偶然ですが、またまた益田です。

私は今山陰、益田にいます。またまた益田です。前回小学生、中学生でしたが、明日は高校生にお話します。なんか、こんな道ばっかり走ってるなあと思いながら来ました。不思議なことに、二週間前に益田に行った時、浜田道の途中でトイレに行きたくなり、真っ暗な山の中のSAでなんか怖い思いをしながらトイレに行ったと書きました。今回はそんなことがないようにと、家を出る前にトイレにいったのですが。またまた途中でトイレに行きたくなってしまったのです。何とか浜田まで行って、どこかコンビニでも行って・・と思ったのですが、無理でした。で、前回とおんなじSAで、クマが出ませんようにと思いながら、そそくさとトイレに行きましたよ。なんか、車を運転する姿勢と尿ができるのが関係あるのかな?と思います。私、横川シネマで映画を見ていると、とっても尿意が近くなるのです。私、日ごろはとても遠いのです。職業柄かもしれません。それなのに、横川シネマのフカフカの座席に寝転ぶような姿勢で座っていると、どんどんおしっこができるのですね。車の運転も少し後ろに寄りかかるような姿勢なので。

わあ、私、こんなことを言いたかったのではありません。今日、遅くについたのに、担当の先生お二人がホテルに待っていて下さいました。そして、食事に連れて行って下さいました。打ち合わせをしながらお話しました。それでびっくりしたのですが。ここの所、益田の授業、講演が続いていて、それの一環として、今回は高校生かと思っていたのですが、それは全く偶然なだそうです。担当の先生と養護の先生が話合って、私の講演をとなって、私にお電話をくださった時には、私が益田に来ることになっているなんて全く知らなかったのだと。それを聞いて、本当にびっくりしました。先生方も後で知ってびっくりされたのだそうです。

ともあれ、明日は高校生なので、なんの縛りもなく思いっきり話が出来そうです。中学校では、色々と指導要領だとか、遠慮しなければならないこともありますので。

 実は、ここのところ若い人が分からなくなって、というか、教育がされていない弊害が顕著になっているような気がして。

 SNSの被害等、分かっているはずなのに、甘いよ、と思うのです。明日も高校生に話します。出会い系で会うというのは、目的はセックスだと。ごはんだけおごってもらって、それではいさようならとはいかないよ、と。でも、そう警告しても、大丈夫ですからと言われると、どうしようもないのですね。女性はいつも一方時に被害者で、男性が加害者であるとは言えないよね、と思うこともあります。危ないところに近づく、それも、とても危ない目に遭っても、その一回で懲りないでまたまた同じことを繰り返す、それが不思議で。女は嫌なのに、男がやりたがって、被害に遭う。そうではなくって、女だってしたかったのだと。双方合意なのだけれど、最後の避妊のところでちゃんとしてくれなかっただけなのだと。そんな患者さんとして現れる若い人が多くなりました。今日来た若い人は、いくら説得してもダメでした。この前緊急避妊薬を飲んだばかりで、でも、病気を移されていて。それなのに、またまた出会い系で別の人に会うのだと。それなら、せめてピルで防衛してというのですが、それは拒否です。大丈夫だからと。私から見ると何が大丈夫なのか、さっぱり分かりません。とてもアブないのに‥。でも、説得しきれませんでした。

むなしいなあ。彼女は、きっと私が言ったことがそういうことなのだと分かる時が来る、おそらく、彼女はいつかは妊娠して、茫然とする時が来るでしょう。私が言ったことが分かった時には遅いのだよねと。説得できないなんて、ほんとうにむなしいものだわ。

そんなことを漠然と考えながら、運転してきました。せめて明日、話を聞いてくれる高校生が理解してくれるように、しっかり話します。益田から広島に出て来る生徒はとても沢山いるのだそう。免疫がないままに出てくると、怖いことになることも。今の内に、しっかり知っていてもらうことが必要と思います。

