「8.6ヒロシマ平和の夕べ」⑩米澤鐵志さんのお話

「8.6ヒロシマ平和の夕べ」の最終の発言は米澤鐵志さんでした。

米澤さんは、電車内ヒバクシャの数少ないサバイバーです。著書に「僕は満員電車で原爆を浴びた:11歳の少年が生き抜いたヒロシマ」があります。

 この「8.6ヒロシマー平和の夕べ」の第一回の講演者であり、以後毎年この会に参加してくださっています。

Img_1293

米澤さんは、今京都在住。いつも多くの所から求められて証言活動をなさっています。

先日も、ある専門学校で証言したと。その時に、原爆の被災だけでなく、日本の加害の話もしたと。そしたら、学生さんたちから、日本がそんなひどいことをしたなんて、全く知らなかったと。拉致よりもひどいことをしていたのですね、と。戦争への道を突っ走ろうとしている今、この歴史をちゃんと伝えていかないといけない。

それらをちゃんと伝え続けたこの会を今後も続けてほしいと言われました。
私は、ありがたくてありがたくて。いろいろとあった今年の「8.6ヒロシマ平和の夕べ」、この会に今年も米澤さんが参加してくださったこと、そして私たちを励ましてくださったこと。つい涙ぐんでしまって、最後の言葉も皆様ありがとうございましたとしか言えませんでした。

米澤さんは、翌8月7日、83歳のお誕生日を迎えられました。米澤さんと共にヒロシマで8月6日を送ることができたのは、本当に大きな喜びです。ありがとうございました。どうぞ、これからもますますお元気で、若い人たちに語ってあげてくださいませ。

 来年も、いい企画をして米澤さんをお待ちしますね。私の大切なツーショットです。

Img_1284

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「8.6ヒロシマ平和の夕べ」⑨川口真由美さん・Yasuさん

「8.6ヒロシマ平和の夕べ」では、毎回音楽の演奏、歌もお願いしています。今年は、川口真由美さんにお願いしました。川口さんは、沖縄のMakoto Yasuと共にきてくださいました。

川口さんは、関西を中心に、沖縄や韓国でも大活躍の方です。これまでにもこの8.6ヒロシマ平和の夕べに参加し、交流会で歌ってくださっていました。

広島に来て、灯篭流しを見た後で作ったといわれる「悲しみから生まれた平和への道」など、それは素晴らしい歌を歌ってくださいました。

Img_1292

Img_1336

そのステージは、You Tubeのここでアップされています。



川口さんとYasuさんの力強い歌は、参加者の胸を揺さぶり、力を与えてくださいました。

心から感謝します。ぜひ皆様も聴いてくださいませ。

なお、フェイスブックでは「悲しみから生まれた平和への道」と、Yasuさんと共に歌われた「沖縄いまこそ立ち上がろう」をそれぞれアップしますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「8.6ヒロシマ平和の夕べ」⑧大塚愛さんのお話・続き

 大塚愛さんのお話は、福島の現状、今も避難している人達、子どもの甲状腺がんのことなどに続きました。その場でのお話の細かいデータなどはメモできなかったので、以下のデータは、私がネットで調べたものです。

今も避難している人達。10万人を超えています。これは福島県が発表し、NHKが取り上げたデータですが、ここにもあるように、避難指示が続いている浪江町、富岡町、大熊町、双葉町、飯館村の5つの町と村から県内に避難している住民、あわせて2万4000人以上が含まれていないそうです。福島県では、仮設住宅などの狩りの住まいを出て、災害公営住宅に入居したり、避難先で住宅を再建したりした住民は「安定した住まいがあるむとして避難とみなされないのだそうです。

Fullsizerender


そのうえ、自主避難者の公務員宿舎などへの住宅の無償提供や家賃補助などが今年の4月から打ち切られています。母子避難などの世帯分離している人達も多く、生活が成り立たなくて悲鳴を上げていると。

また、子どもの甲状腺がんも増え続けています。これは、今年の6月5日に公表された福島県民調査報告です。

Fullsizerender5

 報道も少なくなった今、ともすれば人々は福島の人々のことを忘れそうになっています。私たちは、これからもずっとずっと福島の方々のことを見守りたいし、支援し続けたいと思います。

