比例票はどれだけあったら当選するのか

 今回の衆議院議員選挙比例区で、どれだけの票があれば何人受かるのか、先日の私のブログに⑦パパさんから立憲民主4は無理ですかねとの質問がありました。それについて。

前回、2014年の衆議院議員選挙での中国地方比例区の定員は11。今回も同じです。それで獲得した票数と受かった人の数です。


自民党      1,183,903票  5人

民主党        529,819票  2人

維新の党     394,306票  1人

公明党        516,892票  2人

日本共産党 285,224票   1人


もちろん、小選挙区と重複して立候補し、小選挙区で受かった人は除かれています。ちなみに社民党の獲得票は65,349票で当選者はありません。

私、これを見ると、決して立憲民主党の当選4は無理ではないと思います。2014年の民主党の票が、今回立憲民主党と希望の党とどう分け合うかですが。今の希望の党の人気の凋落ぶり、安倍政治へのうんざりぶりを見ると、民主党への票が立憲民主党へ積み上げられることはあり得ると思っています。

それにしても、東京、大阪などでの枝野人気を見ると、もう少し立候補者がいてもよかったのにと思います。せめて、広島県の小選挙区で一人でも立候補していれば、と。民主党(2014年の)から希望の党へ行った人への配慮をしすぎたのでは?と。

一応これで終えて、今日のお昼に私は期日前投票に行きます。投票日当日は神戸、宝塚にいます。

話は全く違うのですが、この頃、診療がとても忙しくて、お昼はもっぱらカップ麺です。体に悪いという人がいますが、お味はなかなかですよ。最近食べたカップ麺を。いろいろあっても、やっぱり昔からのチキンラーメンが好きです。


4


1

2

3


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立憲民主党と社民党

今朝ブログを書いて、さあ、アップというときにまたまたパアツと全部消えてしまいました。このパソコンにしてから、時々こういうことが起こります。もう、ホントニ・・・。

気を取り直して、もう一度。診療の合間に書いています。

昨日には立憲民主党のパンフ配りをしました。本通りの屋根があっても、端から雨が吹き込んでとても寒くって。でも寒かったのは、雨のせいだけではありません。反応が悪く、パンフを受け取ってくれる人が少なくて。ネットで見る東京などの盛りあがりとはえらい違いです。もっとも、誰も演説するわけでもなく、ただパンフを配るだけなので無理もないことなのかもしれません。というか、選挙そのものが盛り上がっていない感じで。これだけ大変なことなのに、まだまだだなあと思いました。

中には、パンフを受け取った後「先生はもう立候補しないのですか」と聞かれて、まだ覚えている人がいると恥ずかしかったり。別の人に「あなた、お名前は?」と聞かれて、「はい、河野と言います」と答えたら、「まだ産婦人科をしてるの?」と言われてまたまた恥ずかしかったり。でも、ちゃんと皆さんが配っている間私もくじけず配りました。配ったのはみんなで六人でした。

 そして昨夜は姉の家族のお祝いの会に参加しました。家族にいろいろとおめでたいことがあって。こんな時、いつも私たち夫婦を呼んでくれてありがたいことです。


Fullsizerender_2


そこで、姉が立憲民主党のパンフを出して、みんなに見らせているのです。あれっ?それはどこでもらった?本通りでおばあさんが配ってたから。戻って「ください」言うてもらったよ。そしたら「ありがとうございます」て。私もそこにいたでしょ?ええ?気づかんかった。私も気づきませんでした。でも、それで夫にもばれたので、もってきていたパンフをみんなに配りました。甥の家にはもう有権者が4人になりました。夫はあきれ顔でした。

そこで、甥が「社民党」と「立憲民主党」とはどう違うのかと尋ねました。甥の会社の組合では選挙区では民進党を推薦していたけれど、そのうち、候補者が希望の党に移ったので、推薦取り消し。手伝いに行っていたのも全部ストップし、選挙カーの運転も取りやめだと。推薦は無所属の三区の塩村さんと、四区のやはり無所属の候補者だと。希望の党は一切推薦なしだと。何しろ社民党も立憲民主党の広島県の選挙区は一人も立候補していないのです。

