なぎさ中学・高等学校の中三生に話をしました。

昨日は、鶴学園広島なぎさ中学・高等学校の中学三年生、213人に話しに行きました。佐伯区にある私立の共学校です。

2


昨年は、中学三年生と高校一年生に話に行きました。今年は、中三生です。リピートで呼んで頂くのはうれしいですね。

校門を入った所には、このような「教育は愛」という石碑があります。校祖の鶴虎太郎先生は、クリスチャンなのですね。


2_2

行った時、三階の会場のそばから見ると、校庭一杯にサッカーやバスケやドッチボール等で遊ぶ姿が見えました。向こうには海が見えます。

3


中学生ですが、将来に向けて、今知っておいてほしいことを目いっぱい話させていただきました。生徒さんたち、よく聞いてくれてありがとう。


今度の日曜日は、茨城で県の医師会主催の講演です。明日夜から出発します。来週の木曜日は宝塚、その次の木曜日は大阪の、いずれも中学生に話しに行きます。様々なことに興味が一杯の中学生に話ができる事、とてもありがたいですね。頑張りましょう。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10代の少女たちのデータから見えること。

前回の、当院開業以来10年間の10代受診者の統計は、それはものすごいデータでした。今回は、一年のみですので、こじんまりとしています。私、これからコツコツ、今からさかのぼること10年のデータをとって、以前のデータとの比較をしようかとも、密かに考えています。そしたら、社会の流れも見えるだろうし、何より性教育の課題が浮き彫りになるのでは、と。でも、それをするには、また一年間、とてもしんどい思いをしなければならないし・・・と。

前回の統計との比較にならないかもしれませんが。

10代の受診者の性交の有無。実は、最近、母親同伴で来る人がとても多くて、性交の有無が聞きにくいのです。中には、それを聞いただけで親が怒る場合もあります。

106

では、性交の相手は?以前は男性は社会人が圧倒的だったのですが、やはり今回もその傾向は変わりません。

107

社会に出ると、もう誰も教えてくれません。学生の間にどれだけの知識を得て、どういう意識を持って社会に出るか、これがとても大切だと。学生の間は、ただただセックスをしないように教えろという、それでは、全く性を学ばない大人が出てくるだけなのですね。

今回、それがほぼ変わらないままというのが分かりました。それを知りたくて統計をとったのですが。

これらの数字の陰に、出産しなければならなくなって初めて受診、赤ちゃんは私の世話で特別養子縁組をした少女、性暴力の被害に遭って、ひどく傷着いてしまった少女、性同一性障がいで苦しんでいる10代の人たちなど、一人一人の姿が隠れています。私の仕事は、その一人一人にしっかりと丁寧に向き合い続ける事です。

今日、私は広島の中学三年生の話しに行きます。これから、暫くあちこちに話しに行きます。少し余裕があった今、この統計作業ができて良かったと思っています。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10代の女性たちのデータ作りが終わりました。

一か月余りかかったデータ作りが終わりました。24日に茨城県水戸市で講演をします。そのためでもありました。やっとスライドづくりも終えて、配布資料として送りました。これで講演できます。

102


私は開業医であって、大学や大病院の研究者ではありません。私のお話は、やはりそれぞれの患者さんによって、どのような支援をしてきたか、それが中心になります。が、基礎的なデータは必要です。これまで開業以来10年間のデータを使ってきましたが、あまりにデータが古くなりましたので。でも、以前一年間かけて取ったデータ取り、それを繰り返すのは、もう不可能です。で、とりあえず一年間だけのデータを取ってみました。これだけでも、大変でした・・・。


様々な資料ができましたが、・・・。一部、診断名だけ。来院時10代の受診者の、あくまでも10代の内のデータです。


101


103


104


これらと、以前の10年間のデータとの比較等をまたお話しますね。特に、10代の少女たちの性と妊娠、相手の男性のこと等について、以前と同じようなデータが出ましたので。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

