新型コロナウィルスの検査について再度

どう考えても、日本の新型コロナ対策はおかしい。何より検査です。熱があって肺炎と診断されて、それでも検査してくれないという人の話が一杯出てきます。それに、政府の基本方針の中にも、まったく検査についての進展が見られません。「重症者」のための検査をと。早いうちに見つけることのほうがその後の感染も防ぐでしょうに。

 韓国は「心配のある人はどんどん検査を受けて」と呼び掛けています。電話をすると、ではどこどこで検査を受けて下さいと指示します。検査は病院でけでなく、国内のあちこちにテントやプレハブのような簡易の診察場を作って、そこでもしています。そもそも国の保健福祉部から感染した人の詳しい行動がホームページで出されていて、それを読んで不安な人はどうぞ検査をということです。

簡易の検査所です。コロナウィルス選別診療所というハングルと共に、英語でスクリーニングクリニックと書いてあります。

1_20200227101101

保健福祉部のホームページの一部です。それぞれの人をクリックすると、その方の行動が詳しく載っています。

3_20200227100301


それを元に、中央日報がマップを作りました。「私たちの街のコロナ地図」というサイトでそれぞれの方の行動が一目でわかるようになっています。

2_20200227100301

韓国では、一日ずつ検査をした人数が増えていて、今は一日で6000人以上の検査をしています。

日本は保健所にお伺いをたてて、保健所は都道府県と相談した上で、検査をしてもいいとかダメとかの指示が出ます。何なのでしょうね。

東京都ではこれまでに7000件以上の相談があって、診療を受けなさいと指示をしたのが65件だと。そして、医師が検査の申し込みをしても、断られることがほとんどだと。

検査をする能力がないのではありません。PCRは、そんなに大変ではありません。私は、クラミジア感染症の検査は、PCRで依頼しています。民間の検査センターですが、1月6日から2月5日までの休みを除いて22日の間に130件の検査を依頼しました。私の所だけでもこうなのですね。たくさんの診療所がそこに委託をしています。何ということなく、検査をしてくれます。

もしかして、予算の関係なのでいょうか。国は、このコロナウィルス関連の予算を153億ですって。シンガポール5000億円、台湾2200億円、香港3500億円。国民の数と比べても、あまりに少額です。

 本気でオリンピック開催も危なくなっている今、もっとちゃんと対策をしないと、少なくとも、検査はどんどんしてもいいということにならないと、と思います。

ダイアモンドプリンセス号といい予算といい、なんか政府や厚労省は、本当は何か意図があるのかと勘繰るよりも、本気で能力がないのではないかとそう勘繰りたくなります。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

釜山から帰りました。

昨日、無事に広島に帰ってきました。一緒に行った小坪さんのところに、韓国での新型コロナウィルスの感染を心配する人たちから沢山のメッセージが入っていました。

が、帰っていろいろと調べてみて、びっくり。日本の報道は、韓国とひとくくりにしていますが、大邱を中心の感染者の増大はあるもののの、全国が同じ状態ではありません。それに、韓国は非常事態宣言で、いろいろな対策を即実行しています。

何より検査。日本では、どうして検査ができないのでしょう。私は、検査というのは医師が必要とすれば検査センターに依頼をして検査するものと思ってきましたし、ずっとそうして来ました。もし、保険がきかないのなら、私費になりますがと了解を得て検査をします。でも、今日本では、保険所の許可を得なければ検査さえできないと。する能力はあるのに、検査してはいけないと。どうして??これは厚労省、政府の方針だそうですが。

 韓国では,一日、5千件以上の検査をどんどんしています。感染者が出るとその人の動向を調べ、その人が行たった所には、警告を発しています。釜山はまだ少数でしたが、その感染した人の行った所に行きませんでしたか?と聞かれます。マスクは、大邱では求める人の列が日本で報道されていましたが、釜山の薬局にはどこもたくさん売っていましたし。街では皆さんマスクをしています。