 それで、比例は?と尋ねると、「比例は社民党」だそう。あら、立憲民主党ではないの?とちょっとびっくりしました。そう、社民党。組合の集まりでも、「今、この時にどうして立憲民主党ではなくて社民党なのですか?」と質問が出たのだそうです。そしたら、私たちの組合、上部の集まりも、ずっと社民党と共に歩んできました。今も社民党の支持は変わりません。と、はっきり、きっぱり言われたのだそうです。ちょっとうれしかったですね。

 そして、甥の質問になります。社民党も立憲民主党も同じようなことを言ってる。一緒にはなれんのん?と。そうね、社民党はずっと昔、社会党の時代から、ずっと一貫して「護憲の党」でやってきたからね。立憲民主党はまだ新しい党で、パンフを読んでも、「憲法九条は守る」と書いてあるけど、社民党は憲法丸ごと死守よね。これから先、立憲民主党はまだ流動的で、どうなるかはわからんけど、社民には頑張ってほしいから。組合で社民支持って決めてることはうれしいことじゃねえ。と、そんなことを話しました。

安倍政治を何とかストップさせることは急務と思うけれど、さあ、その後のことを考えると。この選挙でどうするのが一番いいのか、まだ悩みは続きます。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

衆議院議員選挙について

衆議院議員選挙について。これまでフェイスブックではちょこちょこ書いていたのですが。ブログでは初めてです。

こんなひどい政権が、まだなお国民に支持されているというのが信じられなくて。自民党を支持している人でも、今の総理にはノーというのではないかと思ってきたのですが。各種世論調査を見ると、本当にびっくりしています。いえ、内閣支持率よりも不支持率の方が高いのですが、小選挙区制となると、うんと自民当議員の方が多くなってしまいます。

あの頃。中選挙区制のころには、まだ野党の歯止めがかかっていました。小選挙区制導入に社会が動いている時、必死で反対しても、小選挙区制に反対する人は「守旧派」と言われました。改革のためには、小選挙区制をと。それが世論であると。

まあ、過去のことは言わないことにしても。

この選挙をこんなひどい状況にしたのは、自民党はもちろんですが、小池氏(共産党のでなく、都知事の)と前原氏でもあります。でも、この二人に対する反発が、自民党を利している面もあります。小悪と大悪とどっちがどうなのかと。

安倍さんの選挙区に一人乗り込んで「もりかけ」許さないとやっている若い彼、広島のひどく横暴で評判の悪い自民候補に無所属で挑んでいる塩村さんの頑張りなどを見ると、まだ日本の若者も捨てたものではないとの思いもあります。

私は、小さいときから、社会党のファンであり、社会党が社民党になっても何とか頑張ってほしいと思ってきました。福島みずほさんが広島に来ると、駆け付けて、一緒にビラ配りもしてきました。だから、今回も社民党頑張ってと思っています。でも、中国地方では社民党は島根の一人しか立候補していません。候補者も立てられないほど弱体化していることを悲しく思います。

 それでも、選挙区は選択肢がないので共産党にいれますが、比例には社民党を入れようと思っていました。が。友人は、それでは死に票になると言います。


立憲民主党を応援せよと強烈に言う人もいます。昨夜も長い電話をもらいました。その後、メールが来ました。きわめて個人的なことを削除してそのメールを転載します。


 

「今晩は、先程のを文書にしてお送りします

 

1 中国5県の比例で選挙カーは岡山をはじめとして各県2日しかありません、広島県は小選挙区誰も立ってませんので何処にも殆ど立憲民主党のポスターは貼ってません、500枚の内250枚未だ貼ってません

2 街宣活動とマイクが使えない、肉声で演説はやってもいいと言われますがその側でチラシ配りは、今2人だけです

3 選挙カーの運行は○○がやります。木曜日から土曜日までが広島県内です。広島市は木曜日午前中と土曜日17時以降の計画です

4 この2つの時間の広島市内で選挙カーの近くでチラシ配りが決め手だと思います

 

○○について、どんな経緯かは何も知りませんが。現在35万票位はあります。河野先生のネットワークで中国5県から広範囲に立憲民主党の得票が出来て、80万票いけば3人通ります。先生がこれをしない事の後悔を選ぶか、安倍自民党が3分の2になる後悔を選ぶか、私なら大人の対応で、色んなことがあった○○○○より、日本の政治の事を考えて行動してもらう事を切に願います。○○○○」


うーん、誰に投票するのかだけでなく、選挙運動をしろと? 私の影響力なんて、もう全くないと思うけど、要するに後悔しないようにしろと? うーん、一晩考えて。今朝、返事をしました。

分かったよ。今日、立憲民主党の政策パンフを配りに行きます。本通りに立ちます。社民党の比例票が何票集まるか、それが大切なんだという夫には内緒です。でも、やってみて、私自身がどこに投票するかは、最後まで迷うでしょう。


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福井県武生で中学生に話しました。2.

