河井案里氏の選挙違反について

昨日の中国新聞を見て、ああっ!!と。鳥肌が立ちました。ついに。やっとやっとと。

1_20200329100301

1面トップだけでなく、2面にも29面にも。でかでかと。

2面です。

2_20200329100401

 私は、うぐいす嬢に法定の倍もの報酬を払ったということで、秘書が逮捕、起訴された、それも百日裁判で検察は河井案里氏が連座制の適用で失職することを目指したということを報道されても、まだもやもやしておりました。

 それは、私たちは、案里氏が自ら県議にお金をもって行ったということを知っていたからです。中国新聞では、私が知っている人だけでなく、多くの県議にお金を配って歩いたと報道されました。そっちの方がうんと悪質で。それは追及しないのかとがっかりしていたのです。

 河井氏が安倍首相の覚えめでたく、「官邸がいろいろとやってくれているから、もうすぐ止まるから」と言っているということまで報道されると、やはりそうなのかと。桜を見る会や、森友や、伊藤詩織氏のことまで、本当に官邸筋が多くの犯罪を抑え込んでいる、それだけでなく、東京高検のトップの定年延長のごり押しで醜い答弁をさらしているし。検察は今や総理の言いなりになり下がっていると思っていました。

 でも、どうもこれでは終わらないらしい。お金をもらった県議たちに検察が事情を聴いていると。それも、事情を聴かれた県議たちは、その携帯を押収されたと。河井夫妻の携帯を押収する時は、強く抵抗して大変だったと報道されました。でも、河井夫妻だけでなく、県議たちの携帯も押収というからには。と、大いに期待されます。記事を読みながらドキドキしました。

私が知っている方の所には30万円持ってきたということですが、なかには50万の人もいたらしい。30万円を50人に配ったとしても、1500万円。官邸から河井陣営には1億5千万円のお金が出た(それも税金でしょ)そうだから、小さいものですね。これだけ堂々と買収が行われていたということに、ほんとうに驚きます。なめてかかっていたのでしょうか。何しろ、俺のバックには安倍氏がついていると。

 今朝のサンデーモーニングでは、青木さんが、東京では、あの人が検察のトップだから、桜や〇〇氏のことなどはできないと。でも、どこかでね検察はやっているという姿を見せなければならないからという風にも思われると言っていました。

 今の検察のトップが、官邸の、東京高検の黒川氏の定年延長、次期のトップにともくろんでいることに怒ってやらせているとか、いろいろと言われているけれど、確実に、しっかり一歩一歩頑張ってほしいと思います。だって、ほんとうにいろいろな悪行が伝わっている夫妻ですもの。本当は、そんな違反だらけの選挙選を行ったその元手は官邸からの1億5千万円、それを出した人の責任まで問うてほしいと思うけれど、それは無理でしょうね。

 同時にそんな人たちに投票をしてきた地元の人たちの責任も問われているということも自覚しなければ、ですね。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

ある警察官だった人の電話

昨日書いた私の投書について、あの事件の被害者の方が伊藤伊織さんにお手紙を書いていらっしゃることを知りました。友人の藍野さんがその手紙のことをフェイスブックに載せて下さいました。

https://courrier.jp/news/archives/142306/

「拝啓 伊藤詩織様 差出人は25年前の最も有名なレイプ事件の被害者」

という手紙です。この手紙には、何故6人がその加害者の家に行ったかということが克明に書かれています。それは、とても自然で、私だってあの様な状況で、あの様な会話があればついていたであろうと思いました。

でも、あまりに怖い経験をした彼女たちに浴びせられたのは、ひどい誹謗中傷でした。それにより、彼女たちは二度も三度も殺されました。まさに魂の殺人でした。 

 その手紙と、伊藤詩織さんのお返事から、回りの様々な「安全な所にいる人」が被害者を誹謗中傷し、さらには「弁護士の資格のある人」が、何よりもひどい言葉を浴びせていることも知りました。伊藤詩織さんに対しては、「国会議員」の女性たちがひどい中傷をしたことは知っています。その人たちのひどい言動が、「日本では女性が女性の被害者を中傷する」と世界中で非難されました。はい、男性だけでなく、女性までもが、被害者を攻撃するのですね。

