« ペニスのサイズと包茎(2) | トップページ | 家庭での性教育(2.自然に覚えるということ) »

家庭での性教育(1.幼児期から)

 性教育については、まだまだ沢山お伝えしたいことがあります。幼児期からの家庭での性教育、若者達は無知である。無知だからこそ行動かとれる。知れば知るほど行動も慎重になるということ。 若者達の情報は雑誌や友人やアダルトビデオから。それらには、性感染症だとか、妊娠や避妊なんて全く出て来ない。では、どこがどう無知なのか。さらに、こどもが思春期になった時の子育てについて。それから、出会い系サイトについて、等々いっぱいお伝えしたいのです。

 どれからお伝えしようか、迷ってしまいます。まずは、幼児期からの性教育についてにしましょうね。よく、難しい、どう教えればよいのか、と言われます。でも、私は決して難しい事ではない、それは、子育てそのものだから、と思っています。こどもというのは、外界の様々なことに疑問を持つ。その疑問の答えを得ることで成長していきます。だから、口が回るようになった時から、質問攻めですね。これなあに?どうして?と。そして、親の大切な仕事は、その質問に対して、こどもが分かるように、説明をしてあげること。こどもの疑問は必ず、赤ちゃんとか、命とか性器などにも向けられます。

 「お兄ちゃんにはおちんちんがあって、どうして女にはないの?」とか、「どうして男は立っておしっこをして、女は座っててするの?」とか。それから「赤ちゃんはどこから生まれるの?私はどこから来たの?」これは、5才までに85%の子が、6才までには、ほぼ100%の子がいつかは質問をすると言われています。早い子は、3才で。

 そんな質問が出た時に、逃げないで、ごまかさないで、おめめをみながら、本当のことをちゃんと答えてあげる。それがすべてなのです。それをすれば十分なのです。

 逃げたりごまかしたりしたら、こどもは敏感ですから分かってしまいます。ああ、お母さんは困ってる。こういうことは親には聞いてはいけないのだな、と。その時から、自分での答え探しが始まります。探す所は、雑誌から、友人から、ですね。それを考えると、やはり頑張って答えなければ。

「赤ちゃんはね、女の人の性器から生まれるよ。あなたは、ママの性器から生まれたよ。だから、性器は大切な所だから、いつもパンツをはいて守っておこうね。(恥ずかしい所だから隠しておこうねではなく、大切な所だから、です)はパンツはね、お風呂に入る時とトイレだけ、ぬいでもいいけど、他は脱がないでね。」

 こども達の中には、子どものことだから罪はないけれど、時には性器を対象にした遊びがあります。3才の子で血と膿でどろどろになった性器を、麻酔で眠らせてそっと調べたら、金属製のおもちゃが出てきたこともありました。お兄ちゃんたちとの遊びの中で入っちゃったのですね。石っころが入っていたこともあるし、おもちゃの指輪が入っていたこともあります。

 男の子には、「おちんちんの後ろの卵?たまたま?呼び方は何でもいいです。そこには大人になった時に赤ちゃんが出来る元が入っているからね、大切にしようね。そこは大切な所だから、打ったり蹴られたりしたら、とっても痛い。そうしないように、痛く作ってあるんだね。」

と、そんなことが教えられる素晴らしい質問なのです。それに、こどもにとってはすごく当たり前の、自然な質問なのですね。それなのに、お母さんのおへその下がぱかっとはじけて生まれたとか、橋の下で拾って来たとか、畑で取って来たとか、病院でもらって来たとか、まあ、そんなうそばっかり言って。答えるのを躊躇するのは大人の側がいやらしい事だとか、恥ずかしいこと、隠さなければならないこと、と考えているからでしょう。そうではなくって、大切な事なのですから。正面からちゃんと答えれば良いのです。

 こども達も情報社会です。一クラスに30人いれば、一人が得た情報は30人に拡がる、情報収集力は30倍あると考えたほうがいいですね。そうして答えていれば、外で得た情報をうちに持って帰ります。「ねえ、お母さん、本当?お友達がこんなことを言っていたのだけれど」と。あまりまともなことを聞いて帰りません。そんな時こそ、軌道修正ですね。正しいことを、大切なことを真っ正面から答えてあげる。それで、十分なのです。