中学生に、義務教育の間に話しておきたいことは沢山あります。ものすごい情報社会、今もこれからもたくさんの情報に触れて、アップアップするかもしれません。もちろん、一回私の話を聞いただけですべてのことが分かったでしょう、なんて思いあがってもいません。でも、多感な思春期に一度でも、体や性について真正面から語ってくれる人に出会ったことが、何らかの力になってほしい、そんな思いで語っています。

命・・大学病院時代に出会ったがん患者さんと家族の方々から学んだこと。

若者たちが無知であること。わたしのクリニックの初診時年齢が10代だった患者さん4537人のデータ。中でも10代の妊娠1109の結果について。

思春期の体、悩み。男性のペニスの悩み(サイズ、包茎)、マスターベーションについて。
女性の生理痛、生理不順。

これらは、20分の映画「妊娠と出産」に語られなかったことの補充でもあります。この映画の最後には赤ちゃんが生まれてきます。元気になく赤ちゃんと、生んだばかりのお母さんの笑顔も。

若い人の妊娠はその70%が人工中絶に終るし、時期が遅くて、育てられない出産をしなければならない人も。

でも、彼らははじめから「妊娠したら中絶しましょう」と思って行動したわけではないこと。一重に「性交と妊娠」が結びついていないことによります。それは知識として知ってはいても、自分の行動と結び着いた「力としても知識」になっていないこと。性は生殖であると受け止めていない。

「妊娠する性を持っている女性」は「自分の体」に責任を持ちましょう。「妊娠させる性を持っている男性」は「彼女の体」に責任を持ちましょう。これは、とても具体的に。もしも将来、「君を抱きたいと迫られる時がきたら」「彼女を抱きたいと思ったら」その時には、「妊娠したらどうするのか」をしっかり考えなければならないこと。そして、それを相手に伝える勇気もいること。

もしもまだ妊娠は困るのら、ちゃんとした避妊ができなければならないこと。若者たちは避妊が無茶苦茶であること。

私の10代の女性1000人のそれぞれの避妊法と実際の妊娠率の数値を上げます。中学生には具体的に避妊の話をしてはいけないことになっています。指導要領の逸脱であると。でも、どうしてもすべての若者に避妊について知ってほしい、だから義務教育の間にと思っているので、数値を上げることはさせてもらいます。例えば、避妊しなかった人の妊娠率は38%。コンドームを使ったり使わなかったりした人の妊娠率は34%。毎回欠かさずちゃんとコンドームを使ったという人の妊娠率は13.5%。若者が外出しと言っている膣外射精の妊娠率は29%。

アダルトビデオはセックスの仕方を学ぶものではないこと。演技の世界、主に大人の男性の娯楽用に作られたものであること。

そして、性感染症の予防。コンドームのないセックスは、二人でこれから赤ちゃんを作りましょうというときのためにとっておきましょう。

きちんと避妊ができ、生理痛や生理不順に効果のあるピルについて。

二人はきちんと避妊や性感染症の話し合いができ、実行できる関係であるのか。

さらに、人を好きになるときに、異性ではなく同姓を好きになってもいいのだということなど、LGBTについて。自分の性や体、発育について違和感を持ち、つらい時はだれか一人、大人の相談相手を見つけてほしいことも。

SNSの気をつけること。

そして、素敵な性ができる素敵な大人になってほしいこと…などなど。

これら、盛沢山のことを、与えられた時間の中で取捨選択して話します。

もう一度。一回私の話を聞いたから、それで分かったでしょう、なんと思っていません。ただ、多感な時、これからいろいろな情報に接するであろうそんな時に、一度は揺さぶりをかけておきたい、そんな思いでいます。

帰りにも琵琶湖の夕暮れが見えました。でも席が通路側でしたので、視野が狭くて。家の灯がポツンと点いている写真、気にいりました。


6

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福井県武生で中学生に話しました。1.