Photo_20201203000701

今日ごちそうになった山陰のお魚たちです。こりこりよ。特にサザエ、抜群!!でした。ごちそう様でした。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

酔心で牡蠣コース

昨日、急にですが、若い方たちの広島への来訪がありました。何が食べたい?と聞くと「おいしい牡蠣を食べたい」ということでしたので、酔心の牡蠣コースにしました。沢山の牡蠣やさんはあるのですが、居酒屋風の混んでいる所は避けたくて。個室でゆっくり話をしながらにしました。

はじめから終わりまで牡蠣尽くしでした。

Img_9584 

鍋は、牡蠣鍋か土手鍋か選べます。土手鍋は知らないというのでそれにしました。甘目の味噌で美味でした。

Img_9586

焼き牡蠣は二種。カニ味噌焼きとたまねぎとチーズ焼き。こんなの私も初めてです。

Img_9587

揚げ物は牡蠣フライと牡蠣の天ぷら、海苔の天ぷらです。

Img_9588

牡蠣のとろろ蒸し。かぶら蒸しですね。

Img_9589

牡蠣の釜めし。

Img_9591 Img_9593

私には無理なので少しだけにして若い人に食べてもらいました。

デザートは、酔心酒かすのムースでした。

Img_9594

お腹いっぱいで、ドリミネーションに案内しました。

Img_9603 Img_9598

人はまばら。寂しいですね。

久々に若い人たちと話をして楽しく過ごしました。この社会、閉塞感。若い力に期待したいです。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

「ジェンダークエスト」

昨日は、性教協広島サークルの例会でした。前回は城さんが「性的同意」について沢山の動画も紹介して下さって、楽しくて勉強させてもらいました。今回はジェンダーについてでした。新しく出版された「10代のためのジェンダークエストトレーニング」に沿いながら。

Img_9573

クエストって? ドラゴンクエストの名前はみんな知っていて。探求とか、探すとかいう意味でいいでしょうか。この本のブログラムはこうです。

Img_9572

城さんは次々と資料を提示して下さいました。まず、ジェンダーって何?体の男女の性別のセックスとどう違うの?

Img_9579

Img_9581


Img_9583

この本は、ワークブックの形をとっていますのでいろいな問いかけがあります。うーんと頭を抱えることも。こんな風に。「男性的とはどういうことだと教えられましたか?絵に描いてみましょう。」とか、「女性的とはどういうことだと教えられましたか?絵に描いてみましょう」とか。参加者の一人は、こんな上手な絵をかきました。

お母さんが病気の時にお父さんがラーメンを作ってくれたら、おじいさんが「男が台所に立つものではない」と言ったとか。それから、小学校ではいつも男子が先で女子が後だったとか。

Img_9562_20201130181801

Img_9563

この本のすごい所は、とてもやさしいということ。いやな所はしなくていいし、気に入った所は何度してもいいし。初めの文にこんなことが書いてありました。

「ジェンダーを探求するとき、「自分は強い人間であること」「1人ではないこと」、そして「周囲の人に愛されているということ」を忘れないでください。いじめを受けていたり、孤独だと感じているなら、このワークブックを通して、相談できる家族、友だち、先生や専門家を見つけて下さい。あなたの人生の一歩一歩は、それが良い一歩でも、まあまあな一歩でも、悪い一歩であっても、価値ある一歩なのです。どれも、自分がどうかけがいのない存在となるのか、どんな人間なのかを少しずつ教えてくれる一歩なのです。」

そして、大切な五つのこと。

あなたの気持ちを大切に!
1人じゃないことを忘れないで!
安全な場所を選ぶ
逃げ道を確保しておく
安全で支えてくれる人と連絡を取り合う


これは、ジェンダーの学習だけでなく、例えば、性暴力の被害だったり、虐待だったり、いじめだったり、人権侵害だったり、そんな目に遭っている人達すべてに共通すること、それよりもすべての大人になろうとする人達に必要なことであるとも思いました。

