恥ずかしながら、俳句です。

恥ずかしながら、俳句です。広島ブログのDr.でぶさんがすでに紹介して下さっているのですが。ひまちゃんや⑦パパさんやDr.でぶさんが広島テレビの俳句道場で活躍していらっしゃるのをただ見て楽しんでいましたが。

3月からちょっと自分でもやってみようかと思って。でも、これが難しくて。恐る恐る応募しても、さっぱりでして。せめて特選をと思っても、全く。入選AかBばかり。でも、最近入選Aにも選者の評を語って頂けて、これがうれしくて。

初めて選評をいただいたのが、これ。3月16日でお題は蝶でした。

2018316

うれしいもので、なるほどと、勉強にもなります。

次に評をいただいたのが、3月23日でお題は春風。

Photo

この度から二週に一回水曜日となって、その4月18日。しばらくして、⑦パパさんから、私の俳句がテレビで取り上げられたと。はて?実は、私は広島テレビでこの番組は見たことがないのです。金曜日、水曜日の夕方は、とても患者さんが混んでいて、テレビを見るなんてことはできませんし。今、我が家ではテレビの録画ができないのです。だから、後でゆっくり見るなんてこともできないし。ただ、ネットで文字で発表されるのを読むだけだったのですね。知りませんでした。

はて?お題は蛙で、私のは入選Aで。

20184181

うん?どういうこと?と、私がテレビを見ることができないという事を知って、⑦パパさんが動画を送って下さいました。もう一つ、ユニー句で選ばれたこれでした。

初めにこうして出して頂いて。

20184182

コメンテーターや司会の方々にこの単語は何?と考えてもらって、「都会の人はなかなかいくことができません」というような選者のヒントなどがあって、そして、

20184184

選者は、谷村秀格先生。

20184183

ありがとうございます。たとえユニー句でも、うれしいものです。これからも頑張って、特選を頂けるように頑張りましょう。ひまちゃん、⑦パパさん、Dr,でぶさん、先輩たちの後ろをヨロヨロとついていきます。宜しくお願いします。(その度に年齢が出るのがなんとも、複雑な思いですが・・・)

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう一度、セクハラ発言について

今朝から、性被害ワンストップセンターにこもっています。NHKの番組があってからか、被害の電話がずいぶん増えました。今朝から、対応に追われています。そして、それらに対応しながら、やっぱり一人の相談員として、怒りを持ち続けています。

例の財務省福田事務次官のセクハラ発言についてです。

 被害者の一人は自社の社員であることをテレビ朝日が会見したこと。それはリアルタイムで見ていました。せっかく会社としてこのことを取り上げ、財務省に抗議することまではしていますが。

1.彼女がこれを番組で取り上げるべきではないかと上司に言っても、上司はそれをつぶしたこと。二次被害の防止のためと言っていますが、二次被害の防止のためには、社がひと塊となって闘うくらいの決意をしたらいいのではと思います。それをしなかったのは、もともとそれだけする気がなかったという事でしょう。

そうしないのは、やはり会社として、これまで報道ステーションの古賀さんのことなど、圧力がかけられていて、それをその度にはね返すだけの力がなかったのか、または、自ら政府や行政の意向を忖度する機関に成り下がってしまっているのか、又は社の中に安倍側に立つ幹部がいて力をふるっているのか、それらのどれかでしょう。

2.そして、彼女が取材中仕入れた情報を他の期間に渡したことは不適切であったと言った事。これ、おかしくありませんか?自分達が取り上げないでつぶしていたからこそ、彼女は他に提供した、週刊新潮は、他のどこもが見向きもしなかった詩織さんのことを正面から取り上げました。だからこそ、新潮だったのでしょう。彼女がそうして勇気を持って告発してくれたからこそ、私たち国民みんなが知ることになったのですね。テレ朝は、「今、彼女は私たちに指摘されて反省しています」と言っていました。なぜ彼女が反省しなけければならないの?反省なんか しなくていいですよ。よく告発して下さったと言えばいいのです。自分たちがちゃんと取り上げていたら、そうはしなかったでしょうよ。