昨日は、無事講演を終えてきました。毎年行っている福井越前市の武生二中の三年生への話です。

サンダーバードからは琵琶湖が見えます。この景色が本当に好きです。曇っているのが少し残念ですが。

1

学校に着くと、こんなのが。

Fullsizerender


そして、校長室には。背番号2は今は田中ですが、その前は東出さんです。今は打撃コーチです。この中学出身なのです。昨年もこうして展示してありました。校長先生は変わっても、ずっとこうして展示してあって、再会できました。
10

私を中学校に派遣して下さる越前市男女共同参画センターの理事長や二中の校長先生とも、カープ談義が盛り上がりました。皆さん、おめでとうございます。カープ、強いですねえと。うれしいことです。

5

11

中学生は、試験を控えて忙しいところでしょうが、よく聞いてくれました。昨日のように、中学生、義務教育の間に話しておきたいことのお話をしますね。


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子宮頸がんワクチンについて・続

おはようございます。京都です。

午前8時、京都駅の近くのホテルの部屋からの写真です。停まっているたくさんの車には「京都市上下水道局」と書いてありますので、建物は水道局でしょうか。8時でも、もうたくさんの人が電気を点けて働いているのが見えます。京都の公務員さん、朝早くからすごいなあと思います。


3


今日は、福井の中学3年生に話しに行きます。来月も福井に、また再来月は京都教育大学生に話に行きますので、このホテルに泊まります。駅から近いし、じゃらんでお安いし、ポイントもつくし、私にとっては、ここが一番のホテルです。

さて、子宮頸がんのお話です。WHOだけでなく、多くの世界的な団体から、日本に対して早く積極的勧奨を再開せよと勧告していますし、日本産科婦人科学会、小児科学会なども早く再開せよという声明を発表しています。

ちょうど昨日、日本産婦人科医会がWHOの安全性の評価の発表を受けての声明を発表しましたので、それをそのまま添付しますね。


平成 29 年 10 月 10 日
各 位

HPVワクチンの安全性に関する最新情報 WHO ワクチン安全性諮問委員会(GACVS)における安全性の再評価

公 益 社 団 法 人 日 本 産 婦 人 科 医 会  会 長     木 下 勝 之   がん部会担当常務理事 鈴 木 光 明

[はじめに]

我が国で積極的な接種勧奨が一時中止になったままであるHPVワクチンは、その安全 性に関して、国際的に、科学的医学的に安全であることが証明されている。今日では、政治 的問題になって久しい我が国の現状に対して、本年6月7‐8日に開催されたWHOワク チン安全性諮問委員会(GACVS)において、改めてHPVワクチンの安全性が評価された。
そこで、最新の会議録*よりその要旨をまとめたので、HPVワクチンの医学的事実によ る安全性を再度確認していただきたい。


[我が国のHPVワクチン勧奨中止から今日まで]

HPVワクチンは本邦では 2013 年4月から定期接種として導入され、12 歳から 16 歳(小 学校6年~高校1年相当)の女子が公費助成を受けられるようになった。 その後、因果関係は不明だが、本ワクチン接種後に持続的な疼痛と運動障害などの有害事 象報告がメディアから繰り返し報道されたため、定期接種化されて僅か2か月後に厚生労 働省は、本ワクチンの積極的な接種勧奨の一時中止を決定した。

厚生労働省による副反応検討部会を中心に議論が重ねられ、「ワクチン接種後の多様な症 状は接種後局所疼痛が惹起した機能的身体症状とするのが適切」との結論に至っている。 しかし、現在(2017 年 10 月現在)もなお、積極的な接種勧奨中止の状態が続いている。 そのため公費助成対象である女性の 70%以上が接種していた本ワクチンの接種率は急落し、 現在は1%にも満たない低接種率となっている。


[WHOの動き]

一方、世界保健機関(WHO)は、現在までにHPVワクチンの安全性について注意深い 検証とモニタリングを続け、ワクチン接種とそれに伴う多様な症状もしくは慢性疼痛など の疾患との間には生物学的・疫学的なエビデンスが認められず、日本でのHPVワクチンの 勧奨中止を憂慮する旨の声明を重ねて発表している。 本年6月7‐8日に開催された WHO ワクチン安全性諮問委員会(GACVS)において、改め てHPVワクチンの安全性が評価された。