ところで、平和の夕べの後の交流会では、大塚愛さんが歌ってくださいました。彼女の県議の選挙の時に作ったという「一歩」。子どもたちもそれを覚えて歌ってくれたと。ここに素敵な歌声をアップできないのが残念ですが。フェイスブックでアップしますね。

Fullsizerender3

大塚愛さん、その日の朝福島を発って広島に駆けつけるという、大変お忙しくお疲れのところ、お話してくださって、本当にありがとうございました。これからも「8.6ヒロシマ平和の夕べ」では、必ず福島の人々からの発言も続けます。

どうぞ、ますますのご活躍を。応援しますね。

 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「8.6ヒロシマ平和の夕べ」⑦大塚愛さんのお話

「8.6ヒロシマ平和の夕べ」福島から故郷の岡山に家族で避難していらっしゃる大塚愛さんにもお話をしていただきました。

Img_1337

Img_1339

大塚さんは、岡山大学教育学部卒後、農業研修のために福島に。そこで大工さんの修行もして、家を自分で建てたと。その時の写真をたくさん見せてくださいました。田んぼで鋤をしているところ、木を切っているところなどなど。でも、一番素敵と思ったのは、自分でスコップで一週間かけて井戸を掘っている写真です。その写真を皆さんにも見て頂きたいなあと思いましたが私の手元にはなくて残念。電気も自家発電で。

そして、あの大地震。ご自分で建てた家は大揺れしたけれど、びくともせず、普通に生活できていたと。そのあとの原発の事故。家族で岡山に避難されました。

福島での生活について、7月27日のこのブログで皆様にお伝えしているのですが、ここに記述してある、福島での幸せな生活について、もう一度ここに掲載しますね。福島原発岡山裁判での陳述書からです。

『1 私のこと

私は広島県福山市で出生して,1歳から25歳までこの岡山で過ごしました。

私が福島で生活を始めるようになったのは大学を卒業した3年後の1999年のことです。大学では教育学部で幼児教育を専攻しました。大学卒業後,自分の夢を模索する中で自給自足と大工を目指すようになり,福島県川俣町にある農場で農業研修を受けることになりました。

半年間の農業研修ののち,私が生活をしていたのは福島県双葉郡川内村というところです。川内村は浜通りの中部に位置し,福島第一原子力発電所からは30キロ圏内にあります。川内村の当時の人口は3000人くらいでした。

私はこの村に自分で小屋を建てて住み,村の大工の親方に弟子入りし,平日は大工仕事を,土日は農作業をしながら生活していました。

川内村に移ってから4年後,仕事の関係で福島に来た夫と出会って結婚し,川内村に夫婦で新居を建てました。子どもが2人生まれて家族4人になり,大工と建築設計の仕事を営みつつ,春には山菜を採り,夏には渓流で泳いでヤマメを釣って食べ,秋にはキノコやクリを採り,冬には薪で暖をとる,そのような暮らしをして,四季のめぐりや自然の恵みに何より生きる豊かさを感じていました。』

そのような生活から逃れなければならなくなって、2011年3月に避難され、その年の5月に、福島にいる子どもたちの保養受け入れや、避難している人達のサポートのために「子ども未来・愛ネットワーク」を立ち上げ活動されています。さらに、岡山県議の横田悦子さんが亡くなった後の補選に立候補し、見事当選され、いま、県議としても活躍されています。

福島から避難されている人、子どもの甲状腺がんのお話など。明日に続きますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「8.6ヒロシマ平和の夕べ」⑥小野英子さんのお話・続き

 小野英子さんのお母様の信子さんが英文で書かれ、英子さんが翻訳、編集された「炎のメモワール」については、ここに書いています。

http://miyoko-diary.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/post-ded6.html