3.あの、麻生氏、どうしようもないヤツですね。許せない発言を次々としています。こんな下品な男、国際社会ではびっくりされ軽蔑されるような発言をする男、この人はもう政治の舞台から追い払わなければ。

12日、自らの派閥志公会のパーティーの後の記者たちとの懇親会で、次官のセクハラ、さすがに辞職なんじゃないですかね。という記者の質問への答え。

「(にやつきながら)だったらすぐに男の番(記者)に替えればいいだけじゃないか。なあそうだろう?だってさネタをもらえるかもってそれでついていったんだろ。さわられてもいないんじゃないの。」
記者 それもセクハラ発言です。
麻生 だから、次官の番をみんな男にすれば解決する話なんだよ。

これって、ほんとうに許せません。なんですか?「すべての女性が輝く社会づくり」ですって?ちゃんちゃらおかしい。

もういや。もう本当にこの政権はやめてほしい。なにもかも無茶苦茶な社会になっています。日本が壊れてしまう。子どもたちも壊れてしまいます。何とかしなければ。


ワンストップセンターの本の一部です。権力のある男性たちこそ、こんな本を読んで戴きたいものです。

Photo

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊方原発広島高裁決定の意義についての集会です

今日の今日のことですみません。午後、広島弁護士会館にて、伊方原発広島高裁決定の意味するもののシンポジウムが開かれます。

Photo

 高裁の決定により、今伊方原発は稼働できない状態です。決定の理由に「火山の噴火の可能性」が言われました。

そして、それが意味するように、次々と九州などで噴火が起こっています。火山の噴火と地震。改めて、この日本は火山帯の上にできているのだと思わざるを得ません。

海渡弁護士ですね。お昼時間、自転車で駆け付けるつもりです。少しでも聞けたらと思います。

海渡弁護士のパートナーの福島みずほさんとは、6月に女性と政治について、それぞれの講演と対談をする予定でいます。また改めてご案内しますね。

さて、一昨日のことです。養父と一緒に家庭裁判所に特別養子縁組の申し立て書を提出しました。準備万端、全ての書類は抜かりなく用意しましたので、スイスイと終わりました。あんまり早くに終わったので、養父の案内で赤ちゃんと養母のいるお家に行って、皆さんに会ってきました。頬がふっくらとして、とても元気に育っていました。


Photo_2

これで、一応の私のこの件についての仕事は終わりました。後は、実母と養子家族の今後の見守りですね。私が生きている限り、双方の支援をしていきたいと思っています。赤ちゃんは、もう、養親の方たちの人柄も分かっているし、きっと幸せに育てて頂けると確信しています。むしろ、実母のこれからの立ち直りですね。ほんとうに若くして、大変な出来事に直面しました。それを乗り越えて、今後の人生を豊かなものにしてもらうべく、支援したいと思います。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同じお題で書きましょう・お菓子

昨日は、家庭裁判所に行ったり、赤ちゃんのお宅に訪問したり、高校で講演をしたり、そして今年の初カープ!!でバンザイバンザイをしたり・・・。書きたいことは山ほどあるのですが。

この頃全く参加していなかった、広島ブログ、⑦パパさんの「同じお題で書きましょう・お菓子」が今日の指定なので、全てを後回しにして、今日、お菓子について書きます。

小さい時から今まで、お菓子大好きです。私の祖母は裏千家のお茶の先生でした。松平不昧公一辺倒の松江で、初めて裏千家を島根にもって来た人です。そのおばあちゃんの家に泊まりに行ったとき、朝起きると、「お目覚」だよと言って、お菓子を出されたのは、びっくりでした。朝ご飯の前にこんなお菓子が食べられる、本当にびっくり仰天でした。

