« 中学PTAの講演と性教協中国セミナー | トップページ | ブログのコメントについて »

昨日、無事終わりました。

 昨日は午前中、安佐北区の落合中学で保護者の方達に講演をしました。雪の中沢山の方達が集まって下さってうれしかったです。これからの中学生への性教育、とても大切なのですが、保護者の方達のお声が先生達を勇気づけるでしょう。PTA会長さんを初めとして、役員の方々、お休みにもかかわらず、参加してお話を聞いて下さった校長先生、教職員の方々に感謝申し上げます。

 ところで、講演が済んだ後、一人の女性に声を掛けられました。Honeyさんでした。私は、彼女のブログは大好きです。お花とハンドメイドが一杯で、きっとお家の中をこんな風にきれいに優しくしてあったなら、お子さん達もきっと優雅に育っているのだろうなあ、と。私もそうありたかったなあなんて思いながらいつもブログを見ていました。そのご本人だったので、びっくりしました。保護者ではないけれど、お近くに住んでいらっしゃるとのこと。私が来るという噂を聞いて、駆けつけて下さったのだそうです。ブログのイメージ通りの優しくおきれいな方でした。お手紙とコーヒーと、クッキーまで戴きました。Honeyさん、本当にありがとうございました。同時に、ブログっていいなあ、と思いました。

 その後、性教協の中国セミナーでトーク&トークの司会をしました。村瀬先生と上村先生のお二人のお話を聞きました。上村先生は、メールで若い人たちの相談に乗っています。実際に来たメールを示しながらのお話でした。また、先生は中学や高校での講演で今、デートDVについても話をしています。どんな風に話しをされているのかを実際にやって戴きました。

 村瀬先生は今、一橋大学と津田塾大学と、東京女子大でセクシャリティーの講座をもっていらっしゃいます。そこでの学生達のレポートを中心に話して戴きました。ここでも、学生達にDVの講義をされています。恋人になったら、具体的な肉体への暴力だけでなく、監視、拘束、強制、支配などが起こりがちで、それもDVなのだと。一方が苦痛になる関係でなく、双方が楽しく、二人で過ごすことで前向きのエネルギーになるような、そんな関係でありたいものです。

 それらもDVなのですよ、ということを早くから教えるべきだと思います。特に、支配され、強制されることが、愛されている証拠なのだと思いこまされている女性達を私は見てきています。

 お二人の話をここでまとめて話すことは不可能ですが、楽しい雰囲気の中で、有意義な会になりました。

 これで、一段落です。沢山の方に来て戴いて、本当にうれしかったです。逆境の中、少しだけですが、雪解けの気配をも感じ取ることが出来ました。特に、松江から参加した下さった方、雪の中、大変だったそうです。バスが遅れた様ですが、発表に間に合って良かったです。帰りも急いで帰られましたが、バスは無事だったでしょうか。

 今日、午後7時半からのNHKクローズアップ現代で、デートDV「恋人からの暴力」が放送されます。上村先生の中学生への授業も放送される様です。ぜひ、皆様見て下さいませ。

 ところで、私ごとなのですが(私の日記なので当然ですね)腰を痛めました。以前痛かったのが、収まっていたのに、先週の筋腫の核出術がなかなか大変で、負担になった様です。手術の間、一歩も動かず、ずっと前屈みで下を向いての力仕事は、結構つらいものです。昨日の講演でも、おじぎをしようとすると、ぎくっと来て、中途半端な不義理な恰好になってしまいました。立ったり座ったりがそろりそろりです。トイレも恐怖です。今から出かけなければなりません。どこまでガマン出来るか、少しつらいです。

|

« 中学PTAの講演と性教協中国セミナー | トップページ | ブログのコメントについて »

