和歌山新報の二つの記事

9月19日の木曜日に和歌山に日帰りで講演に行きました。思わぬ大渋滞で、新幹線を一つ乗り損ねた時です。講演ギリギリに到着したものだから、主催者の方々と、挨拶もそこそこに講演準備をしました。その時に地元の新聞社の記者さんも取材をするという事で、簡単に挨拶だけをしました。

講演の後、記者さんと改めてお話をしました。その方は、広島出身だと。呉の宮原高校・広島大学の教育学部を卒業後、広島市の私立高校の教師をしていたと。そのころに、私の著書も読んで戴いたという事でした。結婚で和歌山に転居、そして和歌山新報の記者をしていると。

その方が、掲載された新聞を送って下さいました。大きく扱って下さって感謝です。

1_20191014092901


そしたら、電話がかかってきて、もう一度掲載したと。今度は一面の下のコラムだと。そして、その時にいろいろとお話をしました。というか、励まされましたよ。

バッシング以来低調な性教育もここに来てまたやっとこうして、性教育について注目してくれるマスコミの方も出てきました。ありがたいことです。

2回目のコラムは横長なので、小さくなってしまうので、二つに分けました。

3_20191014092901

4_20191014092901  

避妊を語らない性教育は考えられません。コラムにあるように、今も二人の少女の養子縁組予定の出産を待っています。ひっそりと知られない所で、少女たちの苦難は続いています。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

障がいのある人の体と性

先日の「手をつなぐ育成会」での講演会。きわめて具体的に「こんな時にはどうしたらよいか」と、日常生活にお役に立つことをお話するのを心掛けました。

 知的障害のある人、その程度にもよりますが、言葉で表現できない人もいます。「痛い」の一言も言えなくって、その表情から察してあげなければならない子も。つらいのをどうしようもなくって暴れてしまう子も。月経のナプキンを嫌がって、直ぐに外してしまう子もいます。保護者の方々のご苦労は、それはそれは大変です。

 そんな方たちにいつも思うのですが、私ごときが偉そうに何がお話できるのだろうと悩みます。

でも、昨日、その私の話を聞いた方が五年生のお嬢さんを連れてこられました。言葉はしゃべられないのですが、排尿の時の症状が、なんか痛いのではないかと。お腹からの超音波で子宮や卵巣の異常が無いか診たり、膣はちゃんとあるかベットの上で調べたり、おしっこを調べたり。それで異常はないので、心配されなくっても、となりました。そして。お母さんが一番心配なさっていること。バストも少しずつ出てきたし、そろそろ初経が始まるのではないかと。で、その手当です。丁寧に根気強く教えてあげるしかないのですが。

そこで、私がお話した「ピル」について。この頃ではピルも進化していて、年に三回それもほんの少量出血を起こせばいいような月経痛用のピルも出ているという事。それを聞いて、とても救われたと。昔だったら、月経の手当てが自分ではできなくて、でも止めることもできなくって、養護する保護者の方がとても困られていたこともありました。困った時には、相談にいらっして下さいねとお話しました。私の話を聞いて、本当に参考になったと言って下さって、私もホッとしました。

その後、私宛に、手をつなぐ育成会の事務局の方からお手紙が来て読みました。あんまりそのお手紙が素敵で感動したので、ここに転載させて頂きますね。

Photo_20191013093201

 「   お 礼

 秋冷の候、10月を迎えさすがに朝晩には季節の移ろいを感じる頃となりました。河野先生には健勝にお過ごしのこととお喜び申し上げます。

 さて、先日は大変ご多用のところ「障がいのある人の体と性について」~思春期から更年期まで~と題して講演をいただき誠にありがとうございます。

 先生から、障害のあるわが子の性と向き合い方について多くのご示唆をいただき、かけがえのないわが子の成長に伴う体の変化や危惧されることへの対処について、腰を引くことなく正面から気持ちのいい言葉を選びながら関わることの大切さを学びました。

 講演のなかで、「性say生」をバイブルと紹介していただきましたが、性被害にあわない、加害者にならないためにプライベートゾーンをゆっくり手丁寧に繰り返し教えること、性は大切なものであり生まれてきた主体として自己肯定力を高め素敵な人生を送るためにも身だしなみを整えたり清潔な身なりに努めたり、恋愛も、と少しポジティブに思いに至りました。

