« アマゾンのラオーニ | トップページ | 私は劣等生だ »

3000メートルを越える山から自転車で降りる

081_2  昨夜息子から無事に帰ったから、と電話があった。彼らは、もちろん私たちとはホテルも往復も別行動で、少し長くマウイに残った。ただ、ホテルは高いからと、安いコンドミニアムに移って過ごしたらしい。そして、ダイビングなどをすると言っていた。無事に帰ったので、やれやれ、一安心。

 実は、マウイに行く前にとんでもないことを聞いていた。マウイには、ハレアカラという3000メートルを越える火山がある。そこから朝日を見るツアーか゛ある。それはそれは美しいそうだ。彼女のご両親もそれに申し込んでいると。私もとても興味があるけれど、それは午前2時に出発で、とても無理だ。ご両親のは、スカイラインを車で上まで行って朝日を見て、少しトレッキングをして、また車で帰って来る、というツアーだと。でも、若い二人が申し込んだのは、車で山頂に行き、日の出を見た後、帰りはなんと、自転車で一気に降りるのだと。わあ、もうびっくりした。スピードがついてカーブを回りきれないと、崖から落ちるのだと。

 私は、学生時代、広島の牛田の山にあるユースホステルに自転車で行き、帰りにまさにカーブを回りきれなくて、側溝に突っ込んだ。自転車は完全に壊れ、大けがをしたことがある。昔のことでも、つい最近のことのように覚えている。

 そんな、危ないこと。やめてえっと言ったのだが、写真を見るとたしかに面白そうではある。若い二人は、もちろん止めるつもりはない。ところが、向こうに行ってその日に分かったのだと。そのツアーでおばあさんが転んで亡くなったのだそうだ。それで、しばらくそのツアーは中止になってしまったと。二人はがっかりしていたが、こちらはほっとした。大体、3000メートルもの上から自転車で降りるなんて、よくそんな発想をしたものだと思う。

 で、二人は、では両親と同じ、車で行き帰りをするツアーを、と申し込んだら、それはもういっぱいで行けないのだと。結局、レンタカーで行く、と決めたと。でも、出発は午前二時で真っ暗だし、霧が出て、良く見えないらしいし、左ハンドルの右側通行だし、もう、本当に心配した。息子一人ではなく、彼女の命もかかっていることなのだから。

 それも、無事行って来たと。ダイビングも楽しんだらしい。まだホテルにいる時にも、ホテルからシュノーケルで泳いだら、ウミガメに二匹も出会った、熱帯魚たちも素晴らしかった、と言っていた。まあ、すべて無事で、結構だった。さあ、これから、二人で自分達の生き方をしっかり創って行って欲しいと思う。093

 ところで、このアイスクリーム、手の大きさと比べてもらったら分かると思うけれど、人の頭ほどあるこれは、前にアップした夕焼けを撮ったレストランで出されている。この巨大なアイスクリームをほとんどのカップルが二人で食べていた。うんとお年の人も若い人も、しこたま食事をした後に、これをぺろりと平らげている。私たちは7人で食べた。欧米人は食べる量が違うと言われているが、本当にそうだった。

|

« アマゾンのラオーニ | トップページ | 私は劣等生だ »

コメント

新しい家族が加わっての幸せいっぱいの写真っていいですね。
先生の笑顔も素敵ですね。

投稿: やんじ | 2007年10月15日 (月) 15時03分

やんじさま
ありがとうございます。この前、私もアロハだったのか、て質問があったから。ハワイでの正装は男はアロハで女はムームーなのだけれど。私はムームーではなく、広島から持って行きました。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2007年10月15日 (月) 16時07分

新しい家族の記念写真、すてきですね。
皆さんの笑顔に、しあわせがいっぱいあふれていて、
またまた、しあわせのおすそ分けをいただきました。

先生のドレスとお嬢様のドレス、
部分的におそろいなのかしら?というふうに見えました。
大きくして見たら、おそろいではなかったようですが、テイストが一緒で、
母娘でこんなふうなコーディネートというのはステキだなぁとうっとり。
うーん。女の子も欲しかった・・・。
と、息子には内緒でここでつぶやいておきます。

投稿: Hoch | 2007年10月16日 (火) 10時13分

Hochさま
ありがとうございます。私と娘の服は、コーディネートなんてものではなく、全く別々に持って行ったものです。彼女は東京に住んでいますので、東京で、630円!で買ったのだそうですよ。私のも、ハワイで留め袖というわけにも行かないので、留め袖風のワンピースでこれも安いものです。なんでも、いい風に取って戴いてありがとうございます。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2007年10月17日 (水) 08時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/16767687

この記事へのトラックバック一覧です: 3000メートルを越える山から自転車で降りる:

« アマゾンのラオーニ | トップページ | 私は劣等生だ »