 でもね、そうでない、被害者を心から支えたい、応援したいと思っている女性たちも、そして実は男性だって、少なくはないということも世の中に知らせたいなあとも思います。

 先日の、私へのインタビューが掲載された中国新聞「オピニオン」を読んだからと多くの方から連絡を頂きました。その中に懐かしい、かつて警察官だった方からの電話もありました。

 私はその方の携帯の番号を登録したままにしていました。おそらくその方もそうだったのでしょう。だから、直に電話を下さったのだと思います。もう何年も前に定年退職をされた方です。

 事件があると、「先生~」と私の携帯に連絡がありました。夜中でも、お休みの日でも。電話があると、即クリニックに駆け付けて被害者の診察をしていました。その実直な警察官を私は心から信頼していました。それは、ある高校生が被害に遭ったというか、補導といったほうがいいかもしれません。世の中では「彼女が軽率だった」と非難されそうなことでした。でも、彼は彼女に被害者として真摯に向き合いました。そして、「この子のことは、学校には知られないようににしないといけない。学校に知られると、彼女は切られるかもしれん。」と。そのことがあって、私は彼を信用するようになりました。転勤で管轄が変わるとその管轄での事件があると、やはり連絡があるというのが、ずっとずっと彼の定年まで続きました。

 新聞の記事の最後の私の「「いけんじゃろう」というのを読んで、あそこで私は涙が出ましてのう」と言って下さいました。

 今、女性のレイプの事件があると、どうも、警察や検察では、「事件性があるか」「有罪にできるか」が優先して考えられているように思われます。「これは事件の被害者だ」と私たちが思っても、「抗拒不能」すなわち「どれだけ抵抗したか」「あらがうことができない状況にあったか」ということが有罪の条件だからです。中には、「被害届けも受けません」ということすらあります。被害に遭った人は、それによりさらに傷つけられます。「門前払い」をされた被害者が、納得できないと、改めてワンストップの弁護士さんと共に申し出ると、実はその加害者は、それまでとんでもなくたくさんの事件を犯していたということが分かったということもありました。

 真摯に被害者の話を聞いてくださるという、そういう姿勢を持った昔ながらの実直な刑事さんとのやり取りが懐かしく、電話を頂いてとてもうれしかったのです。

 実は、その刑事さんに、私はとんでもなくご迷惑をおかけしたことがありました。私の大失敗なのですが、それは、女性のレイプ事件ではないので少しずれますので、また改めてめてその件のことをお話しますね。

今日の平和公園の桜です。だいぶ咲きました。この頃、毎日少し遠回りをして、桜を見ながら出勤しています。今日は小雨ですが、まだ花が散るほどの雨ではありません。ちょうど私たちのお花見の火曜日が満開になりそうです。

5_20200328190901 6_20200328190901
 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

古い投書から

もうずっと昔に亡くなった母が私の記事を切り抜きしていてくれてました。一冊は知っていたのですが、もう一冊。夫が、こんなのがあったと、父の古い本だなから見つけてくれました。

1_20200326102101

その中にこんな記事がありました。その昔、1993年ですから、27年前。イタリアに行った女子学生が、六人全員一人の男に強姦されたいう事件です。6人で男の家についていった所、日本刀や空手で脅されて、一人ずつ連れて行かれ、犯されたというものです。その事件が大きく報道されましたがその一つ、毎日新聞に記者の目という特集記事があり、それを読んだ私が怒って毎日新聞に投書したようです。それが採用されて紙面に出ていたのを母が切り抜いてくれていました。すっかり忘れていました。左側の切り抜きは、そのころNHKテレビで電話相談をしていた、その番組表でしょう。