 その頃から続いていて、今も一番好きなお菓子は「若草」です。松江の彩雲堂の200年前から続くお菓子、今はそごうの地下で買えるので、どこかにちょっとしたお土産が必要な時には、これの10個入りをもっていきます。皆さんにとても喜ばれます。これは、写真を撮るために三個入りを買ってきました。写真を撮った後は、当然食べましたよ。

1

でも、こんな高級のお菓子ではなく、今私が凝っているのは、3日に一回行くゆ―ぽっぽのゲームのお菓子です。100円で二回ゲームができます。あの、回っているお菓子をスコップで救うの。

 歳を取ってくると、根気が続かなくって、ずっと患者さんが続くとき、カルテが一杯並んでいると、ため息が出ることがあります。そんな時、このお菓子をつまみます。いろんなのがあるので、どれを食べようかと楽しみでもあります。

性教協の会議の前夜にどさっと取って、会議の場にそのまま出すと、あちこちからさっと手が伸びてたちまちなくなります。中にチョコレートが入っているマシュマロや、チョコレートやビスコやキャラメル、風船ガムなどいろいろと取れます。

「ああ、惜しい!」「まあ、下手だった!」「よーし、沢山取れた!」などとつぶやきながらゲームをしていると、必ず小さな子どもがやってきて見ています。ので、少しお菓子を分けてあげます。自分もしたいと言っても、母親がダメッて行ったりして、ちょっと申し訳ない気にもなりますが。
2

この前取ったのがそろそろなくなるので、今日もまたゲームをしなくっては。

お粗末な話ですみません。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジュリーフォックスのサラダとドリア

岡山にいます。昨夜車で来ました。診療後の運転はしんどいものですが、カープのラジオを聴きながらでしたので、気は楽でした。

福田次官の退職が報道されていましたので、早く着いてニュースが見たいと急ぎました。で、晩御飯はあらかじめ電話でお願いしていたジョリーフォックスです。

これまで何度か来ています。昨年の夏の岡山での性教協全国大会でも、広島のみんなと来て夕飯を食べました。その時の写真です。桃のサラダがすごくて、みんな大喜びで戴きました。底からパスタが出てきます。

10
11

またここに行きたくて。でも、今は桃はなくって、フェイスブックでイチゴのサラダと知っていました。

ジョリーフォックスに到着です。

3

ここのチーズフォンデュも頂きたいのですが、これは二人からなので残念。夜はドリアかピザかということなので、ドリアにしました。イチゴのサラダ。中からペンネ、ゆで卵、キューリ、パイナップルなどが出てきます。

1

大きな海老が二匹入っているドリア。頭がこんがり焼いてあって、それもがガリガリと頂きます。

2

すごいボリューム、頑張って完食した後、ココアを出して頂きました。ごちそう様でした。

10時のニュースに間に合うように、ホテルはここから3キロ、昨夏にも泊まったお気に入りのホテルなのですが。ここで、とっても不愉快な事があって、もう、情けないし、部屋に入った時には、とっくにニュースは済んでおりました。屋上にお風呂があるのですが、どっと疲れて、入る気力もありませんでした。また、機会があればホテルについて書きますね。今日は朝からとても忙しい一日になります。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

性被害ワンストップセンターひろしま

昨日のNHKの番組、とてもよくできていたと思います。広島の性暴力ワンストップセンターのことが十分に語られていました。(ちらっとですが、会議中の私の姿も出ていました。)

Nhk

ワンストップセンターは、はじめは広島市内だけの対応でしたが、今、徐々に支援が広がって、県北も、県東部もカバーできるようになりました。

センターでは、毎日の電話当番を交代でする以外に、月に一回、支援員みんなが集まって、会議をします。その場では、相談があって支援すべき人のことを一人ひとり報告し、ディスカッションします。

その時にいつも思います。このワンストップができて良かったなあと。これまでも、性暴力の被害に遭った人たちを診療の場で診てきました。でも、私一人でできることには限界があります。肉体的な治療よりも、心が傷ついている人が多く、その場合にはカウンセラーや診療内科を紹介したり、時には弁護士さんを紹介したり。了解を得て警察に連絡したり。でも、いつももどかしい思いをしていました。