 愛すべきわが子の自立とともに人生がエンジョイできるように支援者を増やし豊かな日々が過ごせるよう環境を整えていきたいと考えています。

 この度は、ご多用なところ貴重な研修の機会をいただけたことを心よりお礼申し上げます。

 これから紅葉の季節を迎え、山の木々は一瞬の輝きを見せるところになりますが、体調を整えにくい時季でもあります。どうぞお体をご自愛ください。

        (扱い:事務局  〇〇〇〇)」

最期の文章の美しさ!!それに、「・・恋愛も、・・」という一文に最も感動しました。
通り一遍のお礼状でなく、こんな暖かい文章を頂いたことに本当に心からお礼を申し上げたいと思います。
皆さまのご健勝をお祈りします。(という通り一遍のことしか言えない自分が恥ずかしい)

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

昨日の食べ物

台風ですね。大きな被害が出ません様に。広島はたいしたことが無いようでも、一晩中ひどい風の音で寝られませんでした。今日は、どうやって仕事に行きましょうか。自転車は危ないかなあ。

クライマックスシリーズ、第5戦の三塁側の4枚。広島市のマツダスタジアムでいつも太鼓をたたいている阪神の応援団の方に上げました。四人家族で行かれる予定でしたのに、悪いことをしてしまいました。昨日阪神が負けていれば第5戦ば無いので問題なかったのですが、昨日勝ったし、今日は中止だし、日曜の予定が月曜日になってしまって。日曜日に阪神が負けると、これも5戦が無いので、東京で遊んで帰られればいいのですが。台風まで想定していなかったので、すっかりご迷惑をおかけしてしまいました。申し訳ない!!

今日は、食べ物です。今、そごうでは、9階でパンフェスタ。

先日パンフェスタに行った時にこれを買って持って帰って食べました。佐世保バーガーの小さいの。それはおいしかったですが、一度には食べられないので、バーガーの半分は夕方に食べました。

Photo_20191012081901

屋上で激辛フェアをしています。昨日のおそい昼に一人で行ってみました。ラーメンを食べようと思っていったのですが、中辛のラーメンでも10辛だそうで、やめました。

1_20191012081901

替わりにホルモン炒めとごはんです。一番優しいのにしてもらったのに、それでも、ヒーヒーでした。

2_20191012081901

クリニックに帰る時、シャレオの地下のタピオカのお店の、いつもはすごい行列がどうしたことか、ちょっとしかなかったので、並びました。女子高校生たちが飲んでいるのがどんなのか分からないので教えてもらいました。ブラックミルクにブラックパールのタピオカトッピングです。診療をしながら飲みましたが、それはおいしくてびっくり。写真は飲みかけですみません。これは殺到するわと思いました。。

Photo_20191012082003

そして、家に帰ると、夫が頂いていたしその穂のかき揚げと海鮮の炊き込みご飯を作っていてくれていました。これも美味で幸せでした。この後で、忘れてたとかぼちゃの煮物も出してくれました~。

Photo_20191012082001

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

大仕事が終わりました。

昨日は、午前中手をつなぐ育成会で講演。午後は裁判の証人。夕は、警察の書類づくり。全て無事(?)こなしました。そして夜、久し振りに目がジラジラし始めて、強烈な片頭痛の発作に襲われました~。やっぱり寝不足で疲れた時にこんな発作が起こります。でも、大仕事が済んで、ホッとしています。

手をつなぐ育成会の講演、障がいのある人の体と性について、幼児期から更年期、熟年に至るまで、生涯を通してのお話。健診やこんな時には病院へという具体的なお話もという事でしたので、結構準備に苦労しました。沢山の方が来られました。中には、私が取り上げた子が、産まれた時には、玉のような赤ちゃんだったのに、だんだんと遅れが出て来て、知的障害だったという方も。

これは、途中のコーヒータイムです。

2-2_20191011082201

この時に、コーヒーを飲みながら質問用紙の回収が行われました。沢山の具体的な質問がありました。本当に大変。自慰の事、月経の時に嫌がってナプキンを外してしまう子(これには、月経がほとんどなくてもいいようなピルがあります)。てんかんがある子のピルの服用について・・・。月経痛や自然な体のリズムも含めて、それから更年期以降のパートナーとの過ごし方等も話をしました。