コメント

河野先生
 昨夜のクローズアップ現代観ました。結婚してから徐々に夫の本性がわかってくる話は良くありますが、恋人のうちから「支配」が愛などという残酷な倒錯を持ってしまうなんて、いったいどこからまちがいが始まっているんでしょうか?教育や子育て、テレビの報道等にかかる責任は大きいと思いました。大人がどんな姿を子どもたちに見せていくか、家庭で街角で。私は今週「9条ピースウォーク」に参加します。私たちが今まで何に守られて生きてきたか、これから何を守って生きていくのかを訴えながら歩きたいと思います。
 今年は例年にない雪のため、山の上にある施設に勤める私は、雪かきという慣れない動きのため膝や腰やあちこちを痛めてしまいました。先生も寒い時期はとにかくご自愛くださいますよう願っております。

投稿: タケモトノブヤ | 2008年2月26日 (火) 08時14分

たけもとのぶやさま
そうなのですよ。まったくまともな教育ができていなくて、二人の関係を豊かなものにするという意識がないままに、ただ感情的に付き合っていくという状況が起こっているのです。雪、大変ですね。そのような中、いつもコメントありがとうございます。9条ピースウォーク、どうぞお気をつけてくださいね。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2008年2月26日 (火) 17時48分

コメント失礼いたします。
コーディネーターの件はお疲れ様でした。残念ながら広島まで赴くのは厳しい状況でしたので、セミナーを聞くことははままなりませんでしたが、本ブログで紹介のありましたクロ現は視聴致しました。

どうしても支配−被支配という関係でしか人間関係を築けない性質を持つものもいるのでしょうが、そのほかにもごく普通の人がデートDVの加害者になりかねない状況が有り得るように感じました。
私個人としては、デートDVの原因に「恋人なのだからこれ位はいいだろう」という甘え、または、恋は人を変えるという概念を曲解しての支配があるように感じています。

これから暫くはデートDVの件数は増えるように思いますが、それは新しい概念が広まる過渡期に現れる現象だと思います。まずは、虐待被害者が自分の受けているのは虐待なのだ、ということを認識することから始まるのではないでしょうか。

私自身はデートとは無縁の人間なので他人事のように聞こえるかも知れませんが、その点はご容赦下さい。

末筆ですが、どうぞ御身御大切に。

投稿: めかちゅーん | 2008年2月26日 (火) 19時23分

先日の“筋核”の手術に立ち会った者です。長時間の手術お疲れ様でした。腰を痛めていらっしゃるとも知らず…術中は一生懸命にされていたので痛みも気付かず終って気付かれたのでしょうね。時間はかかっても子宮を残せる先生の手術は女性の強い味方ですね。立ち会えて光栄です。どうそお体に気を付けてください。また立ち会える日を楽しみにしています。

投稿: maririn | 2008年2月26日 (火) 22時21分

ご講演お疲れさまでした。
腰の痛みはいかがですか?
どうぞお大事になさって下さい。

さて、先日コメント欄に書かせて頂いた、
息子が生まれた時のことを手紙に書くという件、
なんとか無事に書き終えました。

今度は担任の先生が、
性教育として男女の体の違い、
赤ちゃんが生まれることについての授業を行うので、
お母さんの立場から、赤ちゃんを生んだこと、
その時の気持ちなどを話してほしいと頼まれました。
で、ほんの短い時間でしたが、
お話ししてきました。

「私がお世話になった先生はね・・・」
ということで、
先生が以前書いていらした、
何度経験しても「慣れる」ということはない、
毎回感動して涙が出てくるというお話を紹介させていただきました。
無断でスミマセン・・・。

そして

 そうやってみんな一生懸命に生まれてきた命だから、
 自分の命も他の命も大切にしよう!
 赤ちゃんが生まれてくることを勉強するのは
 ちょっと恥ずかしいかもしれないけれど、
 とても大切なことだから真剣に勉強しようね。
 もうちょっと大きくなると、もっと恥ずかしくなるかもしれないから、
 今がチャンスだよ!