牡蠣を食べる会で、牡蠣づくし、あなごづくし。

17日の日曜日、江田島の「ひらの」で恒例の牡蠣を食べる会でした。

中学生から80代までの17人の不思議な集団。手前が入り切らなくて。写っていない人、ごめんなさい。

17

みんな大いに食べて飲んで、おしゃべりして。ひらのの裏は美しい海。おしゃべりにのぼせると、そっと抜けては、何度も海を見に行きました。

2

浮かんでいるのは、牡蠣いかだです。

お料理は、牡蠣とアナゴ尽くし。刺身定食、蒸し牡蠣、牡蠣の西京漬け、カキフライ、アナゴの刺身、アナゴの天ぷら、アナゴの皮、海鮮巻・・・。

水槽のオコゼがかわいい。前回はオコゼのから揚げを食べましたが、この表情を見ると、注文できませんでした。

15

6
5
8
7
9
10
11
12_2
まあ、皆さん、よく食べましたしよく飲みました。 そり以上によくおしゃべりしました。

帰りの船の中から、キラキラ、キラキラ。もう少しで夕陽に染まる海が見られたのでしょう、少し残念。

1

皆様、お疲れさまでした。山下さん、お世話をありがとうございました。ひらのの皆様、ありがとうございました。お騒がせしました。おいしかったです!!



『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

被爆証言と医学的解説シリーズ第一回の続きです。

寺前さんは、負傷した体を疎開先の五日市に横たえます。顔の傷で、左目は見えなくなっていました。向いに五日市観音小学校があり、そこでは毎日毎日亡くなった方を火葬する煙が昇っていたと。やがて病が癒えて、それまで誰に聞いても答えてくれなかった自分の怪我を、鏡を見て知ります。お化けのようになった顔にショックを受けます。

その内、学校で授業が再開。勉強が出きることに大きな喜びで通学しました。多くの学校の一年生たち、自分の妹も、入学しても勉強の一つもせず、戦争に動員され、そして原爆で焼かれて死んでいった。その妹のためにも頑張ろうと思ったと。

顔を焼かれた生徒は、自分の学校には数名しかいなかったと。みんな死んでしまったから。でも、他の多くの学校には、顔全部を焼かれた生徒が沢山いたと。自分の怪我は、その人達よりは、と慰めていたと。医師が本当にいなかったのですが、やっとドクターに出会い、そこで何回も手術を受けて、今の顔になったと言われました。

その寺前さんは、戦争のために動員され、死んで行った動員学徒の遺族の会を作ろうと奔走されます。何度も東京に行き、陳情したと、。そして、昭和32年、広島県動員学徒犠牲者の会を作り、その年の8月6日に第一回の「原爆追悼式」を開催されました。彼女は、初代の会長です。

さらに、寄付等を集め、今の原爆ドームの脇に、「動員学徒慰霊塔」を作られます。

5


ほんとうに被爆者の方たちの粘り強い運動には、聞いていて頭が下がります。どんなにかご苦労だったことでしょう。

そして。鎌田先生のお話がまた、ものすごいものでした。

近距離被爆者の健康調査。寺前さんの血液の細胞の染色体異常率は38.2%にも。その染色体の写真も出され、(私も染色体の研究室にいたので分かりますが)息を飲みました。


そして、寺前さんは、爆心地から540メートルで被爆。その推定被曝線量は3.8シーベルト。


昭和20年 左眼外傷失明・顔面熱傷瘢痕、右側上腕・前腕熱傷瘢痕
昭和63年子宮体癌手術(57歳)
平成3年 左乳癌手術(66歳)
平成11年 脳腫瘍(髄膜腫・目のすぐ後ろ)(69歳)
平成14年 甲状腺癌(72歳)

このような病を克服して、今も生き抜き、私たちに貴重なお話をして下さいました。そして、とてもうれしいこと。30歳で結婚し、悩んだ挙句元気な男の子を出産したと。そして、その子が大きな支えとなってくれていると。これは、とても勇気づけられるお話でした。


私は、鎌田先生は、近距離被爆者の健康調査をしていらっしゃるのだから、きっと二世の染色体検査をしていらっしゃるだろうと思うのです。そのお話を聴きたかったなあと。でも、途中で帰らざるを得なくって、質問できませんでした。最後まで居た友人に聞くと、染色体ではありませんが、それと似たような質問が出たと。そして、二世に影響はないとは言えないと言われたと。