それから、ジエンダスケール、性のグラデーションについて、もう少しお話したいことがあるのですが、これは私が今注文しているこの本が届いてからにしますね。

 こんな勉強をすること、研修を受けることは私にとって大切な充電であり、さらに性教育をバージョンアップする源となります。城さんを初め、大切な仲間たちに感謝しています。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

男性合唱のためのレクイエム「碑」

昨日の夜、エリザベート音大のセシリアホールで行われた「被爆75周年 平和と希望のコンサートⅢ」に行きました。平和の夕べのスタッフと待ち合わせたのは、エリザベート音大の校舎に入った所のホール。私は、これまで外からしか見ていなかったのですが、中に入るととても美しい環境でした。中庭に向かって並べられた椅子。ちょうどクリスマスツリーもかざってありました。

Img_9554 Img_9555

セシリアホールも素晴らしい。正面には、ピアノだけでなく、パイプオルガンも設置されています。

Img_9556

パンフレットを戴きました。これには、とても大切な資料が満載でした。

Img_9568

何より、私は「Ⅲ」の意味が分かりませんでした。平和と希望のコンサートは、これまで2014年にニューヨークの国連本部で、2015年には国連合唱部を迎えて開催されたそうです。今回「被爆75周年」に「Ⅲ」を開催されるということでした。第一部が県内のいろいろな男性合唱団による「男性合唱団のためのレクイエム「碑」」でした。指揮をして下さったのは、何と40年前、広島メンネルコールの代表で、この曲の制作を依頼をされ、初演で指揮をされた山本定男さん。作詞も作曲も、そして、山本さんも広島二中の卒業生です。すでに89歳の山本さんの指揮、合唱は素晴らしく、最初から、始まってすぐから涙涙でした。(それにしても、89歳という高齢の方が45分も立ちっぱなしで指揮をされる、その大変さ、段に上がるのも、降りるのも大変だということを主催者は配慮しておかなければならなかったと思います。)

 改めて知ったことがあります。第6章「まさちゃん、お母さんよ」は、昨日書いた西村利信さんの弟さんのことでした。当時二中2年生西村さんの手記には、1年生正照さんを探し、瀕死の弟を連れて帰った様子が書かれています。歌詞は次のごとくです。

「朝から昼へ/昼から夜へ/燃えつきる広島の/道を母は走る/土手を走り/名を呼ぶ母/まさちゃん わかる/お母さんがきたのよ/助けにきたのよ/兄ちゃんもきたのよ/助けにきたのよ/家に帰ろうね/家に帰るのよ わかる」

これら、歌詞に出て来る人の碑に書かれた名前の写真もプログラムと共に配って戴きました。

Img_9570

第8章「全滅」これは、もうたまりません。こんなひどい目に遭った、まだ幼い中学1年生たち。

「渋江くんは/がん木の石段で/二日目の朝/涙の顔で/朝火をおがんで死んだ/手をとりあって/励ましあって/逃げた羽白君は/南くんと道ばたで/並んで息絶えた/お寺の救護所で/坪木くんはいじらしく/夢で親にあうから/いいよと/静かに息をひきとった/ほかの1年生たちは/家路の途中で/たどりついた家で/つぎつぎに死んだ/日がのぼり 落ち/五日目の朝/最後の一人が/桜美くんが死んだ/8月6日が彼の誕生日/13歳と5日を/せいいっぱい生きて/桜美くんは死んだ/父の歌う/好きな軍歌を/ききながら/父を見上げて死んだ/三百二十二の/広島二中の/1年生はみんな/原爆の中に死んだ」

よくもよくもこんなひどいことを!!いくら戦争中とは言え・・。

そういえば、パンフレットには、たくさんの方の挨拶が載っています。この中の広島県合唱連盟会長、今回のコンサートの実行委員長の谷千鶴子さんと、エリザベート音楽大学のの理事長・学長の川野裕二さんのお二人とも、「核兵器禁止条約が来年1月22日に発行する」ということに言及されています。でも、広島県知事も広島市長も全くこのことには触れていません・・。ああ。

