« 挨拶回り | トップページ | 選挙を振り返る(1) »

娘が帰って行った

 娘が今日帰って行った。途中一旦帰京したが約一月、主に事務所で電話掛けを頑張ってくれた。外ばかりの私がたまに事務所に帰ると、部屋の奥の隅っこの方で懸命に電話をしていた。この間、ほとんど会話も交わさなかった。開票の日、落っこちが決まった私に京都から素敵なメッセージと花束が届いていた。そのメッセージがあまりに素晴らしかったので、司会にそれを読み上げてもらって、そして花束を私に渡してくれたのが、娘であった。笑顔で出て来たが、私に渡す時に泣き顔になってしまった。私は「泣いちゃだめだよ」と言ったのだが、無理もないことであった。電話掛けの後、夜はいつも友人達に会いに行って、私の運動をしてくれていた。時には、数人と、また、少し拡大してミニ同窓会のような形で。本当に一生懸命だったから。私の落っこちが不本意であって悲しくなったのも仕方がない。

 昨夜、初めて親子三人でご飯を食べた。一緒の食事は一月のうち、この一回だけだ。そして、一緒に「やまとの湯」に行った。これもこの一回だけだ。それまでは私が誘ってもおいつも自分は家のお風呂でいいと言って来なかった。東京のお風呂だとあまりに狭くて、体を折りたたんでお湯につかっていると、足がしびれて来るのだそうだ。だから、我が家のお風呂でも、とても贅沢で十分なのだと。

 今日は、事務所の隣の金券ショップで一万円で東京までの新幹線の切符を手に入れて自由席で帰って行った。

 そして、夜、今日は1日でお寺に車で向かっていると、着いたからと電話がかかって来た。そして、「ママは自分で考えている以上に疲れているからね。気をつけてね。」と言われてしまった。

 お寺は皆さんが一生懸命に応援して下さっていたから、若干行きにくいなあと行くのが憂鬱だったけれど、皆さん、とても暖かく迎えて下さって、そして、ねぎらって下さった。今日はお盆の前の施餓鬼供養だったが、すべてがすんだあと、先生が施餓鬼供養についてお話された後、皆さんの前で私について話してくださった。

「自民、民主という大樹に寄りかかるのでなく、自分の考えで、自分の意志を貫いたのは立派でした。」「無所属で立候補して受かったとたんにどこかの党に入った人がいたから、広島では無所属というのは、やりにくかったでしょう」「先生のお話を聞きました。いのちのテーマでの現場からのお話でしたが、私たち宗教者にも通じ合うものがある、とてもいいお話でした」そして、「無所属なのに、堂々の票の三位というのは、本当に立派でしたよ」などなど。そして、皆さんがこぞって拍手をして下さってもう、本当にありがたかった。落っこちでもこれまでずっと気が張っていたが、こんなに優しくされて、初めて涙が出そうになった。

今日は一日中事務所でお礼の手紙書きや礼状のサインや電話掛けなど、とても忙しかった。さあ、もうひとふんばり、今週中にすべて終えてしまうつもりで頑張りましょう。

|

« 挨拶回り | トップページ | 選挙を振り返る(1) »

コメント

お嬢さん、頑張られましたよね。
親孝行できると喜ばれて、一生懸命に手伝われたいました。
私は、母親孝行することもできなかったですから、羨ましく思います。

河野美代子という名前だけで、約20万票はすごいことですよね。

後の候補のほとんどの票は、党の名前でもらったもんでしょうから。

この20万票の思いをどうするか、先生のこれからの課題にもなるのでしょうね。


これからますます暑くなるでしょうから、お気をつけ下さい。

私は、今度の日曜日(8月5日)の安芸高田市のイベントに参加します。
ちょっと気分転換してきます。

投稿: やんじ | 2007年8月 2日 (木) 00時29分

やんじさん、
そう、娘はそんなことを言っていたのですか。私にはなんにも言いませんでした。まあ、これまでいろいろと迷惑を掛けているから。それを自覚しているのでしょう。それから、私も今、安芸高田のイベントの申し込みをしているのですが。保健室担当で。気分の悪くなった人の手当とか、健康相談とか。それから、ちょっとおみやげを持って。でも、申し込んでいるだけでまだ返事は来ません。ちょっと申し込みが遅すぎるかも。だって今まで知らなかった、というか、忙しくて目に入らなかったもので。こんな楽しそうなのを見逃していて、残念!!もしO.K.だったらよろしくね。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2007年8月 2日 (木) 01時44分