小野さんから頂いたコピーをさらにコピーして、参加者全員に配りました。

体験の語りではサラリと話されましたが、「炎のメモワール」を読んで、もう、涙を禁じえませんでした。被爆直前の平和な一家の朝の様子、そして夫は学徒動員の現場へ、上のお嬢さんの洋子さん8歳は、学校へと出て行った直後の原爆投下。お母様と英子さんは、倒壊した家の下敷きになるも、なんとか脱出。その直後はもう火の海となり、洋子さんを探しに行こうとするも、かなわなかったこと。それを何度後悔なさったことか。火の中に飛び込んででも行けばよかったと。

その後、避難先から洋子さんを探し求めて。やっとやっと見つけた時には、亡くなっていた遺体と化していました。その直前まで「お水を頂戴」と言い続けていたと。もう少し早く見つけていたら、と、これも幾度後悔されたことでしょう。

夫の山本先生が亡くなったことは学校で知ったと。時計などのわずかの遺品があるのみで、遺骨もどっては来ませんでした。

こんな思いをどれだけの人がしたことでしょう。まったく、原爆を開発した人、落とした人、落とせと命令した人、それよりも戦争を始めた人たち。この人達は人間の命をどう考えていたのか。戦争のための一つの駒でしかなかったと。駒にも一人一人命があり、思いがあり、家族がいて、 ということなどは全く頭にないのでしょう。それは、今の日本の安倍首相をはじめとする政治家の多くの頭にも。

この手記は、被爆の2年後に書かれ、アメリカの「TIME」に送付するも、GHQの検閲にかかり、没収されました。信子さんが亡くなった後の遺品の中から英子さんが見つけ、翻訳、編集されたものです。信子さんが、生前にこのことを知られたなら、どんなにかホッとされたことかとそれは残念です。

小野さんには、関東地方を中心に証言活動をされていますが、広島で話すのは初めてとのことです。重い、大切なお話をして頂きました。

Img_1286 小野英子さんは、いま重い肺がんの治療中です。抗がん剤で髪がすっかり抜け落ちて、今やっとここまで生えて来たと。それはそれで素敵ですよ、白髪がとても上品ですと申し上げました。

私から言うまでもないのですが、どうぞ、どうぞお体を大切になさって、そして、貴重な体験のお話を多くの方にしてあげてくださいませ。戦争や被爆がどんなことなのかを知らないまま、知ろうともしないまま、戦争への道を突き進もうとしている今だからこそ、小野さんの活動はとてもとても大切なものだと思います。

この度は、本当に来て頂いて、お話し頂いてありがとうございました。参加者みんなの胸を打ちました。私たちは、この小野さんのお話を大切にこれからも活動していきたいと思います。心から深く深く感謝申し上げます。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「8.6ヒロシマ平和の夕べ」⑤小野英子さんのお話

「8.6ヒロシマ平和の夕べ」のご報告の続きです。永田浩三さんの講演の報告に続いて、小野英子さんのお話の報告をしなければならなくって。でも、なかなかできないで、だらだらと私の日常の報告ばかりしていました。小野さんのお話があまりに大きくて、書きづらかったのが原因です。

でも、いつまでも逃げていてはならないと。いを決して今日のご報告を書きます。当日の会の司会でも私は言えませんでした。


小野さんのお父様は当時、広島二中の教師でした。私の父と同僚です。お父様は全滅した二中一年生とともに、爆心地の本川川岸でなくなりました。生徒に君は頑張って家に帰れ、先生はもう歩けないと、生徒の手を握ってその後亡くなったと。ポプラ社の「いしぶみ」にも書かれています。 私の父は偶然が重なって生きました。

お父様とお姉さまをなくされて、お母様と二人、その人生はいかばかりだったかと。生き残った父から生まれた私は、幸せに育ててもらいました。それが何とも後ろめたかったこともあります。

当日の朝、何年ぶりかで二中の慰霊式に出ました。二中の一年生だったお兄様をなくした竹田さんも一緒です。私は父の存命中は一緒に行っていたのですが、亡くなってからは、6日の夕方一人でお参りしていました。