この後、小学生、中学生、高校生たちのそれぞれの合唱、一般女性合唱団、一般混声合唱団の合唱があり、それから混声合唱のためのレクイエム「碑」英語版の最終章の合唱がありました。

それから、とてもうれしかったのは、毎年広島二中の後輩、県立広島観音高等学校音楽部OB会の「レクイエム碑」の合唱の指揮をされる益田遙先生も来られていたこと。全てが終わった後、先生は合唱をした人にも観客のたくさんの人にも囲まれていらっしゃいました。先生の温かさでしょうか。

素晴らしい合唱をして下さった方も、この会を準備して下さった方も、皆様、ほんとうにありがとうございました。それから、チケットを手配して下さった穂垣さん、おかげ様で素晴らしい時を過ごすことができました。ありがとうございました。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

平和と希望のコンサート・「レクイエム碑」

今日のことで、誠に申し訳ないのですが。本日11月28日(土)午後5時半から、エリザベート音楽大学セシリアホールにて、「平和と希望のコンサートⅢ」が開かれます。今年の6月に開かれる予定でしたが、新型コロナの影響で延期になったそうです。

Img044

ここでは、広島県の男性合唱団の方々により、レクイエム「碑」が歌われます。広島二中一年生、全滅の記録、その男声合唱と最後には、混声合唱で、レクイエム碑の最終章が初めて英語で披露されます。

行かなくては。毎年、広島二中の後輩、県立広島観音高等学校の音楽部OB会が、益田遙先生の指揮で合唱されます。それは、混声合唱です。男性合唱を聴くのは私は初めてです。

そして、今日、小野瑛子さんの炎のメモワールと、西村利信さんの「原爆体験記」を出演される男性合唱団の方々へ渡して下さいとことづけました。もっと早くに渡せればよかったのですが。

Img_1205 Photo_20201128012801

合唱曲「レクイエム碑」の第4章「川の中で」の、「浅瀬に取りつき石垣をよじのぼる生徒に/手を差し伸べる傷ついた先生/君は傷が軽い/頑張って家に帰るんだ/私はもう歩けない/だが君は元気だ/さあ握手して」との歌詞があります。それは、のちに生徒さんの証言から山本信雄先生だと分かりました。小野瑛子さんは、その山本先生の次女です。

あの歌詞の山本先生の遺児が千葉に住んでいらっしゃる、健在だとの情報がもたらされた時、私たちは驚き、そして喜びました。ぜひ来て頂こう。[8.6ヒロシマ平和の夕べ」で話して頂こうと。そして、連絡を取り付けて。2017年の平和の夕べに来て頂いたのです。

Img_1338 Img_1289

この時、肺がんで闘病中の小野さんは、懇親会の席でウィグを取られました。そのおぐしも素敵ですよと言うと、それからはそのままで、一緒に写真を撮って戴きました。

Photo_20201128011401

夫と長女を原爆で亡くしたお母様は、原爆の惨状を英文で書き、「Time」誌に送ったそうです。そしたら、GHQに見つかり没収。そしてひどく叱られたそうです。その英文の手記は、お母様が亡くなって遺品を整理していた時に瑛子さんが見つけられ、それを翻訳して、「炎のメモワール」として出版されました。その一部、原爆の惨状の部を別刷りして、私たちに寄付して下さったのです。

また、山本信雄先生の教え子の西村利信さんは、小野さんと同じ千葉在住でした。一年生の弟を亡くし、ご自分はやはり二中の二年生で、ひどい被爆をしながらも、生き延びられました。小野瑛子さんの炎のメモワールを朗読した方があり、それを聴いた方から教え子の方がいるとの情報が入りました。しかもその方、西村利信さんは、被爆後二年して千葉に転居、そこの高校で原爆の手記を書き、文学クラブの機関誌にそれを掲載されたのです。厳しいプレスコードをかいくぐるようにして残ったその手記が、小野瑛子さんと俳優の岡崎弥保さんのお二人の手で、改めて冊子として発行されました。書かれている原爆の惨状はそれは生々しく、あまりに過酷な状況でした。