みんなが生き生きと楽しく暮らしていけますように。

コーヒータイムのコーヒーと作業所で作っているおいしいクッキーでした。後、保護者の方が作って下さったお花を頂きました。ありがとうございます。

3-2_201910110822014_20191011082201

午後の裁判、沢山の友人たちが傍聴に来て下さり、30近い傍聴席が一杯でした。心強かった~です。裁判については、いつかお話ができる時が来たらお話しますね。

後で、無事済んだ事、一人打ち上げではなく、丁度傍聴に来てくれた大学院生と自転車で一緒になったので、誘いました。ゲートインでパフェ。彼女はイチゴの、私はプリンのパフェを食べました。お昼ご飯を食べる暇がなかったので。遅いごはんがわりです。

Photo_20191011082201


ああ、本当に大仕事が終わりました。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

ムクウェゲ氏の自伝

デニ・ムクウェゲ医師の講演の際、沢山のチラシを頂きました。その中にこれがありました。

1_20191010083701

チラシの中に書いてあった一部です。

「 本書は、売国奴と政府に非難されたムクウェゲ医師が殺人集団に待ち伏せされたシーンから始まる。全て事実なのだが、まるでアクション映画のような始まりである。性的テロ撲滅のために、命を懸けて闘う医師の、衝撃のノンフィクション!」

この一文に引かれて、直ぐにアマゾンに頼んで、すぐに来ました。

2_20191010083701

本当に襲撃されるシーンが詳細に書かれていました。そして、その襲撃で奇跡的に命を取り留め、でも、大切な部下を亡くしました。そして、これがもっとも重要なのですが、この襲撃事件を警察も本気で捜査をしなかった事です。「売国奴」。弱者に寄り添い、命掛けで救い続ける医師は売国奴になるという事。

世界にコンゴの現状を知らしめることが国にとって都合の悪いことなのでしょう。日本の現状、世界の現状を見ても、うなづけることでもあります。

ほんとうに心暖かで、意思が強固で、こんな人が地球上にいることだけでも感動です。このとてつもなく大きな人と私は会話をし、握手した!!胸がホコホコとしています。まだ、読んでいるのは途中までなのですが、早くこの本のことをお知らせしたくて。

私は今日一日、大変忙しい日になります。またお知らせしますね。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

デニ・ムクウェゲ医師の講演メモ。

ムクウェゲ氏の講演を聞きながら、メモをしました。それを再現します。とてもつたないのですが、できるだけ忠実にお伝えしたくて。

写真は、講演後の主催者代表の渡辺朋子さんが挨拶をされている時の物です。

7_20191008083401


講演があったのは106日。くしくも、1996年10月6日ムクウェゲ氏が勤務していた病院が襲撃された日、その日に今、私は広島にいます。

コンゴでは、1996年から、これまで作って来た全てが恐ろしく破壊され、ナショナリズム、ポピュリズム、テロリズムが横行し、無知、無関心を育んで来ました。今、世界に目を開いてもらわなければ。

広島の原爆のウランはコンゴで発掘されたものです。

レイプ、性暴力は、戦地では戦争の兵器として、支配の手段として使われています。強引で屈辱的な性暴力の被害を過少評価してはなりません。人間を物のように扱い、人間性を否定する行為です。

大規模に、組織的で整然として行われ、一晩で何十人も何百人も家族の目の前でレイプされています。武装勢力によるやり方、拷問は被害者を診ると、どの勢力によるものかがわかります。レイプの後、銃を性器に入れ発砲する、棒を突っ込んだり、割れたガラスを入れたり・・。

そして、性暴力は、直接的にだけでなく、間接的に被害者を増やす行為、安価で効果的な行為なのです。若い兵士の心は壊されて行き、大量の避難民を作ります。

目撃した人は激しい恐怖感を持ちます。男は家族を守れなかったと責められます。女も子も安全を求めて、追い立てられ、人口移動。人口は減少し、経済は破壊されます。畑は放置され、兵士ばかりとなり、資源を手にします。

性器の破壊は子どもを産めなくなる、不妊を作ります。性病もHIVAIDSの感染は世代を超えて広がります。感染児が生まれますし、レイプで生まれる子は社会から暴力を受け、コミュニテイーを追われ、暴力しか知らない生活を強いられます。

