« 街宣していること(1) | トップページ | 緊急にお伝えしたいこと »

街宣していること(2)

 なかなか更新できなくてすみません。なにせ、ぎりぎりの生活をしていて、本来なら夜寝る前にブログを書くのだけれど、最近はやはり疲れているのでしょう、いつの間にか居眠りをしていたりで、書かないままに横になってしまうことが多くて。

 22日は朝6時50分に集合して向洋駅へ。雨の中、マツダに出勤なさる多くの方達に街宣をしました。そして、その夕からは次々とご挨拶回りです。いろいろな方達と出会う中で、とくに、車いすダンスのチームの方達との出逢いは鮮烈でした。練習で最初に踊って見せていただいたのはなんと「冬のソナタ」でした。車いすがくるくると回ってそれはそれは素敵でした。私は、韓流ドラマの大ファンです。それも冬のソナタは別格で、私のパソコンにはヨン様の写真が貼ってありますし(飛行機に乗る時にパソコンはバックから出して渡さなければなりません。それがとても恥ずかしいのですが)ショルダーバックにはボラキスが、携帯にはヨン様がぶら下がっているし、口紅もヨン様のサイン入りのだし、カードケースはヨン様のケースだし。だから、冬ソナのリュウさんのあの歌でくるくると回る素敵なダンスを見た時には、涙が出そうでした。様々な体の不自由な方達と、不自由のない方達とのコンビのダンスは、とても鮮烈で、そしてこんな活躍をしている方達のことを知っただけでも、私にとっては勉強になりました。

 23日は土曜日で診察なので、お昼時間と診療がすんで夕方には二カ所で街宣を。そして昨日24日の日曜日は午前中にピンクの街宣車で広島を出発して、呉駅前で街宣。東広島の夢タウン前で街宣。そして竹原を通って忠海の駅前で街宣。雨の中、多くの人が集まって下さってありがたいことでした。そして、いよいよ三原に移動。まず三原のジャスコ前で街宣。そこは、なんと自民党から立候補を予定していらっしゃる方の事務所と国民新党の事務所がほとんどくっつくようにしてありました。それに気づいて、ここで街宣しては嫌みだからやめようとしたのですが、良く見ると、どちらの事務所にも鍵がかかっていて、人の気配がありませんでした。だから、思い切ってやりました。次に三原駅前で街宣した後、福祉センターの集会の会場へ。思いの外、多くの方が集まって下さっていて、会場はいっぱい。ありがたいことでした。そして、その後、広島へ。一日中車の移動と街宣で、本番の予行演習のようですが、すっかり疲れてしまいました。

 済みません。くどくどといい訳をしているようですが。街宣の内容の続きを少し。

 いわゆる医療難民、介護難民、そして、今、お産難民と言われる方達が全国で50万人を越えると言われています。次々と病院が産科病棟を閉鎖し、赤ちゃんを産みたくとも産む病院がないという人たちです。お産を扱う産婦人科の医師が減ってしまったためです。先日私は広島県の県北の東部、東城に行きました。そこの方達はお産をするのに、60キロも離れた三次市内まで車で行き、妊婦健診をうけ、そこでお産をしなければはなりません。私は事故が起きるのではないかと心配です。60キロも移動している内に、車の中で赤ちゃんが生まれてしまうということがないでしょうか。これは、少子高齢化が問題にされているにもかかわらず、産婦人科医療に何らの手を打たなかった厚生労働省の責任であると思います。

 さらに、現在毎日報道されている年金の問題です。国民が汗水垂らして必死で働いて、半ば強制的に納めて来た年金が、5000万件も行方不明だと。現在年金を受給している方が3000万人。きっと、自分でも知らないままに、本来もらうべき金額よりも少なくしかもらっていない人たちも多くいるでしょう。一方で厚生年金は、全国にグリーンピアなどの豪華な建物を大金を使って建てました。そのお金は、私たちから徴収した年金です。そのほとんどの施設が大赤字。たいへんな累積赤字を抱えて、二束三文の只同然で他の団体に売り渡してしまいました。こうして、私たちの納めた年金の多大なお金が消え去りました。そして、それを今回の行方不明。一体、社会保険庁は、いえ、厚生労働省は、政府は、国民のいのちや生活をなんと考えているのでしょうか。