 私たちは、マスクもたくさん持って行って、アルコールのスプレー式の消毒液を各人が持ち、ウェットティシューも用意し、ずっとこまめにそれを使い続けました。

 そんな態勢を続けながら、十分に楽しんできました。

これは、帰る前に韓国最後の食事、まだお昼前なのですが朝昼兼用で。

19_20200225085101

そして、空港では時間があったので、かき氷を。ブルーベリーのとあんこと黄な粉のを。

10_20200225083501

私たちは、とても元気ですが、これからもマスクと消毒はしっかり使い続けます。もう少し明日も釜山のお話しをしますね。
 

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

釜山から。今日帰ります。

おはようございます。釜山です。今日は月曜日で、韓国は当然日常生活が始まっています。あっと言う間でもう今日のお昼に帰ります。

2_20200224080201

テレビも全く見ないし、iPadも写真撮るだけで、ほとんど覗かなかったら、今朝知りました。韓国もコロナウィルスで大変な状況になっているとのこと。

相変わらずホテルやジムの大浴場に入る時には、耳の近くで体温チェックをされます。体に触れることもなく、即座に体温が表示されるので、とても便利です。それが欲しいと思って、薬局を何軒か回りましたが、どこにも体温計は売っていませんでした。で、ホテルで、これが欲しいのですが、これはどこで売っていますか?と尋ねました。ホテルの人はわからないと。で、これは韓国製ですか?と尋ねると、そうですと。薬局ではなく、医療器械屋さんで売っているのだそうです。うーん、韓国製なら韓国で買って帰りたいのですが。

 それに、昨夜、「nのついた名前?のサウナに行きましたか?」とたずねられました。いいえ、ホテルのサウナだけですが。と答えて、どうしたのですか?コロナに感染している人がそのサウナに行っていたのですか?聞くと、そうですと。韓国のサウナ、大衆浴場ですが、これは大変でしょう。マスクは欠かさず、しっかりしていますが、早く帰りましょう。

昨日の朝は恒例の済州屋でアワビかゆとウニのスープ、アワビのバター焼きで。

Photo_20200224080401

お昼は国際市場のクンチプでエビとワタリガニの醤油漬けで。これでも、一人当たり2500円弱です。

7_20200224080201

また、明日に続きますね。いまから荷物のパッキングです。
 

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

釜山です。

おはようございます。無事釜山です。診療後に福岡経由で一気に来ました。小坪さん夫婦と私たち夫婦の四人連れです。

3-2_20200223082401

1_20200223082401

やはり新型コロナウィルスに対してはとても厳しいです。まず、福岡空港で飛行機の搭乗手続きをする時、「二週間以内に中国にはいかれませんでしたか?」と聞かれました。いいえ。ダイヤモンドプリンセス号には乗っていませんか?とも。いいえ。大きな飛行機はほぼ満席です。若い人が多いですね。夜の便なので日本から帰る人達でしょうか。

ロッテホテルに入る時には、耳で体温を測られます。耳に近づけると、すぐに体温が出ます。ホテルの入り口は横のは閉じられて、一正面一か所にし、そこから入る人はみんな。そして、食事に出て帰る時も買い物に行って帰る時も毎回体温測定です。

2-2_20200223082401

ホテルのカジノの入口には、「マスクをしていない人は入場をお断りします」と書いてあり、マスクのない人用にちゃんとたくさんのマスクが箱に入れておいてあります。

早速に食事に行きました。遅い時間ですので、行こうとしたところは、もうおしまいですと言われたり。開いている所を探していきました。やはり、何といっても韓国ですので、焼き肉です。味付きカルビーがおいしかった!!

5-2_20200223082501

マッサージに行ったら、あら残念、一杯の人で40分待ちということで諦めました。今日の予約をしておきました。

今日もマスクを欠かさず、気をつけますね。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

韓国の新型コロナウィルスについて

日本政府の新型コロナウィルスの対応は、まったくひどいもので、水際作戦は完全に失敗したといえるでしょうね。ダイアモンドプリンセス号への対応も、ほんとうにひどいもので。岩田先生に対するバッシングも情けない。私は、HIVの関連で岩田先生を存じ上げているので、彼の言うことを信頼しています。ただ、出る杭はたたかれるのでこれからを心配していますが。


ダイアモンドプリンセスの多くの乗客のように仕事をリタイアしたお年の方ならまだしも、仕事をしている方が隔離されたら、なかなか大変。それに対する病休だの、有給休暇だのという対応も、厚労省からの明確な指示は出ませんし。ほんとうにこの内閣は、危機対応がダメだということがよくわかります。