鎌田先生は、二世の白血病のり患率が高いという発表もなさっています。この4回のシリーズ、聞き続けたいのです。私は、診療との兼ね合いがとても難しいのですが・・・。

でも、今回聞けただけでも、とても有意義でした。証言をして下さった寺前妙子様、鎌田七男先生、そして、企画して下さった皆様に感謝いたします。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

被爆証言と医学的解説シリーズ全4回、第一回

昨日の午後は、またまた行きたい会が二つ重なってしまって。われらが城さんと北仲さんの二人のコラボ。

Photo
それと、この被爆証言の会。

1
午前中の診療を終えて、三時の午後の診療までどっちに参加するか、 迷いに迷って。結局、被爆証言の会に参加しました。お昼も食べず、自転車をすっ飛ばして間に合いました。平和記念資料館地下の メモリアルホールはいっぱいの人。会は、写真撮影禁止。残念。会が始まる前に一枚撮らせていただきました。

2

爆心地から540メートルで被爆した少女。寺前妙子さんのお話と、医学的解説を鎌田先生が話すという、とっても画期的な講演会です。

鎌田先生は、爆心地から500メートル以内の被爆生存者78人の健康調査に取り組まれました。寺前さんは、当時進徳女子学園の三年生。学徒動員で袋町の電話局で働いていました。被爆で建物の下敷きになり、何とか這い出して、二階から飛びおります。顔の怪我で左目を失いました。燃え盛る火に追われるように逃げ、先生の助けを得て川を泳いで渡り、比治山に逃げます。そこで、重傷者という事で、兵隊さんに金輪島に連れていかれたと。一週間、人が段々少なくなった所にお父様が迎えに来て下さったと。その時に、県立第一高女の一年生の妹は、全身を焼かれ、己斐小学校まで何とか逃げついて、そこで亡くなったことを知りました。

その寺前さんの医学的検証を鎌田先生がなされたのです。これも、まるで偶然のようなきっかけでした。ある近距離被爆者の方と話をしていて、学徒動員で電話局で働いていたと。そこは爆心地から約500メートル。先生は進徳学園を訪れます。ひと月後、名簿があったと連絡がありました。死亡した生徒の名簿。重症者の名簿。その中に寺前さんの名前がありました。

電話局からも名簿を出してもらって、それを照らし合わせます。亡くなったのは60人。その人たちの亡くなった日にちも一人一人確かめ、その一欄もスライドで出されました。そこで、30人の生徒が生き残っていることが分かりました。その30人の内、28人の居場所を突き止め、彼女たちの健康調査をされました。寺前さんもその一人です。

このような、地道な研究が今も続けられているのですね。それは、感動でもありました。被爆者の染色体の分析も。

まだ沢山お話したいことがあります。
明日に続きますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医師会ブロック会で。

昨日の夜は、広島朝鮮学校では一人芝居「チマチョゴリ」があったし、ハチドリ舎では映画「女を修理する男」の上映会があったし。どちらもとても行きたくて。でも、医師会のブロック会と重なりました。このブロック会は毎回参加したい会なのです。参加の申し込みもしていたし、で、結局そこに参加しました。

今回は、リーガの32階のいつもし違って、北側の部屋。広島城のライティングが見えました。いろいろと変化するのをしばし見とれました。

2

会は、会員と同伴の方。

1_2 

中区医師会長の正岡先生によると、広島市中区の医師会員はなんと1010人もだそうです。広島市の医師会員の4割だと。経営も激戦区ですね。このブロックは、皆さん温厚で、楽しい会です。


他の科のドクターたちの話を聴く貴重な機会でもあります。一番長老の高橋先生からは、被爆直後の中区の紙屋町、八丁堀界隈のお話をしていただきました。貴重なお話、何かに残しておいていただきたいと思いました。肥満学会の専門医の受験をしたというドクターの話では、肥満は、世界中の問題ではあるのですが、日本の若い女性が一番理想的な体型なのだそうです。私から見ると、日本の若い女性の、特に妊婦の食生活の貧しさがとても気になるのですが。


