近頃食べたものです。

 昨日は、お昼、とても忙しいことが分かったいたので、昼食持参でした。夫が買っていたのをちょっと失敬。これがねえ、とってもおいしかったので。お湯を入れただけでカーライスが食べられるなんて。食べ終わったら、目の下にうっすらと涙がにじむほどの辛さでしたが、とにかくおいしかったのです。これは、やみ付きになりそう。

Img_0188
この際、近頃食べた物を。しばらく強烈な風邪で食欲がなかったのですが、すっかり戻りました。二キロ落ちた体重も、着々と戻しています。

日曜日性教協広島サークルの例会の後、午後は役員会なので、ランチを皆で。いつもは、会場の隣のブラジルでいただくのですが、メンバーの一人が「お好み焼きが食べたい」と。それでは、どこかにあるでしょうと鷹野橋の商店街を歩いて。端まで行ってもなくって、なかったね、どこかにある物だけどと戻っていたら、その食べたいと言った本人があっ、あるっと、走りました。公設市場。すべてのお店は閉まっていたのですが、真ん中あたりにお好み焼き屋さんがあって、しかもどなたも客がいなくて、六人全員が入れました。どうしてわかったの?と聞くと、市場の入り口におたふくソースのハタがたっていたからと。さすがです。私は、定番のうどんの肉玉のイカ天、ねぎかけ。ここの所、長田屋以外で食べたのは、久しぶりでした。みんなとおしゃべりしながらのお好み焼き、とてもおいしかったです。

Img_0184

そごうの地下の出雲そばの一福での冷ぶっかけそば。たれをかけて混ぜて戴きます。大根おろしとわさびがよく合って。まいたけの天ぷらもとってもおいしくて。後のそば湯もしっかり頂きました。

Fullsizerender_663
球場でのお弁当。左はそごうの神戸ころっけで買って行ったころかつ弁当。コロッケとヒレカツがごはんに載っています。コロッケ大好きなので。ただ、せっかくなのに、たれのかけ過ぎです。別においていて下されば、好みでかけるのですが。右は、球場で買ったお弁当。ちょっと豪華過ぎて食べきれませんでした。次からはもっと小さいのにします。

Fullsizerender_660 Fullsizerender_661

さて、今日もカープ、ヤクルト戦です。中日に三連敗で傷心の選手たちをしっかり応援しましょう。今日は、カープ坊やが一杯ついた赤い傘がもらえるのです。楽しみ~。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気が重いこと④公務員の柔軟性

昨日の続きです。

私は、市の職員の方に「私はどうすればよかったのですか」と問いました。私たちが被るしかないのですかと。職員の方は「私費でしてもらって下さい」と言いました。18000円、後で市から却って来るのなら、それでもいいでしょう。でも、向こうはもうこれは無効ですというのです。

一人は上の子が病気で入院していて、もう一人はつわりがきつくて、保健センターに行けなかったというそれぞれの事情がおありの方で、そういう方は、市のサポートは受けられないと言うことなのですね。

 わかりました。これまでは問題がなかったことを担当が変わったら、とたんにこうなると言うことは、担当のあなたでは、話ができませんね。これは上司の責任でしょう。上司とお話しましょう。上司、局長ですか、局長と話せばいいですか?子ども未来局長ですね。局長に私が話に行きましょうね。

そしたら、職員の方は「これまではそうではなかったのですか?」と問われました。「はい、何も問題ありませんでしたよ。ちゃんと補助されておりました。あなたに代わった途端です。こんなおかしなことを言われるのは」

そしたら、上司に言うのはちょっと待って下さい。こちらでもう一度検討して見ます。またお返事しますから、と言われました。ので、待つことにしました。

それでも、なかなか返事はなく、その夜、考えました。少子化の時代、赤ちゃんを産んで育てようかという人には、行政として少しでもサポートできるようにと考えるべきなのに、これでは逆向しているではないか。一産婦人科医の損得の問題ではない、これからだってありうること、今度このような人が来たら、どう対応すればいいのか考えなければ。それに、私のクリニックだけでなく、おそらく他の産婦人科の申請にも、しっかり目を凝らして調べて、同様の電話をかけているでしょう。

私は、市会議員の方にお話しようと思いました。いきなり議会で追及と言うのではなく、市の局長に話しに行くのに、アポイントを取ってもらって、付き添いを頼もうと思いました。今外国に行っている友人の市会議員が帰って来たら、すぐに頼みましょうと、そう決めました。

そしたら、翌日、電話がかかって来ました。そういう事情があるのでしたら、補助は出します。送り返した補助のチケットをまた出して下さいと。担当が変わる時に引き継ぎを間違って捉えていました。すみませんでした、と。