それが、ワンストップセンターでは、様々な立場の人たちと同じ場で被害に遭った人についてディスカッションできます。それだけでなく、機動力を発揮して、自相に相談したり、シェルターに連れて行ってあげたり、警察に告発したり裁判に付き添ったり、きめ細かに対応できます。沢山の支援員の人や、カウンセラーや弁護士さんの力って大きいなあと思います。

特に、子どもの性被害、これは何より慎重に、子どもの心を大切にしながら対応しなければなりません。社会的には、子どもの性被害がこんなにあることは知られていないでしょう。だって、これまでワンストップセンターで対応し、裁判で有罪判決が出ても、一件も報道されたことがありません。とんでもなくひどい事件でも。

それは、被害者が特定されて、それを知った人からさらなる被害に遭うことがないようにという事で、加害者の名前も公開されませんし、事件そのものも公開されない事が多くて、逮捕、起訴、裁判、判決もひっそりと対応されているからです。

でも、子どもの性被害は、絶対に許せません。加害者は再犯の可能性もありますし、被害者を守りながら何とか社会に警告する方法はないものでしょうか。

私は今日の夜から、車で移動です。明日は、特別養子縁組の手続き、高校生への講演、そして、広島に帰ってから、お楽しみ、今年初めてのカープ!!観戦ですよ~。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のNHK「性被害について」

本日18時からNHK広島お好みワイドで、広島県の性被害について、放映されます。

Photo
私たちが立ち上げたNPOが県の委託を受けてワンストップセンターとして実働し始めて、一年が経ちました。それまで数年、じっくりと準備して、一気に立ち上げたものですが。これまで、レイプや強制わいせつなどの性犯罪だけでなく、セクハラ、子どもへの虐待、過去の性暴力のトラウマなど、いろいろな相談に乗り、女性弁護士さんやカウンセラーなどの力で、数々の取り組みをしてきました。思考錯誤しながら、強力な仲間に育っています。

どんな番組なのか分かりませんが、女性の記者さんが真摯に取材されていましたので、たぶん、いい番組になるでしょう。ぜひご覧頂きたいと思います。

財務省のセクハラについて、思いもしなかった当事者の反論にびっくりしました。例を見ないほど、たちが悪いですね。音声の相手が女性記者か分からない、女性記者とそのようなお店に行ったことはない、話をしたことはない。

中でも、許せないと思うのは、「仕事の後、時には女性が接待しているお店に行き、お店の女性と『言葉遊び』を楽しむことはある」という発言。本当に許せません。

お店で働く女性であれば、「おっぱい触っていい?」とか、「抱きしめていい?」などといってもいいと思っているのでしょうか。それって、女性差別、職業差別ではありませんか?それに、そのような音声に出ている発言は「言葉遊び」と捉えているのですね。本人にとっては、「遊び」なのですね。

もっと言うなら、そのようなばで働く女性は、あのように仕事に係る質問をしつこくしはしませんよ。もししたとしたら、最悪ですね。

これから、次回の週刊誌も含めて、目が離せません。それにしても、本当にこの国のエリートとされる人達は情けない限りです。
 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

妊娠した高校生についての文科省通達

この度、文部科学省が「公立の高校における妊娠を理由とした退学などに係る実態把握の結果などを踏まえた妊娠した生徒への対応などについて」の通知を発出したと報道されています。通達は、文科省の初等中等教育局児童生徒課長と健康教育・食育課長の連盟で出されました。

いろいろな報道がありますが、この官庁通信社が一番事実関係を淡々と正確に記述しているようなので。

http://kancho-t.com/%E4%BB%8A%E6%97%A5%E3%81%AE%E8%A9%B1%E9%A1%8C/%E5%A6%8A%E5%A8%A0%E3%81%97%E3%81%9F%E7%94%9F%E5%BE%92%E3%81%B8%E3%81%AE%E5%AF%BE%E5%BF%9C%E3%80%80%E6%96%87%E7%A7%91%E7%9C%81%E3%80%81%E5%AD%A6%E6%A5%AD%E7%B6%99%E7%B6%9A%E3%82%92%E5%9F%BA%E6%9C%AC/

