« 夏休み | トップページ | 掃除に明け暮れて »

うそだったの!?

 完全な休み、というのに、行く所もなく、朝からテレビをつけて家の片付けばかりしていた。三ヶ月、洗濯以外ほとんど家事もせず、家は荒れ放題。おまけに選挙の関連のものをどさっと持って帰っている。ずっとごそごそしても、あまりきれいにはならない。夫はどこかに出かけてしまった。 

 と、電話が鳴った。大分の姑からだ。「やっぱり帰らなかったの?」と。「ええっ?」すぐに夫が言ったのと話しが違うと分かった。だから、「ええ、通宏さんが帰らないって言うので」と。夫は「おふくろが帰らないようにと言ったから」と私に言ったのに。義母は「それでも帰るんじゃないかと思って、心待ちにしとったんだけど」と言う。もう、本当に何と言うこと。あれだけ私は帰ると言い張って、夫はだめだと言って。私は姑との間に何かがあったのだとばかり思っていた。

 夕方帰って来た夫に母から電話があったこと、話が違うじゃない、と言ったら「君を休ませようと思って」と言う。結婚して33年。一度もお盆に帰らなかったことはない。だから、帰ることは当然のことで、夫の実家で過ごすことがひどく疲れるということでもないし。却って今、広島から離れられるというのは、精神的にほっとすることでもあるのに。夕飯を食べていたら、母から電話がかかって来た。夫はしきりに謝っている。その口調を聞いていて分かった。電話の後、夫に言った。「私より何より、あなたが帰りたくなかったと言うことね。」すると夫は素直に「うん」と言った。それならそれで仕方がないこと。全く、もう、こんなに実家に帰りたがらない人も珍しいのではないかしら。一人暮らしをしている老いた母の所にはできるだけ帰りたいのが普通の息子だと思うのだけれど。これまでも、いつも私が夫を押すようにして実家に帰っていた。もう私の両親は死んでしまって、たった一人しかいない親なのだから。私も休みの後半は予定が入っているので、これから帰るのはもう無理だ。

 夕飯をすませて、こじま電気まで出かけた。2400円あまりあるポイントがもうすぐ無効になりますという連絡を戴いたので。韓流ドラマの新しいのでも欲しいと思って行ったのだが、ここは数が少なくて、魅力あるのはなかった。結局、ポイントとプラス1100円を出して映画「幸せのちから」のDVDを買った。明日はこれを見る。

|

« 夏休み | トップページ | 掃除に明け暮れて »

コメント

なんか、会話している姿が見に浮かびます。
ご主人さんの「うん」とい声も聞こえます。
よく言われていましたからね。笑
次は、お彼岸でしょうか?

投稿: やんじ | 2007年8月13日 (月) 00時04分

あ~、よかった。
スワツ、嫁姑問題か?と案じておりましたゆえ、一件落着で安心しました。

ところで、立候補表明以来このブログを読ませていただいておりますが、まじめ・正直・
一直線な美代子先生にとって、これから必要なものを思いつきましたのでここに発表させていただきます。
それは、助さんと格さんです。
アメリカ人セレブの必需品、ホームドクターならぬホーム弁護士とホーム精神科医(永六助さんにおける北山修さんのような)。
そして、用心棒。ご主人はどうかともいましたが、自分が夫であることを証明するのに40分もかけるような紳士ではダメです。
「わしが亭主じゃ、文句あるか!おとつい出直してきやがれ!」ガチャン。これ位の迫力がないと用心棒にはなれません。
わたくしが応募してもいいのですが、もっと向いた役柄がありました。由美かおるです。やまとの湯、ご一緒します。
という訳で、世直し美代子先生の必須アイテム、特に由美かおる・・・ご一考ください。

投稿: うららさん | 2007年8月13日 (月) 10時49分

初めまして、河野美代子様。
先生のブログの内容とまったく違うコメントをこれからしたためたいと思いますが、どうぞお許しください。

私は、5月24日に福島県文化センターで開催された「いのち生きいき研究大会」にPTAの代表として参加した一人です。
先生の話を聴き、胸の奥が熱くなりました。かなりの衝撃です。今も心は激震中です。
会津から約2時間車を走らせて聴きに行った甲斐がありました。
もっと聴きたい、もっともっと時間が欲しい!!
そんな思いで会場をあとにしました。