このところ、韓国のコロナウィルスに対する対応を中央日報等で見ています。しびれたのは、これです。



韓国、新型肺炎隔離者に生活費支援…4人世帯で月123万ウォン


ⓒ 中央日報/中央日報日本語版




韓国政府が新型コロナウイルスによる肺炎で自宅または入院隔離された国内労働者に生活支援費を支給することにした。

14日以上隔離時の生活支援費は4人世帯基準で月123万ウォン(約11万3064円)だ。

中央事故収拾本部は8日に会見を開き、隔離者生活支援費と隔離者の事業主に対する有給休暇費用支援内容を確定したと明らかにした。

生活支援費は感染病予防法に基づき保健所から通知され管理される自宅隔離者または入院隔離者のうち隔離措置に誠実に応じた人に支給される。

4人世帯基準で14日以上隔離される場合、月123万ウォンが支給される。14日未満の場合は日割り計算で支給する。

申請は17日から。中央事故収拾本部は予備費などの関連予算編成が終わり次第速やかに支給する予定だ。

ただ職場から有給休暇費などを受け取る隔離者は生活支援費を重複して受けることはできない。有給休暇費は感染病予防法に従ったもので、隔離された労働者に有給休暇を提供した事業主に支給される。事業主は近くの国民年金公団各支社を通じ支給を申し込むことができる。


自宅隔離者も含めて生活支援のお金を支給すると。それに、感染していることが分かった人の動向もちゃんと公表するし。

韓国の友人が送ってくれました。ソウル・インチョンを中心に陽性の方が出ていますが、その人たちの動向です。今のところ、釜山はゼロ。

Photo_20200222080501

でも、ここに来て、一挙に事態は変わりました。テグでカルトの教会を中心に感染の爆発が起こっていると。テグとその近郊の住民に対して、外出はできるだけ控えるように、また、教会の礼拝に参加した人たちは自己隔離を要請していると。日本の生ぬるい対応と違って、とても素早く、強い対応をしているようです。その一方での生活費の提供という、両輪での対応、日本も見習えればと思います。

もう少ししたら、日本中に感染が広がるのではないかと、心配します。風邪ひきの患者さんから問われることも多くなりました。

そんなこんなで、いろいろと迷うところもありましたが、今晩から釜山に行ってきます。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

「ANAクラウンプラザホテルシェフズライブ」

2月19日水曜日、ANAクラウンプラザホテルのシェフズライブキッチンに行きました。もうずいぶん前から年に何回か開かれていたそうですが、全然知りませんでした。この度は、友達の新谷さんからお誘いがあって、びっくり。こんなのがあるんだと、姉と姪の三人ですぐに申し込みました。

午後7時前に会場に入ると、シェフの方たちがずらりと並んでお迎えしてくださいました。

2_20200221141001 3_20200221141001

和食、中華、フランス料理、鉄板焼き、イタリアン、デザート等がお客の面前で次々と作られ、それを好きなものを好きなだけだけいただきます。司会も専門の方で、総料理長のご挨拶と共に始まりました。すぐに、フォアグラのステーキ等は行列が。飲み物もあらゆるものがありました。

9_20200221141501

私も一生懸命に並んでお料理を頂きました。前菜いくつかと、フォアグラをゲット。

5_20200221141401

生ハムと、フライはオマールエビとトリュフ。

8_20200221141501

骨付きステーキは、もうおなかがきつくなって、小さいのを頂きました。グラタンはやはりオマールです。
飲み物はシャンペンの後に梅酒のソーダを頼んだら、なんと、フランスの梅酒だそうで。焼酎ではなく、ワインなのですね。絶品でした。この後は、ザクロにジンジャーエールのソフトカクテル、シャーリーテンプルという名前なのだそう。私はこの三杯だけですが、姪は日本酒もいろいろと頂いて、こんなに。あはは。

11_20200221141501

15_20200221141501

和食もアラのなまチリやタイ飯等もありましたが、もう、とても手が出ませんでした。中華もかわいい点心等食べくても、おなかが・・。デザートは、かわいい生チョコやマカロン。そして、飴細工でボールを作って、アイスクリームを覆ってあるの。

16_20200221141601 14_20200221141501

抽選会では、各レストランのランチやディナーのペアチケット。私たちはかすりもせずでした。

10_20200221141501

楽しいひと時。ほんとうにありがとうございました。今度は秋だそう。今度もぜひ、行きますよー。でも、何とか胃を膨らませて行かなくては。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