それが発行されたのが2018年5月31日。そして、小野瑛子さんは、肺がんが悪化してその年の10月30日にお亡くなりになりました。そして。何とその翌日、10月31日に西村利信さんも亡くなったのです。

この二つの手記は、合唱をされる皆さんが読まれると、きっと歌われる上での思いもさらに違ってくるでしょう。そう思ってお渡ししたのですが。遅すぎると思いながら・・。今日、聴きに行きます。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

最近うれしいこと。

最近、新型コロナや、個人的にもあまりに暗いことばかりが続いて、憂鬱でしたが、く少しうれしいことがあって、それについて。

 まず、「桜を見る会」について、検察特捜部が捜査を始めているとの報道。やっと、とわくわくします。報道では、秘書が安倍事務所が前夜祭の補填を認めていると。ホテルは領収書も出しているけれど、それはどうも破棄されたらしいと。

 でも、とても気になること。「秘書が」認めている、安倍氏には、秘書が嘘をついていたと。あくまでも、安倍氏の責任ではなく、秘書の問題であると。これがとても気になります。代々、総理等の大物政治家の疑惑は秘書が責任を負わされ、中には、ある総理のように、疑惑の最中に秘書が自死してしまったことも。秘書が亡くなることでそれ以上の追及が総理に及ばなかったことがありました。

「秘書の責任」ですべてが終わるということにはならないでしょうか。それがとても心配。

「今さら」特捜部が捜査を始めたことが、菅政権がさせたこととの報道も見ます。確かに、安倍氏が再再度の当番を狙っているということも報道されています。それを阻みたい菅さんが・・。と。私は、それよりも、「検察庁長官」就任のあの動き。定年延長というあり得ない裏技?を使ってでも、お気に入りの東京検察庁長官を就任させたいという、当時はこれは、安倍氏の森友、加計、桜等数々の疑惑から守ろうとする動きだとも言われていました。それが、「文春」の思わぬスクープ「かけマージャン」により、頓挫しました。この週刊文春編集局長へのインタビュー、その努力、姿勢に脱帽です。

https://webronza.asahi.com/journalism/articles/2020111800006.html?page=1&s=04&fbclid=IwAR37VcpDGmY_YoddOWgSYNFB5hY2cqc21QbwtvUHvQfcuoy6sp3OX9Mp6uI

その官邸サイドの動きに対しての、検察の頑張り、誇りをかけて、との見方を私はしているのですが。もし、これが秘書だけの追及で終われば、やっぱりとがっかりすることになるのですが・・。これからしばらく目が離せません。

もう一つ、大変に愉快だったのは、「日本シリーズ」。巨人の4連敗です。これは、楽しかった!!です。おや?と思ったのは、「セリーグのために巨人がんばれ」という人がいたこと。私は、ソフトバンク頑張れ、巨人をとことんやっつけて!!と思っていたので。確かに、巨人はセリーグの覇者ですが、セリーグの「代表」ではないし。弱かったのは、巨人であって、セリーグすべてではない。

 私も、カープが日本シリーズに出た時に博多まで泊りがけで行って、観戦しましたよ。その時にも、柳田にやられて、サヨナラ負けして、くやしい思いをしました。ソフトバンクは確かに強い、それに比べてわがカープは、と、がっかりしました。監督の無策がとても悔しくて。キャッチャー甲斐の素晴らしい盗塁阻止、それにも関わらず、漫然と盗塁の指示を出し続けてと。それでも、カープは今年の巨人ほど無様な負け方はしていませんでした。以下の甲斐キャッチャーのインタビュー記事もとても面白いです。というより、素晴らしい!この人は、将来のソフトバンクの監督ですね。原監督は、今でもこの人には歯も立たないでしょう。4連敗も仕方がないことですね。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6377632?fbclid=IwAR0wIKVnfbqCP1_x8a1VxYZkA8We4Af6ZcDj8hdKrC7e_JyiB6D7RgkdEDA