 赤ちゃんが生まれるということは
 いのちをリレーするということ。
 この間の参観日の発表の時にみんなががんばったリレーみたいに、
 いのちをつないでいこうね。

と結びました。
緊張しました・・・。

そんな私の話なんかたいしたことなかったんですが^^;、
担任の先生の授業がすばらしかったんです。
体の構造の違い、正しい名前、受精について、
胎内での赤ちゃんの様子などまで、
担任の先生手作りの教材で
とても丁寧に説明なさっていていました。

初めは、きゃぁとか恥ずかしがっていた子ども達も、
本当に真剣に先生の話、私の話にも耳を傾けてくれました。
2年生の授業です。

最後に赤ちゃんのお人形をみんなで抱っこしました。
ぐにゃぐにゃして抱きにくい人形に戸惑っていたり、
思ったより大きいねという子もいたり、
後から
「私ね、女の子と男の子のお母さんになりたいんじゃー」
と話しかけてくれる女の子がいたり、
みんなそれぞれ
「いのち」について真剣に学んでくれた時間だったと思います。

家ではそうした話はすでに息子に教えていましたが、
やはり授業の中で学び、
それをみんなと共有するということは大切だなと感じました。

良い経験をさせてもらったなぁと思いましたので、
早速ご報告!です・・・^o^

投稿: Hoch | 2008年2月27日 (水) 15時09分

先生こんにちわ!腰大丈夫ですか??
先日は突然に声をかけて失礼しました!ご紹介下さり大変恐縮です。><
中学の頃、母に先生の本を渡されて読み、
高校の時、講堂で遠くから先生のお話を聞き、
里帰り出産で母に連れられて近所の土屋へ行ったので
先生がいらっしゃるのかな~と思ったらすでに移られた後で・・・笑
と、先生にお会い出来るまで、実はなが~い前置きがあるんです~。笑^^
スタッフの看護師さん方が、とても良かったのでその後の出産もすべて土屋でお世話になりました。
講演は色々と勉強になりました!先生の素敵な笑顔と和やかな雰囲気を拝見しながら、あっという間でした。
またいつか私の子供たちが、どこかの学校で先生のお話を聞ける機会があるといいなと思っています。
そのためにも?!(笑) お体、本当に御自愛なさって、がんばって下さい。

先生もお忙しいでしょうし、自由時間も限られてますから、本当に大切なことだけに触れて・・・
またちょこちょこ応援コメントさせて頂きます。^^*

投稿: はにぃ | 2008年2月27日 (水) 15時28分

めかちゅーんさま
いつも、大切なコメントをありがとうございます。そうですね、DVの被害者がこれはDVなのだと知ること。同時に加害者も知ること。そのような教育が必要なのだと思います。それにしても、若者の姿は、おとな社会の反映。大人達がパートナーとの関係性を豊かにするような、そんな発想の転換が必要だと思うのです。またよろしくお願いします。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2008年2月27日 (水) 23時32分

maririnさま
そうなのですか。あの場にいらっしゃるとしたら、どなたなのでしょう。でも、ブログを読んで戴いて、コメントまで戴いて、本当にありがとうございます。また来週オペに伺います。その節はどうぞそっとでもいいから、maririnさんだと、教えてくださいね。これからもどうぞよろしくお願いします。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2008年2月27日 (水) 23時36分

Hochさま
本当に素晴らしい!いい経験が出来てよかったですね。きっと息子さんの胸には一生残ると思いますよ。そんな授業をして下さった先生にも感謝ですね。こんな実践をする学校もまた゜あるのだという希望がわいて来ました。ありがとうございます。いつか、またお子さんに会わせて下さいね。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2008年2月27日 (水) 23時41分

はにいさま
日曜日には、本当にありがとうございました。とてもうれしかったものだから、かってに書かせていただきました。それから、おいしいクッキーやコーヒーもありがとうございました。あの後、すぐに戴いて、午後の司会をしました。助かりました。それに、私、どこの高校での話だったのでしょう。いつか、いろいろとお話したいですね。これからもよろしくお願いします。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2008年2月27日 (水) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/40260279

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日、無事終わりました。:

« 中学PTAの講演と性教協中国セミナー | トップページ | ブログのコメントについて »