<GACVS 会議録 要旨**>

・HPV ワクチンは 2006 年に認可されて以来、現在までに2億7千万本以上が供給。
・アナフィラキシーのリスクは 100 万回接種あたり約 1.7 人。
・ギラン・バレー症候群(GBS)の発症リスクは 100 万回接種あたり 1 人以下。 (最新の英国 1040 万回接種の大規模研究、米国 270 万接種データより)
・複合性局所疼痛症候群(CRPS)、体位性頻脈症候群(POTS)、早発卵巣不全・原発性卵 巣機能不全、静脈血栓塞栓症などとの因果関係は否定。 (米国、デンマークの大規模調査より)
・妊娠・分娩への影響、また胎児奇形への影響もみられず。 (デンマーク:540,805 人、米国:92,000 人以上の妊婦対象調査より)
・CRPS、POTS あるいは疼痛、運動障害を含む多様な症状との因果関係を示す科学的根拠は ないと結論。 (日本における全国疫学調査:多様な症状は、女子だけではなく男子にもみられた。ワ クチン接種者だけではなく非接種者にもみられた。)
・ワクチン接種者、非接種者間での様々な転帰を比較した数百万人規模の安全性に関する 研究成績の蓄積。
・HPVワクチンが積極的に勧奨されていない日本における子宮頸がんによる死亡率増 加の見込み (1995 年-2005 年にかけて 3.4%増加、2005 年-2015 年にかけて 5.9%増加)
・問題となる新たな有害事象は認められず、今回の会議で示された新しいデータからも、 HPVワクチンの安全性を再確認。


[おわりに]

HPVワクチンの安全性に関して膨大なデータがあるにもかかわらず、まことしやかな 症例報告や根拠のない主張に社会の注目が集まっていることから、GACVS は「今なお続いて いる根拠のない主張の影響によってワクチン接種率が低迷するなど、真の害悪をもたらす ことを懸念している。」と繰り返し日本の現状に憂慮を示している。


*:World Health Organization: Meeting of the Global Advisory Committee on Vaccine Safety, 7–8 June 2017 Wkly Epidemiol Rec 2017; 92: 393-402. http://www.who.int/vaccine_safety/committee/reports/June_2017/en/ **:邦訳による要旨であり、内容に関しては英語原文が優先される。

ヨーロッパやオセアニアなど世界中ではどんどん接種しているし、その効果ももう見える形で出ています。今や子宮頸がんはアジアの病気、日本も含めたアジア人が罹り、アジア人が死んでいるといわれています。この病気を予防するワクチンができているのですから、早く接種の積極的勧奨を再開してほしいと、切に望みます。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子宮頸がんワクチンについて

子宮頸がんワクチンについて、ワクチン接種は中断されていると受け止められているようですが、いまも公費負担での接種は続けられています。三回接種すると5万円近くかかります。それが無料なのですね。この頃、あのワクチンは実のところどうなのでしょうと尋ねられることが多くなりました。副反応とされるものが大々的に報道され、こわいワクチンというのが定着しているようです。
でも、副反応とされるものは、思春期にありうる症状が、すべてワクチンのせいにされているのでは?という声もだいぶ聴けるようになり、徐々に分かって頂いていると実感しています。
私は、低用量ピルや緊急避妊薬や、そして世界で100か国めにやっと認可された子宮頸がん予防ワクチンなどを、悪者にし、反対をしてきた勢力・団体の運動の方法を見て来ています。

世界中でこのワクチンがどんどんうたれ、WHOや世界産科婦人科学会が日本に対して早く積極的接種を再開せよと勧告するその文章も読んでいます。ですから、うったほうがいいという私の思いは揺るぎません。若い人がどんどん子宮頸がんに罹り、子宮を失い、また亡くなって行くという現状を見てきていますから。
名古屋市が大々的に行った副反応の調査、はじめに「接種した人と接種しなかった人たちとの症状の発症に差はなかった」という発表をし、その後、なぜかその発表が消え、そのうち、生の数字のみが発表されたというこの不可思議な出来事。以下、名古屋市の発表した素数です。オッズ比は一つ一つ自分で計算しなければならなくなっていますが、でも、全く差がないどころか、ワクチンをうった人のほうが発症は少ないというデータなのですね。

