« 帰国してそうそうのドジです。 | トップページ | アマゾンのラオーニ »

戦争をしている国に行くということ

 この度、ハワイに行くのに、関空で預ける荷物の鍵は掛けないようにと言われた。中を調べることがあるから、と。自分が見ている所で荷物を開けられるのならまあ、仕方がないか、とも思うけれど、全然知らない所でトランクを開けられるのはいやだなあ、と思った。果たして、ホノルルに着いた時に、トランクに掛けていたベルトの巻き方が全然変わっていて、ゆるゆるになっていた。開けられたのは、一目瞭然だった。

 手荷物の中には、液体もクリームもジェル状のものも禁止。コンタクトのケースの中の水も唇の保湿ジェルも、ぬり薬も、歯磨きさえも。もしどうしても持って行かなければならないのだったら、透明の密封容器の中に入れて、手荷物から出して見せなければならない。そして、全員靴も脱いでX線を通さなければならない。

 そして、ホノルルで入国する時は、両手の人差し指の指紋を取られ、顔写真を撮られた。気持のいいものではない。テロを警戒するため、と言われるが、私はテロではなく、米国が「戦争をしているから」だと思う。敵が入国するのは、防がなければならないから。

 この度、ゴアさんがノーベル平和賞を受賞されることになった。あの大統領選挙での疑惑、世界中が疑問を持って見たブッシュの勝利ではあったが、もし、あのときにゴアさんが大統領選に勝っていたなら、それでも9.11はあっただろうか、と、アメリカ人の友人達に聞いたら、みんな、100%みんながクビを横に振った。

 一月ほど前に韓国に行った。二泊三日の短い旅であったが、自由行動の中日に、姉と夫の三人で38度線の国境に行くツアーに参加した。そのツアーのガイドさんが、「韓国は戦争をしている国です。」ときっぱりと言われた。男性達には全員に徴兵制がある。いつ、二年間の徴兵に行くか、一人一人には深刻な課題であるそうだ。国境に近づくと、漢江(北朝鮮に入るとイムジン川)沿いに小屋が建っていて、そこには二人ずつの兵隊さんが銃を持って守っている。そして、いよいよ非戦闘地区に入る時には、バスに機関銃を構えた兵士が入って来て、一人ずつパスポートの写真と顔を確かめられる。シーンというか、ぴりぴりというか、緊張した時間が流れる。暑い中、多くの若い兵士が過酷な労働に従事していた。

 国境から見える北朝鮮の村。山には、全く木がない。すべて燃料に使われてしまったためだ。8000ボルトもの電流が流れているという有刺鉄線で人が逃げられないようになっているという話にも胸が痛む。時々イノシシがその鉄線に触れることがある、と。瞬時に、そのまま肉が食べられるほど焼けてしまっている、と。国境の川には、時々北の兵士が流れて来る、と。ほとんどは死体となって。本当に運のいい者がごくまれに、生きてたどりつくことができる、とも聞いた。「日本のみなさんは、北朝鮮には、とても悪いイメージを持たれているでしょうが、でも、韓国人は、同じ民族の北の人々に対して、みなさんとは違った思いがあります。」というガイドさんの言葉にも素直にうなずけた。

 アメリカでも、韓国でも、ほんのちょっと触れただけで、しかもこちらに取ってはお楽しみで尋ねて行ったものなのだが、国として闘っているということを、緊張を持って実感させられたことであった。

|

« 帰国してそうそうのドジです。 | トップページ | アマゾンのラオーニ »

コメント

あの大統領選挙で、納得がいかなかったことは、色々な分野で先端技術を使っている国が、選挙の票をまともに数えられないということです。

どこかでごまかしたものは、いつまでも負の遺産とのこって、その始末をつけさせられる。

そのひとつが、9.11だと思います。

アメリカ・中国・ロシアの対立
キリスト教とイスラム教の対立

どの紛争や戦争にも、日本は武器を用いての介入はしてはいけないと思います。

武器を持っての介入は、必ずテロの標的になります。

武器が使える国がまともな国だと言っている、政治家や自民党や民主党。

国と国、地域と地域の争いの政治的解決方法として、
武器を使うことは正当だという考え方は、
どんなに理由をつけようとも、テロと同じ行為だと思います。

投稿: やんじ | 2007年10月14日 (日) 00時17分

河野先生お帰りなさい。
いろいろとお疲れ様でした。

ご存知だと思いますが、来週20日土曜日、近畿大学工学部にてアル・ゴアさんの
「不都合な真実」を翻訳された枝廣淳子さんの環境講演会があります。
行ってこようと思っています。

投稿: kei. | 2007年10月14日 (日) 00時34分

やんじさん
本当におっしゃる通りです。みんなが異なる価値観や異なる宗教を持っている人たちとも、それぞれなのだと、違いを認め合いながら共生をして行くべきだと思います。そうしないと、いつまでも戦争、殺し合いがなくなりません。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2007年10月14日 (日) 21時56分

kei.さま
お知らせありがとうございます。今、すごく学習の意欲があるのですが。でも、土曜日はザンネンながら診療で、行かれません。また、どうぞ、聞いて来て、教えてくださいませ。ブログ、読ませていただきます。
河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2007年10月14日 (日) 22時01分

お帰りなさい。

ゴアさんの受賞は素直には喜べません。

ブッシュよりはマシですが、一方で彼が副大統領時代、アメリカはユーゴスラビアを空爆しまくり、多くの人を殺してますし。

で、ユーゴスラビアの戦争が終わり次第、復興でアメリカの会社がボロ儲け。

もうパターン化されてますから・・
アメリカの政治は日本以上に腐りきってますから期待はしません。うまく国際世論でアメリカの暴走を抑えるしかないような気がします。

投稿: さとうしゅういち | 2007年10月15日 (月) 00時40分

さとうしゅういちさま
そうですね。私もそう思います。でも、選択権が共和党か民主党か、としかないですものね。日本でも、自民党か民主党か、どちらかになってしまいつつあります。それがいやで私も立候補したのですけど、、、。
河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2007年10月15日 (月) 16時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/16750816

この記事へのトラックバック一覧です: 戦争をしている国に行くということ:

« 帰国してそうそうのドジです。 | トップページ | アマゾンのラオーニ »