当日のスケジュールや申し込みなどについては、こちら性教協広島ホームページをご覧ください。

 私は、最高のメニューが出来たと思っています。各サークルからは、しっかりした実践に基づいた発表やもぎ授業が出されます。

 また、私がコーディネーターを務めるトーク&トークは、村瀬先生と上村先生という、ワクワクする様な顔合わせです。

 村瀬先生は、もう言うまでもないでしょう。私は、かってに私の性教育の恩師と思っています。少年から熟年にいたるまでの、あらゆる年代の人の性について、とても深い洞察と愛が溢れたお話が聞けるでしょう。特に、一橋、津田塾といったエリートの学生達、何にも性についての学習などしないでここまで来ている、その学生達への授業の様子はとてもおもしろいものでした。多くの学生達が「この授業を受けて、本当に良かった」と感想を述べています。「自分が彼女に行っていたのは、DVだったと気づいて愕然とした」などとも。

 上村先生は、今、時の人です。つい一週間前にも、NHKテレビで先生の実践が放送されました。彼は、自分のメールアドレスを公開し、若者達からの相談に応じています。そして、中学生への講演でも、デートDVなどにも言及しています。これが、NHKで放送されました。このお二人のトークには、「何とぜいたくな」との声も上がっています。

 第20回記念、すなわち、私たちは20年間このようなセミナーを続けて参りました。今の様な、性教育バッシングの時代だからこそ、私たちは頑張ってこのような会を絶やすことなく、続けたいと思っています。なんにも中味について知らないままに、ただ若者をそそのかしていると攻撃する人たちに、私は、こんな大会に参加してもらって、実際、性教育とはどんなものなのかを知ってもらいたいとさえ思います。

 どうか、ひとりでも多くの方にこの会に参加していただきたいのです。よろしくお願いします。

|

« ちょっとだけ、帽子第3弾です | トップページ | 新生児仮死と心肺蘇生ガイドライン »

コメント

性教協中国ブロック広島セミナーのご案内、有難うございます。その前日、あたしの場合、仕事で大きなシンポジウムがあり、いささか疲れているかもしれませんが、午後のトーク&トークには出席したいと思っています。河野さんが村瀬さんをこれほど尊敬していらっしゃるとは。私も村瀬さんの著作を何冊か読み、ファンなりました。「人」に対する純粋の愛を感じています。そして、男女の関係、人との関係の中では『思いやり』の重要性を常に伝えておられるように思いました。

投稿: eastwaterY | 2008年2月 9日 (土) 08時05分

eastwaterYさま
ありがとうございます。どうぞ、お出で下さいませ。私もコーディネーターを張り切っています。きっとご期待にそえる会になると思いますので、よろしくお願いします。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2008年2月 9日 (土) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/40037988

この記事へのトラックバック一覧です: 性教協中国ブロック広島セミナー20回記念:

« ちょっとだけ、帽子第3弾です | トップページ | 新生児仮死と心肺蘇生ガイドライン »