医療のIT化の話も、乳がんの話も、それから婦人科の藤井先生の子宮頸がんのレイザー治療のお話も、どれも興味深く、勉強になりました。


食事は、そろそろマンネリかな?以前は会場が異なったり、和食だったり、中華だったり、カープに行ったり、いろいろと異なっていたのですが・・・。゛でも、楽しいひと時をありがとうございました。

3
4
5
6
7    

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少女の虐待死についての声明

野田市の小学4年生の虐待死。またまた、子どもの命が・・・。どんな思いで亡くなって行ったのか、それを考えると、胸が痛くて。私だけでなく、全ての人が胸を痛めていることでしょう。

あんなひどい虐待が行われているのに、その命を助けられなかった、それに、ここに来て母親まで逮捕されるていう事態に違うでしょう!!でした。

子どもの命がけのアンケートのコピーを父親に渡した教育委員会の対応がひどい・児相がなぜ一時保護を解いたのか・学校は、長期欠席していても、家庭訪問はしないのか、など、いろいろと言われます。私は、それはそれぞれそうだけれど、個々の問題だけではない。それらの責任は問わなければならないけれど、それだけではないと思います。

全てをひっくるめて、この社会が人の命を大切にしていない、現場では、人の命を大切にするだけの余裕もない、そんな政治が行われていることに、絶望観さえ抱きます。

昨秋、札幌であったシェルターネット全国大会に私も参加しました。その NPO全国女性シェルターネットが声明文を発表しましたので、それを転載させていただきます。

千葉県野田市DV・虐待事件についての声明                         2018年2 月13 日                 特定非営利活動法人全国女性シェルターネット


全国女性シェルターネットは、1998 年、サポートシェルター等の運営を活動の柱と する DV 被害当事者の支援に関わる民間団体の全国ネットワークとして設立されまし た。現在67団体がネットワークをつないでいます。団体設立当初より、年1回の全国 シンポジウムを開催し、 「配偶者からの暴力の防止および被害者の保護等に関する法律」 の制定および3次にわたる法改正と関連諸法の運用改善に取り組んでまいりました。  女性と子どもに対するあらゆる暴力の根絶を目指す立場から、千葉県野田市の少女が虐 待死させられた事件について、以下の通り表明いたします。

一、この事件は典型的なDV犯罪です。   DVという暴力支配のある家庭では、直接・間接を問わず、家族の構成員すべてが暴
力支配にさらされます。とくに、子どもの被害影響には深刻なものがあります。 「DV
家庭には虐待あり、虐待の陰にはDVあり」。DVと虐待をひとつながりのものととら え、女性と子どもを連動して守る支援システムが必要です。

一、DV被害の渦中にある当事者が、どのような心身の状況にあるかを理解する必要があ ります。   DV被害は、別居や離婚など、支配の関係が変化するときに、最も過酷で危険な状況
になることが知られています。容疑者と妻は、一度離婚した後、再婚しています。以前
にも増して、DV支配が過酷になっていたことが容易に推察されます。DV加害者は、
妻が最も大切にする子どもを痛めつけることで、支配と拘束を強めていきます。こうし て、妻は子どもの虐待を止めるどころか、加害者の手足となって子どもを監視せざるを 得ない状況におかれるのです。 母親なのだから命に代えても子どもを守るべきだという神話は通用しません。暴力支 配下にある母親が子どもを守ることは至難の業なのです。

一、糸満市、野田市の関係機関は、DV虐待事案としての緊急対応を含む連携をとるべき でした。   糸満市と野田市双方の関係機関、学校、教育委員会、児童相談所、警察、市役所、医
療機関等は、DV被害に気がついていたにも関わらず、それぞれの立場からばらばらの
対応をしたことによって、母親と子ども双方の支援を実現することができませんでし
た。連携の欠如が、子どもの命を奪ったのです。これらの機関が、必死に助けを求める
子どもや女性の声を封じてしまいました。その責任は重大です。暴力の現場から、ま
ず、被害当事者を安全な場所に保護することが何をさておいても命を守るための優先課 題です。 親族からの訴えがあったとき、糸満市はDV被害者としての母親に対して、迅速に支 援を開始すべきでした。同時に、子どもたちの安全を確保すべきだったのです。 国は、DV虐待事案への連携対応マニュアルを作成し、周知・徹底するとともに、継 続的な職員研修を実施する義務があります。