二中の慰霊碑は一年生が全滅した本川の川沿いにあります。道路を挟んで式典は行われます。その真ん中の道路を安倍首相の車が厳重に警備されて通りました。

Img_1245

Img_1243

二中の碑の前での小野さんです。背景が警察官だらけですが。

Img_1240

小野さんの講演は幸せなご一家の写真から始まりました。

Img_1289

そして、お母様の著、小野英子さんの訳の「炎のメモワール」と「いしぶみ」を手にお話されました。

Img_1338

広島でお話しされるのは初めてということですが、そのお話は壮絶なものでした。

明日に続きますね。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

別府です。

 無事別府にいます。昨日は、二十日市での事故渋滞につかまってしまって、普通4時間のところを6時間かかってしまいました。休みは下松で15分とっただけ、食事をすることもせず、パンを買ってかじりながら運転し続けました。というのも、渋滞でと夫が母に電話をすると、どうして夜に帰らなかったのかと言われたというので。情けない思いをしながら、とにかく急ぎました。

別府に到着すると、病院に直行です。4時に母のご機嫌がどうかと心配しながら到着しましたが、まずまずのご機嫌だったのでホッとしました。


私の母だったら、または私だったら、急がなくていいから、気を付けて帰ってねと言うのですが、 何十年経ってもまだ私はこんな言い方には慣れません。

母とお話したり、買い物をしてきたり、爪を切ってあげたり。でも、大失敗、切れない爪切りで悪戦苦闘していたら、母の指も切って出血させてしまいました。バンドエイドを二回張って、何とか止血しましたが、ごめんなさいです。足の爪は、巻き爪になっているのもあって、なかなかでした。足にできている魚の目も削ってスムーズにしてあげて、喜ばれました。

病室から中庭です。ヘリポートがあります。この前来た時には、ちょうど大きな音がして、ドクターヘリがやって来ました。全県下をカバーしているのでしょう。

Fullsizerender

夜になるまで病室にいて、帰る途中電話があって、福岡の兄夫妻が大分の兄のところにきていると。それならと家にきてもらうことにして、急遽お買い物、晩御飯を一緒にしました。我が家のそばのスーパーには、お魚屋さんがしているお寿司がとても豪華でおいしいので、それを買って、オードブルも買って。お味噌汁を作って、話が弾みました。

一晩泊まってもらって、朝ご飯です。

Img_1441

白いのはヨーグルト。味噌汁は玉ねぎとジャガイモとシイタケとネギで。いりこがなかったので、うるめいわしを焼いたのを一匹入れて出汁にしました。ナス単独のは、油でいためておしょうゆと鰹節の、私の定番のです。オランダを久しぶりに作りました。大分の郷土料理です。これを炒めて、みそとお砂糖で味をつけて、小麦粉でとじます。ごはんにのっけて食べると美味です。

Img_1439
今からまた母の病院に行きます。お墓参りもあるし、忙しいです。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

叔母夫妻のお墓がありませんでした。

昨日は、カープ。薮田の素晴らしいピッチング。9回、口をキュッと結んでモクモクと投げる姿に、じんわりと感動しました。菅野に投げ勝って、完投、完封。1対0でも、まったく退屈せず、ピッチングに魅せられて過ごしました。いい試合を見せてもらいました。


さて、出雲の続きです。ブドウ狩りの後、おばさん夫妻のお墓のあるお寺を探して行きました。大きなお寺です。私はおじさんのお葬式に行ったきり、姉や夫はおばさんのお葬式にも行っています。お寺に着いて、夫はさっさと墓地に入っていきます。どこに叔母たちのお墓があるのかを知っているのでしょう。そして、後から行った私たちに「お墓がない」といいました。ここなんだけど。なくなっていると。そんな、そこではないんじゃないの?