2_20200326102101

当時私は45歳となっています。若いけれど、限られた字数でまっすぐに書いています。

転載しますね。

『なぜ被害者が責められるのか

 十八日の記者の目「ローマ・短大生レイプ事件」を読んで。
 
 レイプ事件は、これまでも常に、被害者である女性の側が、その落ち度を責められ続けてきた。レイプする男の問題でなく、された女の側の問題として。その面で、レイプは他の事件と異なっている。

 今回の不幸な事件も、この記者の視点は、そこから一歩も出ないものである。

 おそらく彼女たちは、ローマは治安の悪い所、個人行動は取らない、人に声をかけられてもついて行ってはいけないなど、十分に注意もされ、心がけていたと思う。

 この事件の異様さは、「一人の男が、六人の女性をレイプした」こと。六人一緒でも、レイプされうるというのは、彼女たちだけでなく我々にだって想像し難いことだ。

 彼は、空手と日本刀という武器を持った、あまりに凶悪な男であった。その彼をでなく、ただ被害者を責め、情け容赦なくムチ打つ論調に、彼女たちは、さらに傷つけられたことであろう。一刻も早い立ち直りを祈りたい。』

ああ、おんなじだ。あれから27年たっても、今だにこの国はちっとも変わらない。伊藤詩織さんに向けられた、ひどい誹謗中傷。それらを浴びながら、彼女はほんとうに歯を食いしばって訴え続けた。

もういい加減いいでしょう。変わらなければ。私たち大人が変わらなければ。性教育も刑法も変えて、被害者でなく加害者に責任を問う、そんな社会にしなければ。古い投書を読みながら、そんなことを考えました。
 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

10代の少女たちの性の相手の男性

昨日のブログ・フェイスブックには、いろいろといいねやコメント、シェアをありがとうございました。友人や昔の患者さんたちから電話もかかってきました。あらためてマスメディアの力を知りました。

その記事の中で言っているデータを少しだけ出しますね。もうさんざん言ってきたことですし、私の講演を聞いてくださった方には、ご承知のことですが。私のクリニックを開業して10年のデータで10代の受診者4537人のデータです。少女たちの性交経験の有無です。10代ですので19歳までです。

102

私は、若者の性というと、少女のことばかり言われるのが嫌です。相手を見なければというのが私の持論です。重大の女性の性の相手の男性のデータです。

101

内、妊娠が1109。

103

では、妊娠の相手は?圧倒的に社会人なのですね。

104  

私の発言は、このようなデータに基づいています。社会に出ると、誰も教えてくれません。自力でAVなんぞを観ることしか学べません。でも、AVはセックスの仕方を学ぶものではありません。避妊や性感染症の予防は出てきません。

だからこそ、学生のうちに。それも義務教育のうちに知らせたいのです。学生時代にどれだけのものを学び、どんな意識をもって社会に出ていくか。それが勝負だと思っているのです。学生のうちは、ただ、セックスはしてはいけませんとだけ教えよ、という今の文科省の方針は、こんな社会人を作るだけだと思っているのです。(本当は社会人だけでなく、高校まで全く性を学ばなかったエリート大学生たちも)それを昨日は、きちんと記事にも書いて頂いたので、うれしかったです。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

中国新聞「オピニオン」

私が出すのも少し恥ずかしい気がするけれど。とてもいい記事を書いてくださったので。写真は見ないことにして!!

書いてくださったのは、論説委員の佐田尾さん。先日、広島市女性団体連絡会議主催の2020男女共同参画セミナー『子どもたちに伝えたい性の話&「性被害ワンストップセンター」の役割』の講演を聞きに来てくださいました。話をしながら、えらく熱心にメモを取りながら聞いてくださっている紳士がいるなあと思っていました。話の後でその方から名刺を頂き、そして改めて取材をということでした。佐田尾さんは、広島市の男女参画委員でいらっしゃるそうです。

 とてもしっかり取材して下さり、いい記事を書いて頂きました。読んで下さればうれしいです。(それにしても、私、まあるいなあ。娘からは、かわいいじゃん、髪がちょっと残念だけどと言ってきました。)