 そうして答えてあげるのも、小学校のうちがせいぜいです。中学校、思春期、さあ、そろそろ何か教えなければ、となってもそれでは遅い。それまでが勝負だったのです。小学校のうちにどれだけのことを話して、話が出来る関係を作っていたか、というのが。もちろん、遅いから手遅れです、というのではありません。ただ、中学生にもなると、何か本を渡すとか、媒体を使った方がいい。それと、やはり学校教育に期待したいですね。(また、続きを話します。)

|

« ペニスのサイズと包茎(2) | トップページ | 家庭での性教育(2.自然に覚えるということ) »

コメント

以前、赤ちゃんはどこから、どんな風に生まれてくるのかを、
息子にこんな風に教えました。
「お母さんも一生懸命に力を入れて赤ちゃんを外に出してあげようとするし、
赤ちゃんも一生懸命に体を上手に使って外に出てこようとがんばって生まれてくるんだよ。」
と。

するとそれを覚えていたのか、
昨夜、寝る時にこんなことを言うのです。

「ボクはテーオーセッカイで生まれてきて、
他の赤ちゃんみたいに一生懸命に出てきたんじゃなく、
河野先生がよいしょって出してくれたから、
ラクチンだったのかなあ。
だから、今でもしんどいのが苦手で、ラクチンが好きなのかなぁ・・・」


ええと・・・。どう答えてよいのやら^^;。

とりあえず、
「いや、そうは言っても、
他の赤ちゃんと違って“さあ、今から頑張って生まれるぞ!”っていう覚悟もしてないときに、
いきなり生まれることになったから、
きっとびっくりしたりして、
それはそれで大変だったんじゃないのかなぁ。」と答えておきました。

その後、
「ねえ、お母さん、そろそろ生理?しんどいんじゃない?
もしまたおなか痛くなったりしたら、
ボクはボクが出来ることは自分でするし、
お母さんがやらなくちゃいけないことでも、
ボクに出来ることがあったらやってあげるから
ちゃんとボクに言ってね。」
と言ってくれました。
涙が出るほど嬉しかったです!

投稿: Hoch | 2007年9月 7日 (金) 09時36分

難しく考えないでそのままを教えればいいんですよね。できるかな~うちは女の子なので私の役目です。がんばります!

投稿: working hahaha | 2007年9月 7日 (金) 13時56分

Hochさん、
Hochさんのコメントを読んで私も涙が出るほどうれしかったですよ。これだけの会話が出来るのだから、私、彼に障害があるのと違うのでは、と思っています。このまま、しっかり会話をしながら、育ててあげてくださいね。また、彼に逢わせてくださいね。選挙中、彼が私に頑張って、とハグしてくれたの、今も思い出すと、胸が熱くなります。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2007年9月 7日 (金) 17時07分

working hahahaさま
そう、その通りです。それから、女の子にも、母親と父親双方から教えてあげることはあると思うのですよね。ようするに、その為には親のしっかりした姿勢が必要と言うことなのですね。普通に子育てをすればいいことで。豊かな会話をしながら、ね。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2007年9月 7日 (金) 17時11分

先生の家庭の性教育ブログは、
親も子供も含めて いろんな方々に読んで頂きたい
大切なことが沢山記載されていますよね
安芸高田イベントでの先生のお話を思い出し
改めて、胸が熱くなりました
有難うございます
私は、幼い頃
母の盲腸の手術あとをみて
ここから生まれてきたのだわ
と、勝手に思い込んでいました^^

投稿: せんごくテンペ | 2007年9月 8日 (土) 00時53分

せんごくテンペさま
あっはっは!盲腸の跡から生まれたって、ホント、かわいですね。コメントありがとうございます。今後もよろしくお願いします。 河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2007年9月 9日 (日) 02時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/16368008

この記事へのトラックバック一覧です: 家庭での性教育(1.幼児期から):

« ペニスのサイズと包茎(2) | トップページ | 家庭での性教育(2.自然に覚えるということ) »