本当にお疲れ様でした。
数回しかお手伝いできませんでしたが、事務所にお手伝いに行ったときにお嬢さんにお会いしました。
目元が先生に似てらして、かわいくて素敵な方でした。お昼ごはんをいっしょにいただきながら少しお話したのですが、電話かけの際にどうしたらこちらの話を聞いてもらえるかを一生懸命にお話していた様子を思い出しました。
先生のことを、母親としてというより、人として尊敬しているのがほんとに伝わってきて素敵な親子関係だな・・・と思いましたよ。

投稿: sana | 2007年8月 2日 (木) 08時29分

こんなに素敵なお嬢様からお母様へと渡していただけた花束はとても幸せでしたね。

もらい泣きをしてしまいました。

有り難うございました。

本当は60本のバラの花で埋め尽くしたかったのですが、他の候補者に買い占められたのでしょう(悔しい!!(笑))、揃えられず、少し悲しく思っていました。

でも、誰のバラよりも輝いている20万人の思いをお嬢様から渡していただいて本当に嬉しく思います。

「模索の会」是非やってみたいですね。

投稿: 山中 章 | 2007年8月 2日 (木) 09時24分

ブログ再開されていたんですね。
本当にお疲れ様でした。
お寺のご住職さんが言われていたとおりだと思います。
夫は「でも、通る事に意義があるわけだから近ちゃんや宮さんがいたらきっと周りを固めてくれて河野さんを通したんじゃないかな」と残念がります。
今回の構図は非常に危険です。
民主に亀井さんがかんだ事でこれからが見えています。
広島に護憲の旗が揚げられない時代になったかと憂います。

安芸高田のイベントに行かれるんですね。私達も行くつもり、そして、市議の金○さんにもイベントのチラシを送りました。
彼からもはがきが来ましたがご存知でしょうか?おもろいおっさんです。

投稿: 初ちゃん | 2007年8月 2日 (木) 10時22分

本当にお疲れ様でした。

大変よかったと思います。

私の分析では10万は自民党支持層の方々からいただいたものだと思います。

今の政治には、思想関係なくおかしいという声がかなり、ひろがっている証左だと思いました。

美しい国をいいながら切腹(政治的な)をほかの人にはさせても自分はしない平成の北条高時君約一名には腹が立ちます。

投稿: さとうしゅういち | 2007年8月 2日 (木) 12時56分

河野さんブログ再開されたんですね。お疲れ様でした(*^_^*)

投稿: ララ | 2007年8月 2日 (木) 19時53分

ansaさま
ボランティアに来て戴いて本当にありがとうございました。そう、娘ともお話して戴いたのですね。私は、選挙中、全く事務所にいることは出来なかったので完全に別行動でしたし、sanaさまのこともわかりませんでした。ごめんなさい。また、機会があればお会いしましょうね。 河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2007年8月 3日 (金) 10時46分

山中章さま
本当に数々のご厚意、ありがとうございました。メッセージも、参加して下さっていた皆さま、頷いて聞いて下さってとてもありがたがったです。お花、本当に素敵です。バラの間のピンクの百合もそれは素敵で、まだいい香りを放っています。本当にありがとうございました。後のこと、ぼつぼつと考えています。また、ご連絡させて下さいませ。本当にありがとうございました。  こうのみよこ

投稿: こうのみよこ | 2007年8月 3日 (金) 10時53分

初ちゃん様
応援ありがとうございました。皆様のご期待にそえなくて、申し訳ないことです。私も選挙中、何回も近藤さんや宮崎さんのことを想いました。お二人は、選挙の度に燃えて、いろいろと解説もして下さっていましたから。その方達も次々と亡くなって、だから、これも世の流れかなあ、と思っています。5日にはお会い出来るのを楽しみにしています。   河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2007年8月 3日 (金) 10時57分

さとうしゅういちさま
これまで、ブログ書き続けて下さってありがとうと、私からもお礼を言います。私は、溝手票は「学会」票が大きいと思っています。これから、選挙中のことをぼつぼつと書いて行きます。これからもよろしくおねがいします。    河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2007年8月 3日 (金) 11時00分

ララさま
ありがとうございます。これからもブログは続けます。どうぞ、よろしくお願いします。 河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2007年8月 3日 (金) 11時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/15978538

この記事へのトラックバック一覧です: 娘が帰って行った:

« 挨拶回り | トップページ | 選挙を振り返る(1) »