女性支援地域連携フォーラム③

そもそも女性自立支援法の制定の動きと言っても、ほとんどの人がこのことを知りません。婦人相談所はどんな人が利用しているのかということも。これらが」「売春防止法」に基づいての行政の女性支援であるということも。だからこその今回のキャラバンでもあるのですが。

戒能先生のこの支援法の制定に向けでの動きの説明があった後のシンポジウム。三つの行政の方、婦人相談所と婦人相談員と(岡山)県児童福祉班。それに五つの民間の団体がそれぞれの活動の発表をしました。配布された資料集より。

5_20200220173701

NPOさんかくナビは岡山の地で2004年に立ち上げました.男女共同参画社会推進事業を行っています。具体的には、DV被害者支援事業、寄り添いホットラインからつながった生活困窮者の方々への支援などです。県内初の民間シェルターの運営、電話相談、面接相談、DV防止のための啓発講座の開催などなどです。でも、たくさんしていた事業、例えば子どもの心の回復支援事業としての学習支援等は、資金難から休止せざるを得なくなっています。委託や補助金は単年度制であり、安定的な資金源の確保ができないと訴えられました。厳しい中でも、継続して活動を続けられていることに敬意を表します。

にんしんSOSは、広島県の委託を受けて、2018年12月に開設しています。それから一年間、2019年12月までのデータを発表されました。
その一年であった相談件数は、電話が239、メールが548件と。特に若い人は、今は電話はハードルが高く、もっぱらメールでの相談が主流になっていると。若い人たちとの文化の違いを痛感する私的でした。相談は10代33%、20代35%。相談内容は圧倒的に」「妊娠したのではないか」と恐れてのものが48%だそうです。中絶については6%、アフターピルの相談が3%。レイプ、DVの相談が14%。やはり若い人たちの悩みの受け皿になっていることがよくわかります。貴重な場なので、なかなか困難でしょうが、頑張っていただきたいと思います。

そして、全国女性シェルターネットの代表理事の北仲先生のお話。北仲さんは、性被害ワンストップセンターの県の委託を受けている性暴力被害者サポートひろしまの代表理事でもあり、広島大学のハラスメント相談室の教官でもあります。大変忙しい活動を続けていらっしゃいます。北仲さんからは、世界の貴重な声をいろいろと紹介していただきました。

相談はたんなる「傾聴」「宿泊場所提供」では終われない。様々な包括的・全方位的・長期的な支援が必要。様々な専門家たちのチームで行うべき。

そして、大切なことは、支援の立場・理念であると。

上から目線の指導・助言ではない。本来、その人が持つ権利を様々な理由で行使できない状況にある人に代わり、その権利を代弁・擁護し、権利実現を支援する機能。
シェルターに入っている人は施設の収容者やではなく、住民なのです。それは人と人の平等を目指すフェミニズムの活動なのだから。
「私たちはプロフェッショナルのチームです。」(マレーシア:Women's Aid Organizationの理念より)。
インドの活動家Kamla Bhasinさんのスピーチ(第四回世界女性シェルター会議)から。「私たちのシェルターでは、少女たちに「女性は人間なのだ」という過激なフェミニスト思想を教えて、育てなければなりません。これは世界中で起こっている大きな戦争です。」

このような力強い言葉を教えて頂いて、力が沸いてきました。この会は、私自身の大きな勉強になり、ありがたいことでありました。私の現場でも、ほんとうに私自身が頭を抱えることが続出しています。ワンストップセンターの仲間の人たちの力も頼りながら頑張りましょう。 

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

女性支援地域連携フォーラム②

女性自立支援法の制定に向けてのキャラバンについて、事前の打ち合わせ。初めに戒能民江先生の「女性の現状と女性自立支援法(仮称)制定の動きと盛り込むべき内容」のお話の後、リレートーク「法制度の狭間にいる女性と子どもの支援」を8人がそれぞれの立場から話をします。一人12分。私はどの話をしようか打ち合わせの上で他の方々の話を聞いて決めようと思っていたのです。

で、私の番で「資料は幅広くお出ししました。全部話ができるとは思っていませんが、皆様の資料になればと思って印刷していただきました。この中でどの部分を話すか、なのですが」「まず、性風俗で働く女性たちの人権、体の防御や危機にあたっての教育やシステムやトレーニングができているのかということ」。「それから私は特別養子縁組あっせん事業者です。そこではどんなことが起こっているのか」「性暴力被害ワンストップセンターのこと」「そしてそれらすべてに共通する教育の問題」などなど話したいことは一杯あります。