素直にソフトバンク、おめでとう!!ですね。テレビを撮りました。私も拍手をしましたよ。

Photo_20201127074701

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

新しいアンデルセンでランチ

8月に本通りのアンデルセンがオープンしてしばらく経ちます。何回か行こうとしたものの、あまりに人が多くて入ることさえできず、この度初めてランチに行くことができました。被爆建物の一部を保存してあるとのことでしたが、どこがそうなのか、わかりませんでした。

Photo_20201126005101

二階のレストラン、ほとんど待つことなくすぐに席に案内されました。前のアンデルセンよりだいぶ狭くなったような気がします。

オープンキッチンになっています、席の人が映っているところはぼかしを入れています。。来ているのは、見事に女性ばかりでした。

1_20201126003401

メニューはアンデルセンホームページから戴きました。これらの全部があった?という感じがしますが。



3_20201126005101

姉と私二人とも、デリプレートを。前のようにスープランチがなくなって残念。何より、プレートに飲み物が別注文になっていて・・。紅茶をオーダーしたので、かなりお高くなってしまいます。

デリプレートにスペアリブがついているのが、うれしい。アンデルセンのスペアリブはサイコーです。

2_20201126003401

それから、紅茶がポットできたのもうれしい。二杯分入っています。でも、お砂糖は一つだけ。立って、お砂糖をもらいに行きました。それから。パンは以前の仮店舗だったら、かごにパンを入れて、「パンのお替りはいかがですか?」とまわってきてくださってましたが、今回は、かなり離れた所にお皿を持って、自分でもらいに行かないといけません。

でもいろいろあっても、久々のアンデルセンのランチ、とっても美味でした。スペアリブは最後は手に持って骨の傍までかじりました。そうそう、玉ねぎの焼いたのも美味です。パンはお替りにはいきませんでした。

会計は、一人1760円。この頃お昼はローソンのおにぎりかカップ麺か豚まんが主だったので、今回は贅沢をしました。でも、これではめったに行けません。たまの贅沢でした。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

「朝が来る」についての語り合いでした。

昨日は、「8.6ヒロシマ平和の夕べ」の合宿から帰った後、夜には白井千晶先生の主催で映画「朝が来る」を見ての語り合いがズームでありましたので、それ参加しました。

 自らが養子を育てている人、養子の当事者の方、支援している方等様々な人が集まって、それぞれの立場での思いを語り合いました。

 私は、以前ここで書いたようなことを話しました。あの映画の一番の問題点は、産んだ女性が幸せになっていないこと。先日、私のコーディネートで特別養子縁組の申請をし、子育てをしてる方は、実親と約束をしました。「絶対にあなたは幸せになって下さい。そして、将来この子があなたに会いたいと望んだ時には会ってあげて下さい。」と。

実親が幸せにならないと、養子、養親とも、幸せになれません。映画のように、子どもに会いに行ったりするようになるのだと思います。子どもが幸せに育ててもらっていると安心し続けること、それが立ち直りにもっとも必要なことだと思っています。

産んだ女性があんな映画のように転落していくのは、問題なのです。みんなが幸せになるために「特別養子縁組」があるのだと。勿論、みんな引きずってしんどいけれど、それを乗り越えて生きていくのですね。その立ち直りのための支援もしたいと思い、続けてきました。

あの映画の彼女はまわりの大人たちのサポートが全く得られませんでした。特に両親の。本当にかわいそうでした。

白井先生のフェイスブックから戴きました。ので、ぼかしを入れました。

Photo_20201124080401

皆様、ありがとうございました。いろいな立場の方のいろいろな意見を聞いて、勉強になりました。私は私の立場でもう少し頑張ります。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

神田山荘にて「8.6ヒロシマ平和の夕べ」の会議でした。

昨日、から今朝まで一泊で、被爆者保養施設神田山荘にて「8.6ヒロシマ平和の夕べ」のスタッフ会議をしました。牛田の神田山の上にある神田山荘。被爆者の保養の目的に作られましだか、今では一般に開放されています。きれいで広いお風呂やジムがあり、宿泊も日帰りもあります。