私と姉は、お墓を一つ一つ探しました。そして、同じ姓のお墓が並んでいるのを見つけました。あったあったと。夫を呼びに行くと、夫は、お寺の住職さんのお住まいの玄関で何か話しています。

そして、「やっぱりお墓はないって。弟さんが墓上げをされたって。」弟さんの管理するお墓の方に持って行かれたと。

  おばさん夫妻には子どもはいません。おじさんが亡くなってからはおばさんは一人暮らしをしていました。おばさんの身内は、おばの姉である私たちの母の子、私たち兄妹だけです。そのおばさんが亡くなって、家は空き家です。その家のことなどは、こちらでしますからとおじの弟さんが言われました。この度、家にも行ってみました。住む人のいない家はさびれていました。

お墓にはおじさんの御両親も一緒に葬られていました。そこがこのようになっていました。


Img_1397

私たちは何にも知りませんでした。呆然としながら、持って行ったお花をそこに置いて拝んで帰りました。もう、私たちには叔母さんのお墓はどこにあるのかもわかりません。おばが亡くなって二年。墓上げ、早かったねえ。もう墓参りはできんねえ。口数も少なく、私はひたすら運転して帰りました。

考えてみれば、河野のお墓だって。私たちの息子には女の子が一人いるだけです。どうなるのかねえ。私の両親は、教会の共同墓地ですので、まったく心配はありません。こんな方法が何よりと思えてきます。

今日からお盆を過ごすために大分に帰ります。まずお墓の掃除です。母の事、これからどうするか、夫が考えなければなりません。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出雲にて。

玉造の旅館「松の湯」はそれは丁寧な接客で気持ちよく過ごすことができました。

何しろギリギリになってじゃらんで探した宿です。玉造は高いという偏見があって、でも一泊二食付きで税込み14040円、夏休みなのにえらくやすいかな?と恐る恐るだったのですが。

でも、姉と私には部屋の浴衣だけでなく、色浴衣と帯を自由に選んで貸してくれたし、かわいい模様の巾着と色足袋や朝のラウンジでのコーヒー券も下さったし。心配した食事も懐石で食べきれないほどたったし。温泉は広く気持ちよいし、上がると冷たい水だけでなく、アイスキャンデーをどうぞとくれるし。

本当に決め細かいサービスが行き届いていました。

旅館の中庭です。

Img_1377

朝食会場の横の個室には、大きな勾玉がありました。大きい!!

Img_1383

とても気持ちよく過ごして、翌日、出雲市の平田でお墓参りをしました。

その 帰り、母の妹夫婦の家がどうなっているのか、そしてお墓参りもしましょうと、そちらに向かって行っていると、ハウスが並んでいる広い農場がありました。見ると、ブドウ狩りと書いてあります。寄ってみることにしました。お墓詣り以外は何の目的もない気ままな旅です。

Img_1390

Img_1392

Img_1391

Img_1395
ブドウ畑に入るのは初めてです。いろいろな種類のブドウを摘んで1キロ1300円で買い取りしました。

そして、叔母夫妻のお墓のあるお寺に行って、びっくりの事態でした。落ち込んで複雑な思いで帰路に着きました。また明日にしますね。


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お昼の講演の後、玉造りに来ました。

おはようございます。玉造の朝です。早く眼がさめたので、散歩に出ました。

Img_1375_2

温泉の真ん中を川が流れています。川のせせらぎと、鳥の声、それに夏と思えないほど涼しくて。正面は勾玉橋といいます。ここは昔からめのうの産地です。だから玉造りなのですね。そのあと、朝の温泉に入りました。いいのかしらと思うほど、贅沢な思いをさせてもらいました。

昨夜の夕食です。

Img_1358

昨日はお昼に国保会館で国保連合の職員の組合の方たちにお話しをしました。こんな贅沢な場所の最上階。部屋いっぱいの人が来てくださいました。

Img_1345_2
Img_1342_2

講演の後、若い男性がそばに来て、高校時代に先生の話を聞きました。内容はよく覚えていますと言ってくれてうれしかったです。

 そのあと、島根に出発。途中突然バチバチとあられが降り始め、それからすさまじい雨。前が見えなくなるほどの土砂ぶりでどうなることかと思いました。でも、こちらに着くとからりと晴れていましたよ。

いまから朝ごはん、そして平田にむけ出発です。こんな贅沢に思いをさせてもらえるのも、ここにお墓がある両親のおかげだと感謝しています。



 

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«「8.6ヒロシマ平和の夕べ」④うれしいお電話