と言いました。そしたら、全部聞きたいと。全部を早口で話してと。わあ、12分ではとても無理。それに、「あと3分」「あと1分」「30秒」と紙芝居のように報せが出るのだと。

3_20200219081301

私、必死で話しました。でも後で、ああ、あれも話せなかった、これも言わなければならなかったのに、と悔やむことばかりです。

一つには、教育の問題は、決して女性だけのことではないのだと。エリートといわれる男性たちにも彼らの人生を豊かにするために必要なことだということ。それから、特別養子縁組について、制度が変わって「お金が動く」ことの問題等、まったく話せませんでした。ああ、残念。

でも。すべてが終わって、一人の男性が私のところに来られました。広島県議の方でした。それも保守の。びっくりしました。

「これまで私の父などの時代は、あの先生がされた動画のような立場だったと思うのです。」と。私、どうしても、時間がなくっても見て頂きたい動画があって。政治の現場で性教育をどうされているのかということを見てもらいたいと。バッシングをし続けた国会議員のインタビューです。それをしたのです。「性教育は家族を壊す」「お花がきれいに咲いている姿、昆虫が一生懸命歩いている姿、それらで十分に命の大切さはわかってきた」「教育は結婚してから」などと、話されます。

「でも、私は、教育は大切だと思います。大阪で、小学生から先生が出されたプライベートゾーンの話、それを教えている方がある、その方の話を広島でもできないかと。どうして大阪でできて、広島ではできないのか」と。「いえ、大阪だけでなく、どこどもしている方はたくさんあります。」で、話を聞かせて下さいと言われました。私は、膝がくずれそうになりました。これまで、ひどいバッシングをされ続けた議員さんが代替わりすると、こうなのかと。うれしくて。ああ、私、短時間でも話したかいがあったと思いました。その議員さんとお話ができればとてもうれしいです。

もう少し、この件について続けますね。他の方たちの話で心打たれることがたくさんありましたので。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

女性支援地域連携フォーラム①

誤解されたかもしれないので。昨日のブログ、映画パラサイトが怖かったという話。怖かったけど、昨日も一日中頭から離れません。様々な伏線があったり、ユーモアもあったり、ミステリーだったりで、完成された映画であり、アカデミー賞もうなづける作品です。監督、すごい人だと思います。特に、ラストは、とてもかなわないことだと分かっていても、何か希望を感じさせる、アッという終わり方。そんな終わり方であったからこそ、胸に残る作品になっていると思います。ただ、私はのめりこむ方で、客観的に少し離れて所から映画を見るということができないたちなもので。

それだけ追加しておいて、一昨日の「女性支援地域連携フォーラム」について。

会場は撮影禁止となっていましたので、始まる前の会場だけ。

Photo_20200217084101

事前の打ち合わせで、お会いしたかった方たちにたくさんお会いできました。中でも中本さんとお話できてとてもうれしかったのです。もって来たお菓子を子どもたちに食べさせてあげてくださいとお渡しできました。

中本さんは、40年ほど、自宅で食事を提供してこられました。途中からは自宅と別の場所を借りて、そこで毎日毎日食事を提供しておられます。40年前保護司になった時、少年たちがどうして悪いことをするのかと考えた時、「孤独と空腹だ」気づいたと。そこで、食事をさせるようにしたら、友達を連れてきて、それが広がって、今は常時20人くらいが食べにきていると。月に二回は公民館でたくさんの人たちの協力で食事会をしていると。

中学生にもなると、ごはんを3合くらい食べる子もいる、学校に行くのに給食がないので、弁当を作ってという子もいる、25年くらいたって、どうにも費用に行き詰って、相談に行ったと。そしたら「個人ではお金を出せないけど、名前を付けて」と言われて、その行政の方が「食べて語ろう会」にしようと名付けてくれたと。そして、初めて助成金の申し込みをして下さったと。それは「まつだ財団」で、助成金がいただけたのは、20万円。それは、ひと月分にしかならなかったけど、うれしかったと。

食事と語らいの居場所を  少年の再非行・非行防止・改善更生を支援します!!がスローガンです。暴力団の子などは、帰りたくないと家に泊まる子も出てきたと。そしたら、暴力団が警察に監禁で中本さんを訴えたりしたこともあったと。それから、中には「ばっちゃん、肉が食べたい」という子も。肉といえば鶏肉ばかり。たまには、焼き肉が食べたいと。「三か月悪いことをしなかったら、食べさせてあげる」と言ったら、本当に三か月、警察のお世話にならなかったから焼き肉といった子がいたと。でも、資金的に食べさせられないと。