 私は、以前福島からの保養に来られた母子と共にここに宿泊したことがあります。以来、約10年ぶりです。変わらずきれいないい施設でした。

見晴らし。正面の少し左にある瀬戸内海の島は宮島です。

Img_9515

会議を済ませて(会議の写真は撮りませんでした)食事。ソーシャルディスタンスで。

Img_9509

Img_9504 Img_9505

会議では、それぞれが今年の会についてどうだったか、その反省を踏まえて、来年をどうしたいと思うか等を自由に語り合いました。この会をすることの意義、意味等の本質に迫る会話も。

今年は、コロナの心配もありながらでしたが、それは75周年ということもあり、換気が十分な会場が見つかったことで実行したものです。結果的には、皆さんに良く開いて頂きました、分かりやすくて良かったとか、言って頂きましたが。でも、思いのほか沢山の方が来られて、席も空けていたのが、段々埋まってしまって・・。心配された方もおありでした。消毒、検温だけでなく、一番気をつけたのは、窓を両側すべてしっかり開けること、大型の扇風機でガンガン空気を回したこと、結果、コロナの発症もなくってホントうに心底ほっとしました。

さて、来年はどうする?いろいろとアンや心配が出ましたが、やはり何とかやりたい。しかし、コロナの状況で中止になることはあり得て、でも、それは仕方がないこと。一応開催に向けて準備に入りましょうということにしました。いろいな方の候補も具体的に上がりました。

これから会にむけてがんばりましょう。

ご飯の後、一室で雑談。それも窓とドアを開けて。マスクをしながら。

Img_9512

部屋からの夜景です。

Img_9514

私が朝いちばんにお風呂に入った時にはどなたもいなくて、ずっと一人。露天は朝のピリリとした空気、熱めのお湯にのんびりしました。

朝ごはんも豪華。追加の会話をしながら。

Img_9516

気の置けない仲間と充実した楽しいひと時を過ごしました。皆様、そのうち、来年の8月6日についてご案内しますね。中止になったらその時はごめんなさい。

今から、昨日の議事録を作ります。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

益田市立鎌手小学校の1年生の感想文です。

益田市立鎌手小学校の子どもたちにお話に行って、その感想文が着々と届いています。今日は、1年生の感想文です。

実は、スライドに動画をたくさん入れてもっていったのですが。そのスライドを一枚目を映して、子どもたちが入って来るのを待っていました。そして、ふと気づきました。「鎌手」は「かまて」とひらがなにしていたのですが、「小学校」はどう?「市立」は?1年生は漢字を習っているのかしら?と心配になって、今年はコロナで学校に行けない時がずいぶんあったし。それで尋ねると、ほとんどまだ漢字は習っていないと。でも学校はわかるでしょうと。あわててスライドを平仮名に直しました。

1年生の皆さん、ちっちゃくてかわいいね。そんな子どもたちにわかるように・・気を付けて話ました。

全部で7人すべてです。何と、カラフルな感想文です。全て書いてあったのですが、何かご迷惑なことがあったらと思って、名前を消しています。

13_20201122105901 14_20201122105901 15_20201122105901 16_20201122105901 17_20201122105901 18_20201122105901 113 122

まあ、多くの子どもたちが、私に元気でいて下さいねとか、最後の子は「いのちとおからだをだいじにしてください。いまは、コロナウィルスがまだおさまっていないようなのできをつけてください」なんて、涙が出ましたよ。みんなみんなかわいくて優しくて。

皆さん、本当にありがとうございました。私も元気で頑張ります。みんなも楽しく学校で過ごしましょうね。先生方もありがとうございました。また、一枚ずつスキャンして送って下さった教頭先生、大変ありがとうございました。また、他の学年の感想もお知らせしますね。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

«高速道の動物の話など