Photo_20200325095601

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (2)

お花見の予測です。

私のクリニックでは、毎年お昼休みに平和公園でお花見をします。今年はいつにしようか、桜の開花が近づくにつれて、いつが一番いいか見極めます。暖かな陽が当たって、桜が満開の日を予測して、お弁当をお願いします。今年は30回目のお花見。これまで、外れてしまって雨が降りそうだったのは、一回だけです。昔は、父や娘も平和公園にきて一緒にお弁当を食べた時もありました。今はスタッフ8人でひっそりと食事をします。

 昔は、朝いちばんに敷物を持って行って、事務職の人が座って席取りをしていました。今では、それほどでもなく、その時に敷物を持っていっても、一応花の下に座ることができます。

今年は、東京ではお花見は歩いて観るだけにして、みたいになことを都知事が言っていましたが。広島ではそんなことは聞きません。

 今朝の出勤途中の平和公園の桜です。

4_20200324142701

ほんの少しだけ一分咲きという所でしょうか。

これが、一気にわあっと咲いて、みるみるうちに満開になります。今日、お弁当やさんに電話をして、お願いしました。予測は、来週の火曜日です。さて、どうなるでしょう。今年も「大当たり」になるでしようか。満開をちょっと過ぎて、はらはらと花ビラがお弁当に入ってくるような、そうなればいいなあ。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

「8.6ヒロシマ平和の夕べ」実行委員会でした。

昨日は、今年の「8.6ヒロシマ平和の夕べ」の実行委員会でした。今年は被爆75周年。あちらこちらから集まって来ますので、新型コロナの心配もあって、さて、どうしようと話もしましたが、この会は10数名の集まりでもあり、今後のスケジュールもあって、決行としました。

集まった12人。会場は事前に換気し、テーブル、椅子は次亜塩素酸スプレーで消毒して開催です。

861

今年の講演をお願いしている方たちの反応もとてもよく、メニューはスムーズに決まりました。75周年にふさわしく。あとはフライヤーのデザインについての論議をしました。和気あいあいと楽しく。

 これから予定通りのスケジュールで運びますが、さて。オリンピックも開催されるか否か不明な今、8月6日がどんな状況になるのか、心配ではあります。YMCAのホールは地下で、窓はなく。換気扇を精一杯回しながらの開催となるのでしょう。ただ、準備だけは怠りなくしておこうということです。

 会議は淡々と終わりました。場所を移して、お花見のお弁当を食べました。川沿いで桜を観ながらのつもりでしたが、雨が時々降って寒いし、桜はまだ全然咲いていなくて。室内でのお花見です。

862

千鳥のお花見弁当です。

863

この方が、話が近くて楽しく過ごせました。話題はやはり今の安倍政権。関西の自殺された財務省職員の遺書の公開でどうなるか。本当に嘘だらけの今の政権を早く何とかしなければ、この日本がどんどん貧しい国になってしまいます。

河井夫妻については、検察はやる気だけど、さて、秘書の逮捕起訴だけでなく、河合夫妻、さらにその上に行けるだろうか。そんな話を目いっぱいしました。

 ところで、その会のまどから外を見てると、とても不思議な光景がありました。こんな駐車場、どうやって車を出すのでしょうと。真ん中あたりには、パトカーもいるし。うーん。フェリーのように前から順々に出していくのでしょうが。

864

想いが通じ合う楽しい仲間たちとの久しぶりの会でした。そのうち皆様に今年の8.6ヒロシマ平和の夕べについて、お話しますね。

ところで、そのコロナですが。思いがけない所での発生があって。大分の医療センター、私の兄が治療を受けている所です。25日にもオプジーボの点滴をするのですが、先生からとりあえず一週間延期をと連絡がきたと。もしも兄に感染すると、これはほんとうに命取りになるでしょう。医療従事者の感染は、たちまち様々な病の方たちに影響を与えてしまいます。気を付けなければ。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