この度、8月19日に私の住んでいる地区の連合PTAの大会があります。その大会の第2分科会「性・いのちの教育」をうちの小学校が発表の担当になり、私が発表者となりました。
そのことは、4月の時点で決まっていました。
そこで、自分の教養にもなるし、発表のネタにもなるし♪と安易な考えで5月に参加した訳ですが、、、
とんでもない!!! 自分の愚かさに情けなくなります。
先生の講演は素晴らしいものでした。
きっかけは安易な考えからでしたが、先生に出会えたこと、心から感謝します。
先生のお話を、発表のときに多少なりいたしたいと思います。
現在、発表の原稿を執筆中ですが、もう一度先生のことを見てみたいと思いパソコンで検索したところ、先生のブログをみつけたしだいです。(思わずカキコしてますが。^^)
これからも、お体充分に大事にして精力的にご活躍ください!陰ながら応援しております。

追伸
「はだしのゲン」私の3人の子供達と一緒に2日間観ました。
中学2年の長男は、小学校の図書室にある漫画「はだしのゲン」を小学生のうちに全巻読み終えました。
小学5年生の娘は戦争に関わる映画やドラマを観ると気分を悪くします。かなり心に不安をおぼえたり、負担をかけたりしてしまいます。かわいそうなくらいです。
小学1年生の次男は、真剣に見入っていました。
私は、新婚旅行で長崎に行った時、平和記念公園へ行ってきました。広島にはまだ行ったことがありません。いずれ機会をつくって広島の地を踏んでみたいと思います。

投稿: らむ | 2007年8月13日 (月) 13時54分

やんじさん
そうですか。良く、「うん」と言っていましたか。私、選挙中はほとんど話しをしていないような気がしています。お互い別々の事をしていましたので。何の話をしたか、さっぱり覚えていません。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2007年8月14日 (火) 02時01分

うららさま
ご心配戴いてありがとうございます。夫の事、笑いましたねえ。選挙中は、マスコミやその他来られた方の対応の役をしてもらったのですが、とても丁寧に対応していて、私ではとてもあんな風にはできないな、と思ったこともあります。それなりにいいところもあるのでしょう。由美かおる役の用心棒、まさか、お風呂で私を攻撃する人もいないでしょうから。でも、ご一緒して、おしゃべりしながらお風呂というのもいいですね。今日も行って来ました。一日おきにやまとの湯に行っています。河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2007年8月14日 (火) 02時11分

らむさま
遠方からのコメント、ありがとうございます。私、選挙の真っ盛りに福島に行きました。その時に聞いて戴いたのですね。お役に立てればうれしいです。福島県、是非、がんばって下さいね。学校現場での性教育は保護者の支えが必要です。今は逆の「性教育反対」の保護者の声が大きくて(宗教団体が絡んでいるのですが)教師は取り組みにくくなっています。ぜひ、保護者として声を上げてくださいませ。広島にいらっしゃる時には声をかけて下さいね。もう少ししたら、また性教育についてもブログに書きます。お時間のある時に、読んで下さいませ。
河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2007年8月14日 (火) 02時20分

 田舎があるのは有難いことですね。私は母が生きている限りは、2月に一度は、時間を作って帰ろうと思っています。今日は私の誕生日。23日に79歳になる母から携帯メールが届きました。誕生日は生んでくれた母に感謝する日ですね。

投稿: うるとらはるく | 2007年8月16日 (木) 17時12分

うるとらはるくさま
こんにちは。お久しぶりです。お返事遅くなってすみませんでした。私も、父母が生きてる内に、もっと孝行しておけば良かった、と、後悔しています。お母様が健在の内に、ぜひ良くしてあげてくださいね。また、お会いして、華麗な風船芸を拝見したいです。
河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2007年8月18日 (土) 14時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/16091949

この記事へのトラックバック一覧です: うそだったの!?:

« 夏休み | トップページ | 掃除に明け暮れて »