被害者には、包括的支援が必要です。医療、精神的ケア、経済的支援など。自尊心を取り戻し、人権意識を取り戻すためには、暴力の治療だけでなく、平和を訴えなければ。

それには、教育が必要です。幼児期から大人まで、男女は平等であるという教育をしなければ。

更に、被害者は加害者が処罰されることを望んでいます。コンゴでは、600万人が殺され、400万人の避難民が出、そして40万人の性暴力の被害者がいても、全く加害者は処罰されません。1996年から2003年までの間コンゴで起こったことが国連のレポートに詳しく書かれています。その再犯防止のためのレポートはいまだに全く実行されていません。

平和を守るためには、人権が守られなければなりません。

無関心でいないで欲しい。日本が新しい電子機器を作るときに、コンゴの違法に手に入れた鉱物でなく、合法的な物を使って頂きたい。

全ての人が尊重され、居場所が提供される社会であって欲しい。

質疑応答で。誰が真に罰せられるべきと思うか。経済時自立はどうなのか等の質問がありました。

国連の専門家がきちんと聞き取りをしたレポートには、誰が指示をしたかが、はっきりと読み取れます。はっきり名前が分かった人が今もコンゴで生活をしています。

住民が被害に遭っているのは、民族紛争でも、宗教的対立でもない。鉱物資源の取り合いで地域をめぐっての争いなのです。

コンゴでは、とても優秀なコーヒーが取れます。被害者の経済的自立のために、コーヒーの栽培をしたいのですが、畑には兵士がいて、レイプされてしまいます。そんな状況なのです。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

デニ・ムクウェゲ医師の講演から

10月6日のコンゴのデニ・ムクウェゲ医師の講演会は写真禁止、最後に主催者からのお礼と記念品の贈与の時のみ撮影許可となっていました。これは、最後に主催者の代表の渡辺朋子さんから記念品を渡す所です。司会のピースボート・アイキャンの川崎哲さん、ムクウェゲさんと通訳の大村祐子さんです。

6_20191007081001

ムクウェゲさんのお話。

コンゴは、鉱物資源が豊富な地。広島の原発のウランはコンゴで採掘された物でした。今私たちが使っているスマホやパソコンに使われる鉱石コルタンの8割がコンゴに眠っています。

コンゴの武装集団は、1996年10月6日、くしくも広島で講演されるその日、ムクウェゲ氏が勤務している病院を襲い、30人の犠牲者が出ました。その時、生きたまま埋められた女性の助けを求める声が今も耳に残っていると。そこから始まって、コンゴでは、今に至るまで資源を求めての襲撃が続いています。コルタンが眠っている村を支配するために組織的に武器としてレイプを考えだしました。村を襲撃し、24時間のうちに次々と女性たち、時には男性のことも襲います。あらゆる年代の。ムクウェゲ医師が手当したのは6カ月の赤ちゃんから、80才の方まで。家族の目の前で襲い、レイプした後に、女性の性器を破壊します。この武器は、安価で効果的です。これらは、命令の元に組織的に行われます。

眼の前で女性たちが犯されるのを見た男性たちにも深いトラウマを与えます。性器を破壊された女性たちはその後子どもを産めなくなり、人口減少につながります。家族みんなその村から逃げだし、武装勢力は資源豊富なその地を手に入れます。そのレイプにより妊娠した女性は、襲った兵士の子を産むことになり、その子は嫌われ、暴力の元に育ち、暴力しか知らない子に育ちます。

そのような状況が続く中で、このような状況をどうすればいいのかとムクウェゲ氏は語られます。

明日に続きますね。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

少年サポート広島での講演

昨日は、午前中コンゴのデニ・ムクウェゲ医師の話を聴きに行きました。本当に今まで私は何をしていたのかと思うほど、コンゴで起こっていることは壮絶で、理不尽で。ムクウェゲ医師は命を懸けてレイプされた女性たちを治療する医師です。が、それだけではありません。世界中に平和を訴えて回る人権活動家でもあります。その貴重な言葉の一つ一つ、心を打たれ続けました。素晴らしかった!!お話の詳細は、また改めて。一生懸命メモを取りましたので、できるだけお話が伝わるように丁寧に書きたいと思います。