ウッドワン美術館でのお楽しみ

ウッドワン美術館はめがひらスキー場と隣り合っています。というか、同じ経営ですね。で、そこのレストランに行きました。スキー客用に作ってあるのでしょう、とても大きなレストランですが、スキーシーズンも終わり、人が入っているのかと心配でした。が、そこそこ客もいて、安心しました。私は、吉和牛のステーキ定食を頂きました。姉はステーキ丼。ミネストローネのスープとお味噌汁は好きなだけ。

7_20200321001701

ステーキがとてもおいしいのですが、多すぎて三切れほどもって帰りました。これで1500円です。レストランからの眺めです。

4_20200321001801

すべての展示を見て回った後で、今度は「カフェマイセン」に行きました。マイセンの食器がたっくさん展示してありました。眺めて回るだけでも、すごいひと時でした。写真もO.K.と。

12_20200321001901 13_20200321001901 14_20200321001901 15_20200321001901

頂いたのは、これ。この日からはじまったという「春のきらきらスィーツセット」。素敵な器でアールグレイの紅茶のシフォンケーキやイチゴの練乳アイスやきらきらゼリーのミニポンチなど。かーわいく、おいしく。

11_20200321001801

こんなお楽しみがウッドワン美術館にはあるのですね。

そして、売店でこんなものを買いました。

19_20200321002001

上村松園の一筆箋や猫のばんそうこうや、手ぬぐいや、ハンカチ等。そしてnancyさんのお弁当の缶バッジは、「ジョンレモン」「麗子」「まつこデラックス」など。

とてもいいひと時を過ごした後、帰りは廿日市に出て、途中「スパ羅漢」へ。

22_20200321002001 21_20200321002001

ここでは、こんな物を買いました。ミカンは袋詰め放題で350円。一杯詰めたつもりが、もっと入る、もう一個もって来んさんと言われて、計8個。フキノトウがうれしいし。吉和のワサビも。家のがすっかりくたびれているので、ヒノキのまな板も買いました。いい香りです。

20_20200321002001


この後、このいいお天気で少しは咲いたかもしれんと、神原の枝垂れ桜を観に行きましたが、まださっぱりでした。こうして、半日ですが、姉といい休日をすごすことができました。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

ウッドワン美術館へ。

昨日は、姉を誘って吉和に行きました。はい、「ウッドワン美術館」です。もう、広島の人にはすっかりおなじみのnancyさんの。

6_20200321001701

観るためです。広島から西風新都から高速に乗って中国道経由で一時間でつきましたよ。まだあちこちに雪が残り、でも、梅と桜も咲いていました。ものすごくいいお天気。車には冷房が必要でした。

2_20200321001601 1_20200321001501 8_20200321001601

ウッドワン美術館は二度目です。ずっと以前、仏像と上村松園のたくさんの絵を観た覚えがあります。ここでnancyさんが個展をするなんて!!

で、結果、ほんとうに行ってよかったと心から思えました。皆さん、ぜひ行ったほうがいいとおすすめしますよ。だって。nancyさんのお弁当展はまた改めて見ると、とても楽しくて、素敵。でも、その上に。今はシャガール展でたくさんのシャガールの絵、マイセン展でたくさんのマイセンの磁器、お人形等と、ガレのランプ、それに上村松園の絵等も信じられないほど見られるのです。まったく、ここ、ウッドワン美術館のコレクションはすごいです。

では。入口。

10_20200321001601 9_20200321001601 3_20200321001601

当然ですが、シャガールやマイセンやガレ、上村松園等、写真撮影は禁止です。でも、nancyさんのは大丈夫。

17_20200321001901 18_20200321002001

一つ一つの解説も楽しくて。階段を上がれない人のために、アルバムがおいてありました。そのページ、私の好きな「アインシュタイン寿司弁当」「高橋真琴のお姫様」それに、怖ーい「能面弁当」と、あれれ?本の表紙と同じ弁当と面白いのが載っているページを開いてパチリ。

