« 悩んだ末にオフ会へ | トップページ | 岩国米兵集団暴行の事件について »

私の咳が止まった理由

 いつ頃からだろうか。喉がふとチクチクっとする。決まった所ではなく、喉のあちこちがチョイと爪楊枝で突いたように、というか、何か小さなほこりがついたように、というか、そんな違和感があり、そして咳が出る。決して肺から出るのでなく、明らかに喉の表面から。異物を吹き飛ばそうとするかのように。でも、これが結構しつっこい。一旦咳が出ると、激しく咳込む。

 選挙の時の街頭演説でも、のどに風が入ると、とたんに咳込んでいた。演説の途中で咳が出るのは、とても困る。いつもそばにいてくれたやんじさんが、さっとペットボトルのお茶を差し出してくれて、それをラッパ飲みして喉を潤して、演説を再開していた。診療中は、常にハッカ飴をなめて喉を潤していた。

 耳鼻科にも何回か行った。信頼出来る耳鼻科のドクターは、あれこれ検査をして、その結果、アレルギーだと言われた。花粉症が花や目に出る人がいるのと同じように、喉に出る人がいると。そして、アレルギーの薬や漢方薬を出していただいて、せっせとそれを飲んで、でもちっとも症状は変わらない。

 そして、つい一週間前。急に冷え込んで夫も風邪を引いてしんどそうだ。私の咳は風邪でもないのに、相変わらずだ。どうもおかしい。アレルギーなら、薬が効いてもいいはずなのに。で、ふと思いついてサンプルで戴いていたクリームを左腕の上の方に塗ってみた。

 咳以外に特に困ったことはないのだけれど、戴いていたものだから。当分放っていたのをどんなものなのかと思って、たいして理由もなく、塗った。そしたら、何と、次の日から、ぴたっと咳が止まったのだわ。あれ?何だか喉もスムーズで、お茶も飴も必要とは思わない。そうなのだ。このせいだったのだ。アレルギーではない。このせいだったのだわ。

 何のクリームかと言うと、それは、「女性ホルモン」。病院で保険を使って出すお薬ではなく、薬局で売っている、でもあまり知られていないクリームだ。

 私はホルモンが枯渇していたのだわ。患者さんには、女性ホルモンが粘膜を守ってくれる、それが出なくなると、粘膜の様々な症状が出るからね、目や口が渇いたりして。と、良く説明をしているのだが、まさか私の咳がホルモンがなくなった為とは思わなかった。診療中、「ねえ、私、咳が出なくなったでしょう」と、スタッフに言うと、あれ?本当だ。どうしたのですか。とみんなが言う。本当にしんどそうだったから、良かったですね、理由が分かって、と喜んでもらった。何より診察室で医師が咳をすると、不格好この上なかった。

 ああ、早くに気づけば、選挙の時もあんな苦しい思いをしなくてすんだのに、と思う。そういえば、母もよく咳こんだり、むせたりしていたなあ、と思い出した。

 とりあえずは、二日に一回、クリームを約一センチ塗って見る。他の症状が全くない、ただ喉の為だけだから軽い所で始めてみる。それで症状によって増減をしてみる。理由が分かって、そして解決法が分かって良かったけれど、でも、まあ、ホルモンの枯渇なんて、一面、情けないことでもある。ただ、こんなプライベートなことを医師である私がさらけ出すことで、救われる方がいるのではないか、と思っての報告でした。

|

« 悩んだ末にオフ会へ | トップページ | 岩国米兵集団暴行の事件について »

コメント

良かったですね。原因がわかって。

そうとうひつこい「えへん虫」でしたから。

女性ホルモンに限らず、ホルモンが原因ででる症状はいろいろとあるのでしょうね。

でも素敵な先生が女性ホルモンが少なくなっているって、だれも気づかないと思いますよ。
医者の先生が、このようなことを書かれるのはとても良いことだと思います。

読んだ方だもしかして思い、先生にもお医者さんにも相談できますからね。
お医者さんに行って、自分の症状を正確に話すのはとても難しいです。

お医者さんにはわずらわしいかもしれませんが、患者が病気の何らかのことを知って質問できるのなら、そして答えてもらえられるのなら、とても安心できるとおもいます。

投稿: やんじ | 2007年10月21日 (日) 15時32分

母に伝えます。わたしの母も喘息になったんだろうかとか いろいろ病院に通っています。咳だけなんですよ。母は40歳になる前に子宮筋腫で子宮を取り除いています。充分ありえる話かな・・・そのクリームの名称など詳しく教えてください。試してみます

投稿: 茶種 | 2007年10月21日 (日) 16時38分

ほんと、先生がお医者様の立場でこんな風に書いて下さるからこそ、
「たいしたことなくて笑われるかも?」という想いがあっても、
とりあえずは病院に行って聞いてみようという気持ちになるのです。

私も、先生の『更年期ダイアリー』を読んでいなかったら、
どうせ自分の怠け病なんだろうということで自分を責めて、
高血圧にも気づかずに過ごしていただろうと思います。

それと・・・。
患者の側からすると、
先生のところに伺って、自分のしんどさを訴えて、
それを酌み取ってもらえることだけでも、大きな癒やしになります。
それから、ここにコメントを書いた時に、
「またお会いしましょう」
「またお話ししましょう」というレスを頂けたことは、
本当に大きな支えになっているんです。
先生、ありがとうございます。