ああ、やっとやっとと、涙が出る思いで、これらの記事を読みました。妊娠を理由に学校をやめさせてはいけない、高卒の資格は母子が生きて行くのに必要なんだと、ずっといい続けてきました。こっそり中絶をすれば続けて行くことができるけれど、出産するならやめなければいけないと言うのは、おかしいと。

高校生で出産した子が二十歳になったからと、先日会った母子、「あの時先生が絶対に高卒の資格を取れ」と言ってくれたからこそ、と。彼女は公立高校をやめ、通信高校に転校して卒業しました。そのあと専門学校に行き、資格を取って今の職業を身に着けることができました。

親が高校に相談に行った所、即座に退学させられた少女もいます。だから、出産しようとする時、一番慎重に考えなければならないのが学校への対応なのですね。退学を撤回して下さいと、壮絶な闘いをしたこともあります。私のクリニックの開業10年のデータで、妊娠した高校生の妊娠393例のうち、35人が出産しましたが、その内30人が高卒の資格を取りました。こっそり学校に知られないように出産したり、通信に転校したり、いろいろですが。

通達は、とても具体的で画期的です。

「妊娠した生徒が退学を申し出た場合には、生徒や保護者の意思を十分確認することが大切だとし、退学以外に休学、全日制から定時制・通信制への転籍や転学といったような学業を継続するためのさまざまな方策があり得ることについて必要な情報提供を行うよう要請している。」

「その上で、「妊娠した生徒に対する具体的な支援の在り方」として、妊娠した生徒が引き続き学業を継続する場合は、生徒や保護者と話し合いを行い、生徒の状況やニーズも踏まえながら、学校として養護教諭やスクールカウンセラーらも含めた十分な支援を行う必要があるとしている。」

「また、体育実技などの身体活動を伴う教育活動においては、生徒の安全確保の観点から工夫を図った教育活動を行ったり、課題レポートなどの提出や建学で代替するなど母体に影響を与えないような対応を行う必要があるとしている。」

「妊娠を理由として退学をせざるを得ないような場合であっても、再び高校などで学ぶことを希望する者に対しては、高校等就学支援金などによる支援の対象となり得ることや、高校卒業程度認定試験があること、就労を希望する者や将来の求職活動が見込まれる者に対しては、ハローワーク及び地域若者サポートステーションなどの就労支援機関があることなどについて、生徒の進路に応じた必要な情報提供を行うよう求めている。」

「また、各教育委員会においては、妊娠を理由として過去に高校などを退学した者についても、ハローワークなどの関係機関と連携しつつ、学習相談などの効果的な支援の実施を推進するよう求めている。」

しかし、私は不思議なのです。性同一性障害などの人に対するきめ細かな対応についての通達や、今回のこんな素晴らしい通達を出す文科省が、どうして名古屋の中学校での前川さんの講演について、ネチネチと極めて具体的に嫌がらせとしか思えないような問い合わせをしたり。性教育に対しての指導要領がいまだに中学生の避妊の指導はしてはいけなかったり、性交という言葉を使ってはいけないとしたりしているのか。お役人の人それぞれによるという事なのでしょうか。省内での意思統一が取れていないということなのでしょうか。

Photo_2


何よりも私は、性教育、特に義務教育での性教育をしっかりしてほしいと思っています。

当院での高校生の妊娠の相手はこうなのですから。男性にも、しっかりと性教育が必要なのですね。何も教育を受けないで成人した男性がどうしているのか、それを端的に示していると思います。

Photo

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

官僚のセクシャルハラスメント

この度の財務事務次官のセクハラ発言。昨日、週刊新潮を買って読みました。その前に、すでに音声が公開されていて、発言したのは紛れもない事実なのでしょう。

これまでも度々言っていることなのだけど、どうして、このようないわゆるエリートといわれる人たちの「性意識」がひどいのでしょうか。性や女性をどう見ているのか、その意識の浅さと傲慢さが透けて見えて、何ともわびしいし、腹だたしいし。

「記者・財務省と森友学園、どうなんですかね。

福田氏・今日ね、今日ね…抱きしめていい?