Photo

副反応としてここに上がっているものは、名古屋市単独ではなく、厚労省(正しくは医薬品医療機器総合機構)として認定しているものなのですね。そもそも、ワクチンの副作用として月経不順や月経異常や体がだるい、すぐ疲れるなど、たくさんの思春期に起こりうるものも入っている点に違和感を覚えていました。

信州大学が行ったというワクチンを打ったマウスの脳に自己抗体が沈着しているという発表。ニュース23だ大きく取り上げました。夫は、こんな発表をしているよ」と心配して教えてくれました。それでも、私は揺るぎませんでした。そのうち、これは厚生労働省が発表した声明です。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/tp161124.html


平成28年3月16日、地域において適切な医療を提供するという観点から、池田班、牛田班の研究の成果(主に治療成果)を、協力医療機関等の医師に対して情報提供を行うために成果発表会を開催したところ、池田班より、HPV ワクチンを接種したマウスのみに自己抗体の沈着を示す陽性反応があった、との報告がありました。これに対して、一部報道よりねつ造の指摘があり、また池田修一教授が所属する信州大学が外部有識者による調査委員会を設置して調査しました。

 この度、信州大学の調査が終了し、以下の内容が公表されました。

  • マウス実験は、各ワクチン1匹のマウスを用いた予備的なものであった。
  • 予備的な実験であったため、結果の公表に際しては特段の配慮がなされるべきであった。
  • 池田氏が発表で用いたスライドには、マウス実験結果を断定的に表現した記述や、自己抗体の沈着、といった不適切な表現が含まれていた。
  • 前述より、マウス実験の結果が科学的に証明されたような情報として社会に広まってしまったことは否定できない。
  • 池田氏に対し、混乱を招いたことについて猛省を求める。

 厚生労働省としては、厚生労働科学研究費補助金という国の研究費を用いて科学的観点から安全・安心な国民生活を実現するために、池田班へ研究費を補助しましたが、池田氏の不適切な発表により、国民に対して誤解を招く事態となったことについての池田氏の社会的責任は大きく、大変遺憾に思っております。

 また、厚生労働省は、この度の池田班の研究結果では、HPVワクチン接種後に生じた症状がHPVワクチンによって生じたかどうかについては何も証明されていない、と考えております。


厚労省は怒っています。もう少しこの件についてお話しますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「産婦人科医のための女性保健医療セミナー」

昨日遅くに広島に帰って来ました。昨日は、「産婦人科医のための女性保健医療セミナー」でした。10時半から16時までびっしりのスケジュール。

Fullsizerender

この会でのみ会える先生方にもたくさん会えてうれしかったです。

私が行なっている福島の甲状腺がんの子どもの支援や広島での甲状腺の検診を兼ねた保養について、いつも寄付をしていただいている先生にもお会いしました。

「先生、いつもご寄付をありがとうございます。」というと、「そんな、頭を下げたりしないでください。僕たちがやらないといけないことをやって頂いていることを本当にありがたいと思っているのですから。」と言われて、なんといい先生なのかと改めて感激しました。

そんな気の合う、全国の先生たちとの集まり、年二回の貴重な会で学ぶことができました。

中でも、 最後の講演、村中璃子先生の「子宮頸がんワクチン」のお話には、感銘を受けました。世界中でうたれているこのワクチン、多くの若い人たちが子宮頸がんに罹っている現実を診ている私たち産婦人科医なら、皆さんワクチンをうって予防してほしいと願っています。

村中先生は、医師でもありジャーナリストでもあります。ワクチンの副作用について科学的に記事を書くことで、様々な圧力や妨害に会いながらも、孤軍奮闘、頑張り続けていらっしゃいます。

これ以上彼女一人の闘いにさせるのではなく、私たち一人一人がこれからどうこの問題に取り組んでいくのか、考え、活動すべきと思います。

ここに「守れる命を守る会」の公式ホームページがあります。

https://www.mamoreruinochi.com/

そのトップには、次のように書かれています。

「守れる命を守る会」は、科学的根拠に基づいた言論活動を支援する団体です。医学・科学の専門家、ジャーナリスト、法律家などとの交流及び協力を行い、化学滝な言論活動に対する誹謗、中傷、訴訟などを受けた者に対する人的物質的支援を行います。
全国の意志、ジャーナリスト、弁護士のほか、幅広い分野の方々からご賛同いただいております」