ああ、私、おかしを16袋分しかもって来なかったけど、よし、いつかお肉を持っていこうと思いました。

県知事さんに「子どもたちの言うことを聞きに来てください」というと、ほんとうに知事が来てくださったと。子どもたちに知事さんに言いたいことを言いなさいというと、たくさん子どもたちがしゃべって、訴えて、知事は固まったと。こういう現状を知られなかったのでしょうと。私、(うち合わせの時でしたので)市長はどうですか?と聞きました。市は全然ダメだと。あ、場所は貸してくれています。でも、家賃はしっかりとられますと。市民賞の表彰だけはしてくれたけれど、資金的にはなんにもしてくれませんと。

毎日毎日ご飯を作って食べさせている、ほんとうにすごい人です。

この項、続きます。

 

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

 

 

 

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

 

 

| | コメント (0)

「パラサイト半地下の家族」

昨日は、お昼午後1時20分から5時まで、ずっと「女性自立支援法」のキャラバン、講演とシンポジウムで過ごしました。これについて、私の感想がいくつもあるのですが、それは、ちょっと後回し。

実は、結構ぐったり疲れて家に帰って。ポケッとしていたのですが。このまま夜遅くまで何もないのかなと思ったら、何か腑抜けになってしまって。それまできついスケジュールで追い立てられた気持ちで過ごしていたのに、すべて終わったと思ったら・・。で、このままで、どうやって時間を過ごしたらいいのか分からないと思って。そして、行きました。

映画「パラサイト半地下の家族」。車を飛ばしてアウトレットの最終の上映に間に合いました。

韓国映画、これまで数々感動させて頂きました。最近では、「1987,ある闘いの真実」「タクシー運転手、約束は海を越えて」「共犯者たち」…どれも見終わった後しばらく胸が一杯になり、感動はずっと続きました。今回のパラサイト、韓国語の原題は「キセンチュン」そう、英語のパラサイトは「寄生虫」。そのままのタイトルですが、日本語では英語を使って「パラサイト」、それにわざわざ半地下の家族をくっつけています。そうねえ、「寄生虫」ではタイトルとして気持ち悪い、それを横文字にするとなんかおしゃれになりますものね。

Photo_20200217162701

私、まったく事前の知識なしに行ったのです。ただ、アカデミー賞を取った。それを授賞式でアメリカ人も含めてみんながにこにこして拍手していた、そんな韓国映画、格差社会を描いたものらしいくらい。

でも、見る途中から怖くなりました。怖くて、もう途中で帰ろうかと思いました。やっぱり最後まで観なければとは思ったものの、隣に夫でもいれば、手をつないでもらうものを残念ながら一人です。で、たまらなくなってトイレに行きました。そこで深呼吸をして、もう一度席につきました。年を取ると、だんだんと怖いものは観たくない、知りたくないとなってきましたし、映画やお芝居には、ひどく思い入れをするようになってしまって。

で、見終わると何とも気持ち悪くて。暗い駐車場を一人歩きながら(午後11時近く。アウトレットの広い駐車場は、映画が終わるとすべて閉店しているお店の方には出られず、映画館のすぐ横の出口からしか出られなくって、そこは自分が停めた駐車場からとても遠くて、西から東へぐるっと歩かなければならなく最悪でした。)こんな映画はは全然好きじゃない、感動なんてしないわ、見るんじゃなかったと。とぼとぼと歩きましたよ。

家に帰ってからも、気持ち悪くて、悪い夢でも見るかもしれないと思ったのですが。今日も、映画のいろいろな場面が頭にこびりついて、離れません。家族みんなが優秀であっても、働くところがなくって貧しい暮らしを強いられる人達がいる、そして、ものすごい豪邸に住む人たちもいる。そんな社会への強烈な皮肉なのでしょうが・・・。これは、やはり私の頭や胸に残り続ける映画なのでしょう。感動ではなくって、何なのでしょう。まるで強烈なパンチをくらって頭がくらくらしたかのようです。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。



広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。

広島ブログ

| | コメント (0)

«「女性支援地域連携フォーラム」