16_20200321001901

改めて、nancyさん、すごいなあ。まだまだお楽しみがありましたので、また明日ご報告しますね。ぜひこの連休にお時間がある方は行ってみてくださいませ。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

高齢者の免許更新しました。

昨日は、運転免許の更新に行きました。更新する前に「高齢者講習」を受けました。

何をするのだろうと、少し緊張して行って。行って即、アッ、しまった!!と思ったのが。マスクを忘れました。入口にマスクをしてくださいとの看板が立っています。売店に行ったって、売ってないし。来ている人、皆さんマスクをしています。考えて。バックに少しおきいハンカチがあります。売店で、輪ゴム売ってませんか?ハンカチでマスクを作りますというと、売るのではなく、太目の輪ゴムを4本下さいました。それでマスクを作り(ネットで作り方を見て覚えていました)ピンクのマスクで参加です。

高齢者講習、楽しかったです。何より、私、日ごろ若い人たちばかりと診療や性教育やワンストップ等をしているので。でも、昨日のような人ばかりとご一緒すると、いやでも自分が年寄りなのだと思い知らされて。受講者は13人。それに何人もの方がお世話をしてくださいます。座学も、目の検査も、実習もたくさんの先生たち、多分、警察官だった方たちでしょう、とても親切に対応して下さいましたよ。目の検査なんて、説明がわからない人がいるし。そんな人には、丁寧に丁寧に繰り返し教えて下さいます。いったん提出した免許証を返してもらったのに、「私は返してもらっていない」と主張する人もいました。先生は、いえ、返しましたよ。みんな返してもらいましたよね。みんなに返して、あなただけ返さないということはあり得ないと言われます。私、そこの机の上でハンドバッグの中を全部出して探してごらんなさいと言いました。そしたら、アッ!ありました、すみませんでしたと。みんな大笑いしました。

運転適性検査(目の検査)は、視力と動体視力と視野と夜間視力の検査です。どれもゲーム感覚で、楽しくできます。心配だった夜間視力も私は極めて優秀と。動体視力、若い人より少し下がっていてちょっと残念。特に右折の時等に気を付けないと。元カープの選手なんて、すごく優秀だったそうです。視野も問題なしでした。

運転は、二人か三人ずつ一人の先生について、運転します。広いコースを一人約20分。結構な距離です。免許センターにこんなコースがあるとは知りませんでした。トラックの試験を受けている人もいて。「試験中」という札をつけて走っています。そんな時には、先生が「あの人は試験中で生活が懸かっているのだから、邪魔をしないように」と優しいことを言われました。私たちの車には「講習中」という札がついています。それと、高齢者マーク。

1_20200320091501

私は、日ごろの車とウィンカーとワイパーが左右反対なので気を付けました。それと、車庫入れが一度でできず、切り返しをしなければならなくって残念。でも、あとでの先生の注意は、よく運転できていますと。ただ、左折の時にしっかり左に寄って下さいと。少し右に出るくせがあるそうで。確かに。左の縁石に乗り上げたらと思って右に振って左に曲がる癖がありましたね。もう一つ、カーブの時に車線をはみ出すことがありますので気を付けてと。でも、全体としては、よく運転できていますと言って下さいました。

結構疲れましたが、とにかく終わって、これを頂きました。

3_20200320100301

この後、一気に免許証の更新もしました。私は、ずっとゴールドだったのに、あるクリニックに患者さんをお連れする時に、路上に駐車して駐車違反をしたのでこれでゴールドでなくなりました。残念。次は75歳になるので、今度は認知症の検査も入るのですね。それでもまだ運転するかどうかわからないですが。

皆様お世話になりました。45年前に免許を取った時の先生は怖かった印象がありますが、今回はとてもやさしく穏やかで親切な先生たちばかりで助かりました。お年寄りには親切にしましょう!と改めて思いましたよ。(私も年寄りなのに?)

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

«お寿司やさんもガラガラでした・・。