その後、直ぐに新幹線に乗って福山へ。少年サポート広島主催の講演会に行きました。少女たちと保護者、ボランティアの大学生たち30人ほどがいらっして下さいました。性被害ワンストップセンターひろしまや妊娠SOSのパンフ、ピルについての冊子、そして私の著書からプリントした、妊娠週数の数え方や性感染症等のセットは15組しかもって行っていませんでしので、これは困りました。仕方なく、大人の方たちには我慢してもらって、若い人たちに配ってもらいました。「知ることは力」だから。知って欲しいの思いで、一生懸命お話したと思います。少女たちの健やかな成長を祈ります。このような場を設定して下さった広島県警の関係者の皆様に感謝です。

Photo_20191007081001

広島に帰って、実は市民劇場の舞台を観に行くつもりでしたが、急な患者さんで診療にクリニックに行きました。ので、舞台は見逃してしまいました。でも、診療の方が大切。怒りを胸に・・・。

 後は、今度の木曜日の講演準備のスライドづくり。2時までかかって何とか作りました。今日見直しをして送ります。知的障害のある人の性について。今回は難しかったです。今日、見直しをして修正をした上で、送ります。何とか間に合うでしょうか。プリントをして下さる方にはギリギリでご迷惑をおかけしてしまいます。やれやれです。

そんなこんなの日曜日でした。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

コンゴ・ムクウェゲ医師を囲んで

昨日は、診療後コンゴのムクウェゲ医師を囲む食事会に参加しました。本日朝講演会があります。

Photo_20190927080101

来日以来、とてもハードなスケジュールをこなしていらっしゃいます。昨日は、広島に入られると、平和公園の慰霊碑に参拝、被爆者の方のお話を聞かれました。今日は早朝から講演をされ、その後すぐに京都に移動、立命館大学での講演をされるそうです。

日本で、「コンゴの性暴力を考える会」の方たちがとても地道に支える活動をなさっていることを知りました。広島の講演会は、ピースボートとANT-Hiroshimaの方たちも尽力されました。

この度の食事会には、「コンゴの性暴力を考える会」の方たち、平和関連の方たち、この講演会の後援をされた広島大学などの大学関係の方たちが参加されました。私は、「性被害ワンストップセンターひろしま」の関連で、大畠弁護士と共に招待され、参加しました。

2_20191006074601

私たちには、ムクウェゲ氏から、「ワンストップセンター」について、とても熱心に質問されました。たくさんの性暴力の被害に遭った女性たちの治療をなさって来たムクウェゲ医師ですが、今、コンゴにワンストップセンターを作ろうとされているのだそうです。私は、いまの活動について、お話しました。

日本は平和な国のように思われているけれど、性暴力についてはとても後進国で、多くの事件が起こり、子どもも含めて、沢山の被害者がいます。その加害者たちの多くは、警察に訴えられることも無く、また、ひどい事件の加害者でも、有罪とされることは少なくて。今、広島のワンストップセンターではこんなことが起こっています、それにつき、こんな活動をしていますとか。ムクウェゲ氏は、熱心に耳を傾けて下さって、拍手して下さいました。ああ、来て良かったと思いました。これからの、コンゴの活動についても、個人的に支援したいと思いました。

私のお宝の写真になりました。

3_20191006074601

左は、フランス語の通訳の大村祐子さん、右は立命館大学のマスワナさんです。

1_20191006074601

今日の講演を楽しみにしています。世界中から、性暴力がなくなりますように。講演が終わると、直ぐに福山に行きます。


 


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。


 


広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ


 


 

|

講演準備

講演の資料作りに四苦八苦しています。

明日の福山での講演は県警の少年サポートセンターの主催です。少女たち向け。これは、スライドを使わず、資料は全て配布することにして、いろいろプリントのコピーをしました。妊娠の週数の数え方や、性感染症など。知っていて欲しい事を。知ることは力です。知らないからこそ行動をし、傷ついてしまったり。そんな少女たちへのお話です。妊娠と出産のビデオも見てもらいます。これの準備はできました。

Photo_20191005073401


苦労しているのは、これです。来週の木曜日。

2019_20191005073302


性というよりも、体について、いつ、どんな時に病院に行ったらいいか、医者らしい話も混ぜてという要望です。しかも、幅広いので。今、乳幼児期から思春期まで作りました。いよいよ青年になってからの所。さらに更年期も作らなければなりません。もうひと頑張りです。

2019_20191005073301

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

«孫の七五三の記念写真