一、 少女の母親は、まず、保護されるべきDV被害当事者であり、決して逮捕されるべき 容疑者などではありません。加害者による全人格的な支配の下で服従するしかなかった 被害者が、一方的に批難されることがあってはなりません。

一、 私たちは、今こそ国が、DV・虐待の根絶に向けて、DVと虐待を一体のものとして 対応する支援システムの整備と、DV防止法の改正を含む抜本的な制度改善への着手を 強く求めます。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文化座「三婆」を観ました。

大分経ってしまいましたが、2月5日の火曜日、広島市民劇場の例会に行きました。市民劇場の私のは、観音高校演劇部OB会の國本さんが世話役で、いつもチケット等を手配して下さいます。全くおんぶにだっこです。この度はOB会の5人が並んで観劇しました。私は、診療を終えて、アステールまで自転車で急げ急げ。

今回は、劇団文化座の「三婆」。有吉佐和子さん原作、脚色小幡欣治さん。

まだ始まる前、上演中の撮影は禁止でしょうが、前なので、失礼して。

1

舞台は、何と回り舞台になっています。アステールの大ホールは、回り舞台ではないのだけれど、これは劇団の装置が作った物でしょう。機械で音もなくするすると回り、舞台転換が全く時間なくできて、お話が全然途切れません。

可愛いかった佐々木愛さん、初めて見たのは、昔。当時まだ市民劇場を労演と言っていた頃の山代巴さん原作の「荷車の歌」だったと思います。その佐々木愛さんももう75歳。三婆を演じるのに、ぴったりの実年齢になられたけれど、でも、とってもかわいいお婆さんでした。声にも張りがあり、円熟した演技、楽しく、でも深刻に観ましたよ。

戴いたバンフレット「広島市民劇場」から。

2

3

三人の婆が繰り広げる、喜劇ではあっても、身につまされる話。劇が済んで、ふと、でもこれ、私たちの年齢よね、と言い合って笑いました。笑い事ではないわね。

フェイブックで、「あなたは何歳で亡くなるでしょう」というのに、沢山の質問に答えてみると、何と、私は後三年で死ぬのだと。まあ、どうしましょう。三年しかないのね。だったら、私、もう、やりたいことをやらなければ。何が一番したいかというと、ぜったいに今の仕事ではないのですね。でも、やめると言っても・・・。

そんなことを観劇後うつうつと考えました!!!

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シジャンの晩御飯、メルパルクのランチ。

ここしばらく、ランチはカップ麺とか、肉まんとか、中華そばミニとかで過ごしていました。昨日、久々にちゃんとしたお昼ご飯を食べましょうと、姉とそごうの隣のメルパルク、二階の「アストラル」へ行きました。

姉はお決まりの彩ランチ。

Photo

私は、初めてなのですが、「花小町」。にゅう麺と海鮮チラシ寿司とキノコの天ぷらと茶碗蒸しです。

4

私、にゅう麺が好きなのですが。このお出汁があまりに塩っ辛くて。私の味がおかしいのかと思って、姉にお出汁を飲んでもらいました。やっぱり、これは辛すぎる!!とびっくりして言いました。周りでは、高齢の女性たちが同じメニューを頼んでいらっしゃいましたが。そもそもここは年配の方が多い所。味付けに気を付けた方がいいですね。これからは、彩ランチにします。

その前夜、夫は原水禁の大会に出かけましたが、私はどこに出かけるでもなく、家にこもりっきり。せっかくに二連休が終わる!ので夫に頼んで、食事に出かけました。パセーラのシジャン。

Photo_3

私は、ダッカルビチーズ石焼ビビンバとミニスンブドチゲのセット。夫は牡蠣のチゲ定食。久しぶりの韓国料理。おいしくて、二人とも完食です。

4_2

でも、翌日、おなかが…。唐辛子に弱くなりました。今度韓国に行くまでに鍛えなくっては、です。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«コスタリカの奇跡・市長選、参議院選。