« コンドームのお話(2)コンドーム販売業者 | トップページ | コンドームは一休み・お花とお菓子とみそゆべしです »

コンドームのお話(3)人工中絶とHIV

 ある時、ある大学の教授がエイズの統計に関わる講演の中で、「コンドームを使え等と言うから、性が乱れるのです。」と言われて、こけそうになったことがあります。今、性教育に反対する人々は、これと似たような考えでしょう。コンドームを教えることは若者をそそのかすことになる、と。その方達は、セックスは誰がする物と考えといるのか、不思議に思うのです。

 それだけでなく、私は今、多くの人たちが誤解をしていると思うのです。望まない妊娠をして、人工中絶を受けるのは、若い人たちである、と。だから若者の性が乱れて困ると思われているのでしょう。

 ここに、最新の統計があります。2005年度(平成17年度)の母胎保護統計、日本の人工中絶の統計です。

 総数         289127件                                

20才未満        30119                                                20~24才       72217                                  25~29才       59911                                  30~34才       59478                                      35~39才       46038                                  40~44才       19319                                   45~49才        1663                                  50才以上           28    不詳84

と、こうなのです。30代の方が28万件の内10万件以上、中絶の手術を受けているのです。これに比べると、10代は3万件と少ない物なのです。避妊というのは、若い人だけの問題ではないのです。

 それでは、性感染症は?厚生労働省のエイズ・サーベイランス(エイズ動向委員会)の最新の発表を見ます。2007年7月2日~2007年9月30日までの三ヶ月間のHIV感染数者数と、エイズを発症して見つかった人の統計です。日本国籍の男女別、年齢別統計を見ます。

           HIV感染数者         エイズ患者 

           男     女         男     女

10~19才     4     0         0      0                 20~29才    70     5        15      1                 30~39才    88     5        36      0                 40~49才    48     1        21      1                 50.才以上    24     3        23      2  

さらに、感染したのは 

国内 感染者男性 216 女性 10 エイズ発症 男性 83 女性 2          国外          11      3              8     2          不明           8      1              4     0 

 お分かり戴いたでしょうか。あらゆる年代の方が人工中絶を受けているのだし、HIVにもそれもほとんどが国内で感染しているのです。いくつになっても、女性に取って人工中絶を受けるのはしんどいことですし、性感染症にかかることも、ましてHIVに感染することは、その個人にとって大変なことなのです。

 性の問題は、若い人だけの問題ではないのです。私は、だから、一生を豊かに過ごすために、早い内からの性教育が必要だとしつこく言い続けているのです。では、今、コンドームと性感染症の関係は、日本ではどうなっているのでしょうか。次回述べます。                                                        

|

« コンドームのお話(2)コンドーム販売業者 | トップページ | コンドームは一休み・お花とお菓子とみそゆべしです »

コメント

この統計で感じたのは「まさか」ではなく「やはり」でした。

巷間いわれている若年層の中絶批判は増加率に着目しているので、中絶問題=若年者の問題と錯覚してしまいがちなのですが、実数では所謂『いい大人』によるものが大半なのですよね。
第一、30代ともなれば分別や思慮もあり、知識も豊富な世代のはずで、これをみる限り『性知識なんて゛全部゛自然に覚えるもの』という主張の空虚さがわかります。

投稿: めかちゅーん | 2008年1月26日 (土) 07時51分

 おはようございます。連日拝読しております。
 以前、別の方の講演会で同じようなデータを見せていただいたことがあり、「日本人の避妊はコンドーム一辺倒であり、また、妊娠してから産むか産まないかを考える傾向がある」と話されていたことを思い出しました。
 コンドーム一辺倒な上、それの使い方がままなっていないという事実もありますね。
 そして、セックスは命が生じる行為であるという意識の薄さ…。
 もっと大人がしっかりしなきゃ、とつくづく思います。

投稿: うさこ | 2008年1月27日 (日) 07時33分

めかちゅーんさま
そのとうりなのです。大人達は自分たちのことを横に置いて若者の悪口を言っています。大人が自分たちの性を見つめることから始めないと。いつもコメントありがとうございます。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2008年1月27日 (日) 19時38分

うさこさま
コメント、ありがとうございます。そう、大人がしっかりしなければ。大人が全うになって初めて、子どもたちにもキチンと伝えることが出来るのでしょうね。これからもよろしく。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2008年1月28日 (月) 03時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/17832826

この記事へのトラックバック一覧です: コンドームのお話(3)人工中絶とHIV:

« コンドームのお話(2)コンドーム販売業者 | トップページ | コンドームは一休み・お花とお菓子とみそゆべしです »