« 忍者のデザート「原始晩餐会」 | トップページ | 私は今携帯で原稿を書く練習中です »

もう一度、ピルについて

 またまたピルの話でしつこいようだけど。

1.英会話の授業で、初めに一人ずつ先週何をしたか、これからの週、何をする予定か、を一人一人が報告する(もちろん英語で)。私は、日曜日の東京での産婦人科医の集まりについて話した。そしたら、先生から「日本では、ピルは飲んではいけないことになっているか」と聞かれた。アメリカでは、みーんな飲んでいる。自分の廻りでも、ほとんどの人が飲んでいる。でも、日本では、みんな飲んでいないみたい。どうしてなのか、と。ティーンエイジャーになると、ほとんど15.6才で、またはもっと若くても家庭医からそろそろピルを、と言われると。彼女の場合も、とても強い生理痛があって、家庭医からピルを飲みなさい、と勧められた、と。友人達もそうだ、と。もちろん、ほとんどの人はまだセックスはない。だから、避妊の目的ではなく、健康管理のために飲むのだと。

2.先日の会で、ある先生がスライドにしていたこと。ドイツでは15才から49才までの女性の58%がピルを飲んでいる。日本では、2%にもならない。この違いはなんなのだろう、と。今、日本の女性でピルを内服しているのは51万人1.8%。でも217万人、7.8%の女性が実はピルを飲みたいと考えている。そして、412万人、16.6%の女性達が将来は飲みたいと考えている、というデータが示された。さらに、フランス、イギリス、ドイツではピルは10代の女性には無料で提供されている、と。

3.私はとてもかわいそうなことをした。私の講演では、中学生には緊急避妊の話をしない。高校生から、「もし、将来、レイプされた時、またはコンドームが破れたなどのハプニングが起こった時、出来るだけ早く遅くとも72時間以内に産婦人科に駆け込むこと。緊急避難としての緊急避妊薬を処方してくれるでしょう」という話をする。中学では、なかなか学校現場への遠慮があって性交に関することは、あまり詳しく言えなかったりする。でも、先日、中学生の女性が、車に引きずり込まれてレイプされた、それを誰にも言えなかった。そして、妊娠。お母さんと共に来院し、それから、警察への届け出となった。ああ、事件のすぐに来たなら、何とか妊娠は防ぐことができたのに。彼女の学校へは、今春、私が講演に行ったのに。でも、私はそのようなことを話さなかったから、彼女も知らなかったのだ。で、私は他のドクター達に尋ねた。緊急避妊については、中学生にも話すのか、と。みなさん、中学生にも話すべきだと言われた。そう、確かに。彼女のようなことは中学生であっても起こりうるのだから。

 あるドクターは、自分の中一の娘にもう、低用量ピルを飲ませていると言った。確かに。卵巣癌や子宮体癌にかかる率を減らせる。毛深いのもニキビも減らせる。月経痛が楽になる、と人に向かって言うのなら、自分の身内こそ。それをちゃんと実践しているのだ。まだまだ私にとって、目からうろこのようなことがいっぱい。どんどん若い人たちが私を追い越して行っている。性教育のパイオニアと言われていたのに、私は時代遅れになりそうだ。

|

« 忍者のデザート「原始晩餐会」 | トップページ | 私は今携帯で原稿を書く練習中です »

コメント

先生、こんにちは。
私も7.8%のうちの1人です。
私は避妊ももちろんですが、PMSを改善したいのです。家族は私の波をとても理解してくれているのですが(小さな子どもでさえも。)、やっぱり家庭の雰囲気を悪くしている自分が嫌になってくるのです。
これまで何度もピルを、と思いましたが、病院嫌いな私はどうしても婦人科に出向くのが面倒くさくて延ばし延ばしになっています。副作用というよりは、そっちがメインの理由です(苦笑)
でも、今度こそ婦人科に行こうと思います。

投稿: | 2007年10月 4日 (木) 08時10分

お名前が分からないのですが
コメントありがとうございます。そうですね。産婦人科はとても行きにくい。それは良く分かります。私だってそうですもの。でも、私も、勇気を出して、一年に一回は癌検診に行っていますよ。ぜひ産婦人科に行って、健診とPMSの相談をなさってください。成熟した女性ほど月経前緊張症は強く出ます。本人も廻りの人もとてもしんどいですね。漢方でも改善しますし、低用量ピルだと、とても楽になります。好みに応じて、ためされたら、と思いますよ。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2007年10月 4日 (木) 10時15分

 うわっ!名前入れるのすっかり忘れていました(^_^;)大変失礼いたしました。先日一度お邪魔しました、うさこです。

 PMSの症状は、本当に子育てでいっぱいいっぱいになっていた頃に比べたら随分ましになっているのですが、やっぱり体の背面の痛みや頭痛が時々出たり、怒りっぽくなったり、1人になりたくなったりと気分にむらが出るのです。ホルモンバランスもさることながら、精神的なところが大きいのかなぁと思ったりもして、もうちょっと様子を見てみようかなと足踏みしていました。

 先生の帝王切開手術の写真を拝見していると、同様に「かわいい~!もう1人?」なんて思ったりもしますが(笑)、避妊も含めて低用量ピルを試してみたいと思います。ずっと気になっていた薬なので、いざ、チャレンジ!です(^_^)アドバイス、ありがとうございました。

投稿: うさこ | 2007年10月 5日 (金) 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/16652840

この記事へのトラックバック一覧です: もう一度、ピルについて:

« 忍者のデザート「原始晩餐会」 | トップページ | 私は今携帯で原稿を書く練習中です »