村中先生が向き合っている訴訟の記録などたくさんの資料が掲載されています。名古屋市が行い、結果、ワクチンを打った人とうたない人との間に副作用と言われる症状の発症に差がなかったというデータも。さらに、信州大学のドクターが行ったワクチンをうったマウスの脳に異常が見られたという研究が、いかにでっちあげであるかということも詳しく述べられています。これらについて、もう少しちゃんとここにも書きたいと思います。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノーベル平和賞について

東京、息子宅二日目です。昨日は、息子夫妻の10周年の結婚記念日でした。

家族と共に上の動物園に行きました。大変な人出で、お目当てのパンダはチラリとしか見えませんでした。孫は、トラもライオンもたくさんの人の後ろから息子に肩車をしてもらったり、または潜り込んだりしてそれでもチラリと見ました。写真はパンダ舎の前です。もちろん、お母さんパンダと赤ちゃんはいません。オスだけですが。パンダの写真を撮ることなんてできませんでした。

4


夜は娘も合流してイタリアンのお店でワインと共にお祝いをしました。素晴らしくおいしいお料理。それはまた。

息子はもう出勤しました。私は午前10時から午後4時までびっしり研修です。そして夜はみんなと合流して食事をして帰ります。

さて、気の重いことを書かなければなりません。ノーベル平和賞についてです。この度の「ICAN」の受賞です。ICANがしてきた核兵器廃絶の国際キャンペーンの活動は素晴らしいと思っています。私自身も8.6ヒロシマ平和の夕べで国際署名をたくさん集めましたし、本をたくさん売ったりしましたが。でも、全く喜ぶ気になれませんでした。

ICANの人たちは「広島・長崎の被爆者の活動があってこそ」とメッセージへを送られていますが。

それなら、被爆者にこの平和賞は送られるべきだと思いました。日本被団協への平和賞の受賞はこれでなくなったと思います。

被爆者は広島に来る人達に、または命掛けで世界中に出かけていき、証言し、核兵器廃絶を訴え続けました。そして核兵器廃絶の実現を見ることなく、次々と亡くなって行き、証言できる方も少なくなってしまっています。

被爆後のまだ間もないうちから、夜行列車に乗り、東京駅で顔を洗い、国会や厚生省に陳情に行き、座り込みをし人々に訴え続けた、そのころのことを聴くたびに涙ぐんでしまいます。核実験が行われる度に平和公園の冷たい石畳の上に座り込んで核兵器廃絶を訴え続けてもいます。

実は、日本被団協の経済状況も大変なのです。今、寄付もとても少なくなりましたし。広島ではもうすぐ活動するお金が尽きてしまいそうな、そんな状況にあります。もしも平和賞が被団協に与えられたなら、しばらくはお金の心配もなくなるでしょうに、なんて切実に思います。

それでも、被爆者の方々は、今回の受賞に拍手を送られています。なんと寛容なことかと思います。

そんな思いで、素直におめでとうとは言えないままでいます。私はあまのじゃくかと何度も自問しながら、それでもその思いは消えず、ここに喜べないと書かざるを得ませんでした。拍手を送られたヒバクシャの皆様、すみません。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京で孫と過ごします。

東京の息子の家に来ています。昨夜遅くに到着しました。いつも近くの駅まで息子が迎えに来てくれます。遅かったので、ママと孫は寝ていましたが、お布団が和室に敷いてあります。私の枕に、まあ。孫の仕業でしょうか。それともママ? 何十年ぶりにぬいぐるみを抱っこして寝ました。幸せなことでした。

Photo

昨日、診療を終えてクリニックの前からタクシーに乗ろうとすると、もう、たくさんの人が。お揃いのTシャツ、手には赤い提灯。そう、カープのセ・リーグ優勝のちょうちん行列の日です。

私は参加できないけど、LEDの提灯はほしいので、Tシャツと提灯だけ申し込みました。その内届くでしょう。

Photo_2

今日は、いいお天気です。延期になったリレー・フォーライフも今日は思いっきり開催できそうですね。参加できなくて申し訳ないけれど、盛況を祈ります。

3
明日の夜まで東京で過ごします。


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«「ブンナよ、木からおりてこい」