投稿: Hoch | 2007年10月21日 (日) 22時06分

やんじさま
そうなのです。あのしつっこい咳がとまったのですよ。それにしても、ホルモンだなんてねえ。ああ、いやだ。元気にしていますか。 河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2007年10月21日 (日) 22時42分

茶種さま
そう、お母様も私と同じ可能性が高いと思いますよ。今度のオフ会には出席されるのでしたっけ。もし来られるのなら、持って行きます。クリーム、「バストミン」といいます。なかなか普通の薬局にはないかも知れません。その時には、言ってください。私のクリニックには置いていますので。ただ、保険が利かないのです。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2007年10月21日 (日) 22時58分

はじめまして。
私も昨年、先生と同じような咳に悩まされて困り果てました。私は30代なのですが、卵巣を1つと子宮を取っています。私も女性ホルモンが足りないと思って良いのでしょうか?色々と体の不調が出てきても難病もある関係でどれが原因か分からず、滅入ってしまう事もままあります。トータルで診断してくれるドクターと出会えないものか?と日々悶々としています。
長々とすみません。

投稿: きり | 2007年10月21日 (日) 23時28分

早速にありがとうございました^ー^*オフ会は夜ですし遠いので(庄原です)参加は難しいので不参加です。薬局に問い合わせてみます。もし見つからなかったらお世話になると思います。保険が効かない・・お値段チョット不安です。良い情報ありがとうございます。

投稿: 茶種 | 2007年10月22日 (月) 07時43分

男性でもホルモンがなくなると皮膚があれると聞いたことがあります。

本当なのでしょうか・・
ホルモンとは大事な役目があるんだなあと思いました。

私の咳はアレルギーですが・(お肌は男性としては幸いすべすべなんで)

あと組合の青年婦人部での合宿でバーベキューでホルモンを灰にした事件を思いだしました(笑)

投稿: さとうしゅういち | 2007年10月22日 (月) 07時59分

うちの旦那と娘と息子も、咳がひどいです。
夜中に出ると、寝れなかったり、咳のしすぎで吐いたりするくらいヒドイです。
他には症状は無く、たいてい咳だけです。
でも男性や、子どもでも女性ホルモンって関係あるんですかねぇ?
旦那は、呼吸器系の病院で調べてもらい、CTまで撮ったのですが、原因は分からず終い・・・
アレルギーや喘息は、親子ともありませんでした。

病院では、ツロブデロールテープを処方して貰っています(気管支を広げて、呼吸をしやすくする効果があるみたいです)。
貼ると3人とも咳は治まるので、気管支が人より弱いのかな~、と勝手に思っていたんですけど・・・?

投稿: りんご | 2007年10月22日 (月) 08時56分

Hochさまとくに女性は体にいろいろな変化が起こりますので、その時々で対応を下法がいいのです。どうぞ、ご遠慮なく、何があつてもご相談に来てくださいね。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2007年10月23日 (火) 01時45分

きりさま
いろいろとお体が大変なのですね。ホルモンについては、どうぞ産婦人科で相談して見てください。血液で調べればすぐに分かることです。手術の影響で卵巣の働きが早くに低下していることもあるかも知れませんのでね。もし低下している様であれば、そこでお薬を出してもらわれたらいいと思います。お薬は、別にクリームでなくとも、内服、パッチ、いろいろとあります。保険が利くのもね。また教えてくださいませ。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2007年10月23日 (火) 01時52分

茶種さま
オフ会の件、分かりました。それから、前の方にも書いたのですが、お薬は別にクリームでなくともいいのですよ。産婦人科に相談にいけば、いろいろなホルモン剤がありますので、それを試してみられても。私はたまたまクリームがあったので、それを試して見たと言うことです。また、ご連絡、下さいませ。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2007年10月23日 (火) 01時59分

さとうしゅういちさま
皮膚の荒れとホルモンの関係ですが、女性の場合は、男性ホルモンが多いとあまり肌には良くないのですね。男性の場合は良く分かりません。あなたはつるつるなのなら、全然困りませんよね。そういえば、どうして腸をホルモンというのでしょうねえ。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2007年10月23日 (火) 02時12分

りんごさま
お連れ合いやお子様達は、やはり女性ホルモンとは関係ないと思います。気管支を拡げると治まるのでしたら、やはり喘息の一種なのでは?と思うのですが。でも、対処法が分かって良かったですね。しんどい時にそれで対処していれば、きっと徐々改善して来ると思います。家の子たちも小さいころは、どうしようかと思うくらい、咳き込んでいました。気管が弱かったのですね。あのころですから、ビックスベポラップを胸に塗って対処していました。段々と丈夫になりましたよ。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2007年10月23日 (火) 02時21分

書かれてから2年半後のコメントなので!?
気付いていただけるかわかりませんが、咳が出てYahooを検索していたら、ブログがヒットしました。「バストミン」というクリームの情報、ありがとうございます!! 実は子宮広汎全摘をしている為、使っていた女性ホルモンのクリーム<天然のもの>が1週間前に切れていたのを思い出しました!
うっかり過ぎますが・・・、そうでした!! ありがとうございます。
「バストミン」捜してみます。関東なので・・・。
今回の私は、風邪というのが一番大きな理由でしょうが!?
『更年期ダイアリー』-書名がアバウトすぎますね、ゴメンなさい! 興味深いので、早速Amazonで購入しました。
また、ブログ読ませていただきます♪♪

投稿: クローバー | 2010年5月12日 (水) 11時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/16826188

この記事へのトラックバック一覧です: 私の咳が止まった理由:

« 悩んだ末にオフ会へ | トップページ | 岩国米兵集団暴行の事件について »