 私自身も自分の年金を調べに社会保険事務所に行きました。なんと、私の年金はほとんどないと言われました。私は25才で医師になり、ずっと働いています。年金も納め続けて来ました。勤務医を辞める時には、ちゃんと国民年金の手続きもして納めています。今は、また厚生年金です。でも、私の年金は二つに分割されていました。一人の私に二つの番号がありました。さらに、農協系の病院に勤めていたその期間がすっぽりと抜け落ちていました。農協の年金は、今厚生年金と一元化されています。でも、私のは一本にされていませんでした。そんなのだから、もう、バラバラで、だから、年金はほとんど頂けないという事だったのです。私は以前勤めていた病院で勤務していた期間の証明をしていただき、社会保険庁に送り、そして数ヶ月経ってやっと一本にしてもらうことが出来ました。なんと、こんなことが日本中の多くの人たちに起こっているのです。

 続きはまた書きます。とぎれとぎれですみません。

|

« 街宣していること(1) | トップページ | 緊急にお伝えしたいこと »

コメント

日曜日に初めて先生の講演を聞きました。
講演を聴いた従兄弟からは、立派な人だとは聞いていました。
先生の講演を聴いていると、亡き母のことを思い出しました。
心も、気持ちもこもった言葉は、心に滲みてきます。
感動をして聞いていました。
日曜日を本当に先生と知り合って良かったと思いました。

これからひと月あまり、先生と一緒に戦えることは幸せですよ。

それと、先生がカーナビにつっこむのを聞いているのは面白いですよ。

カーナビ「左折してください」
先生「海に落ちるよ」

一緒にいると、色々な面が見えて楽しいです。

暑くなり、雨が降るとムシムシします。
無理することなく、お体にはお気をつけくださいね。

と、書いても、もう無理の連続ですね。笑

投稿: やんじ | 2007年6月25日 (月) 22時52分

やんじさま
私もスタッフの皆様に聞いていただけて良かったと思いました。いつもの街宣よりも時間が合ったので、より具体的に話しが出来たからです。でも、本当は選挙用の30分の話でなく、きっちりといのちの教育、性教育の話を聞いて戴きたい、でも、それがとても難しくなっているということなのです。これからもどうぞよろしくお願いします。  河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2007年6月26日 (火) 09時51分

いつも仕事が少なくヒマ~な私なのに、
ここのところ立て続けにお仕事をいただくことができ、
ありがたいことではありますが、
なかなかお手伝いに伺うことが出来ません。
伺えても2時間とか半端な時間だけで、
先生にもスタッフの皆さんにも申し訳なくて・・・。
でも、今日もがんばって仕事を済ませて、
1時間でもお手伝いをさせていただこうと考えてます。
だって先生への想いは一票じゃ足りないんですもの。
先生を応援する多くの人々は、
きっと皆さんそんな風に想いでおられるのではないでしょうか。
一票の重さが違う!
お手伝いに伺える機会は少なくても、
この重さを、私のまわりのより多くの人達に伝えていきたいです。

投稿: Hoch | 2007年6月26日 (火) 10時52分

Hochさま
いつもありがとうございます。お仕事にお子様もいらっしゃるのですから、どうぞ、ご無理なさらないでください。お気持ちはとてもうれしいのですが、でも、生活を大切にしなければね。良く分かっていますので。ありがとうございます。   河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2007年6月26日 (火) 16時16分

ジョンベアもフィギアも出せないままの隠れ家族ですけど、河野先生のことは大ぴらに応援しています。頑張ってください。

投稿: アコ | 2007年6月26日 (火) 22時28分

アコさま
お返事が遅くなって済みません。ジョンベア、フィギア、さて、何だろうと考えていて。分かりました。ヨン様の公式グッズですね。家族、これは分かります。いつか、お話したいですね。私、ヨン様や韓流ドラマについては、一晩中でもお話できますよ。コメント、ありがとうございました。    河野美代子

投稿: こうのみよこ | 2007年6月28日 (木) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205567/15557817

この記事へのトラックバック一覧です: 街宣していること(2):

« 街宣していること(1) | トップページ | 緊急にお伝えしたいこと »