記者・ダメです。

福田氏・いいじゃん

記者・福田さんは引責辞任はないですよね?

福田氏・・もちろんやめないよ。だから浮気しようね。

記者・今回の森友案件で。一番大変だったことってなんですか?

福田氏・いろいろ大変だったけど、これからがうんこだから。胸触っていい?

記者・ダメですよ。

福田氏・手しばっていい?

記者・そういうことホントやめて下さい。」


日本の教育が間違っているのですねえ。教育の中で、人権について、または人関係を作ることとか、体の知識とか、そんなものがすっぽり抜け落ちているのでしょう。まるでコントの世界のような、あんなことを言われて、女性たちが嫌がらないと、喜ぶと思っているのでしょうね。それも、国を動かすと言われる超エリートですよ。こんなひどい人が組織のトップで、お咎めなしだなんて。

本当に情けなくなります!!

そう言えば、同僚にもいましたね。看護師さんのお尻を触って、「時々は触ってあげないとね。そして、喜ばせてあげるんよ」と本気で言っていたのが。

今、大手の企業では、「セクハラ」について、会社の機構として取り組んでいる所もだいぶ出てきました。しかし、広島大学のように「パワハラ」も「アカハラ」も「セクハラ」もいわゆる「ハラスメント」について、訴えていける所、そして力をもって対応してくれる所、そんな国の組織が必要なのではないかと思います。

あんなことを言われた記者さんが、官僚のセクハラをどこに言って行けばいいのか。それが週刊誌だと言うのは、あまりに悲しいですね。労働基準監督署や、法務省の人権擁護委員会のような、会社内ではない所のハラスメントについて訴えて行けて、そして対応してくれる所。内閣府が率先して、そのような組織づくりに手をつけてもいいと思うのです。

本当に情けない国になってしまった、この頃の一連の政治の状況を見てきて、心底そう思います。

今日は当番医で朝からバタバタしています。

先週行った下関の帰り、下松のSAのレストランで食事をしました。瓦そばがついていておいしかったですよー。SAの食事もなかなかになりましたね。でも、いつも夜中に走る者にとって、レストランが開いている内に入ることはあまりないのですね。

Photo


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本伝統漆芸展

昨日、お昼に時間があったので、そごうの「伝統漆芸展」に行きました。

それはそれは美しくて、ため息の連続でした。素晴らしいとしか言いようのない作品が並んでいました。

4

中は撮影禁止で残念。代わりに、入り口で戴いたプリントを接写しました。

1
これでは、作品のすばらしさは伝わりませんね。せめてスキャンすれば良かったのですが。

でも、ここに漆芸展の公式ホームページがあって、作品の写真がアップされています。

http://www.nihonkogeikai.or.jp/exhibition/urushiwork/35

その中の金城一国斎先生の作品をアップしますね。

6

細かい作業、小さな金箔や螺鈿が沢山、波の形に貼り付けてあって、いったいどれだけの手がかかっているのでしょうか。美しくてため息が出ます。ああ、でも、本物の良さは実際見るしかないですね。撮影は、外にあるこれだけO.K.だそうで、これを。

3

同時開催で「漆・おもてなしの器展」が開催されていて、ここにはこに買えそうなお値段で素敵な器が並んでいました。いくつか欲しいのがあったけど、もう一度行って・・・にします。

今、特別養子縁組の書類づくり、性犯罪の警察からの依頼の文書の作成、そろそろ始まる講演の事前の文書作りなど、診療以外に追われ追われで。そんな中、つかの間の癒しの時間でした。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2018年「8.6ヒロシマ平和の夕べ」について⑨福島から渡部美和さん