わかりました、ありがとうございますとお答えしました。しかし、そこで考えました。もし、二度目の電話で私が怒らなければ、このことはずっと続いていたのに違いない、少なくとも、一度目の補助の無効はそのままになっていたことでしょう。

 そもそも、行政の職にある人は、規則と、住民の福祉をどうとらえているのでしょう。規則だからこれは補助できませんと送り返すという、その行為を平然とすること、その陰に、一人一人の住民にどのような事情があったのか、想像力を働かせることもないのでしょう。

杓子定規に決められたことに忠実に事を運ぶ、それが公務員の仕事だと思っているのでしょうか。住民のために柔軟に事を運ぶという、発想を持ってもらいたいと思います。

まだあります。DVで肋骨が折れるほどの暴力を受け、救急搬送され、その上後で妊娠していることが分かった人がいます。相手は逮捕、彼女は逃げて来て福祉のお世話になることになりました。人工中絶をすることになって、でもお金がありません。福祉の担当の人は、なんと「相手がいることですから、相手にお金を払ってもらって下さい」と言ったと、涙をこぼされます。DVの障害の被害者が加害者にお金を払ってほしいと言いに行けるわけがありません。この方のことは、まだ進行途中です。事態がはっきりしたら、たまご報告することが出来るかもしれません。つらい立場の人に寄り添う、柔軟な公務員の対応を望みます。

上の人に、究極の「忖度」をする公務員、最高の上司のために法律さえも捻じ曲げてしまう、その柔軟性を発揮する公務員の姿も醜いものですが。そうではなく、住民のために忖度してほしい物だと思います。少なくない税金を払っている立場からもそう思います。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気が重いこと③母子手帳の補助

今日は、5月14日のブログでお知らせしたように、性教協広島サークルの例会で私がお話します。「女性の健康向上を阻む社会的圧力~性教育バッシング・ジェンダーバッシング~」です。準備万端。仲間たちに久々に会えるのが楽しみです。

さて、気が重いことの続きです。

妊娠をして出産を望まれる場合、母子手帳を取ってきて頂きます。妊娠のうんと初期に来院された場合、妊娠した袋、胎嚢と言いますが、それだけしか見えないこともあります。それから少しすると、胎嚢の中に胎児と胎児の心拍が見えるようになります。そしたら、正確な妊娠の週数と出産の予定日を出します。それを書いて、母子手帳をもらってきて下さいと指示します。胎嚢が見えるだけだと、胎児が育たなくって、流産する場合もありますが、心拍まで見えるようになると、流産率はかなり少なくなりますので、そこまで待って、指示します。母子手帳をもらって、いろいろと書類やパンフレットももらって、それから流産というと、かなりつらい物があるからです。

母子手帳は、住民票がある地域の保健センターに行き、予定日を言うと発行されます。今は、それにマイナンバーの番号も必要になっています。

母子手帳を持ってきていただくと、それに補助、行政のサポートが14回分ついていますので、それを利用して、いろいろな検査を行います。超音波などで胎児を見るだけでなく、血液や尿での検査、血液型、貧血や白血球、血小板の数、HIV、梅毒、風疹の抗体、B型肝炎、C型肝炎、不規則抗体、そして子宮頸がんの細胞診等。一回目の補助は18050円と、がん検診の3400円です。

Fullsizerender_659

ある妊婦さん、第二子の妊娠ですが、上の子が病気になって入院し、付き添いと看病で母子手帳を取に行けなかったと来院されました。それでは、早く取りに行って持ってきて下さいねと言って、健診をしました。その5日後に母子手帳をとりに行ったのでと持参されましたので、補助の健診票をを切りました。後ほど、その票は、市に提出しました。それが2月のことです。
これまでも時々あることで、別に気に留めなかったのですが。

ところが、二か月後の4月、市から電話がかかって来ました。健診は2月10日になっていますが、間違いはありませんかと。はい、とお答えすると、それは母子手帳の発行の前に行われていますので、補助はできません。健診票はお返しします。再請求もできませんと。私たちはボー然です。では、そのお金はどうなるの?補助金をもらえなくって、提出した検査代、お金は私たちが持たなければならないってこと?もちろん、いまさらご本人に出してもらうなんてことはできません。

どうしようもありませんでした。これまでは、それが通っていたことなのに、行政の担当が変わると、突然、おかしなことが起こる、これまでも経験があったことなのですが、小さなクリニックにとって、18000円は痛いです。杓子定規なお役人の対応です。

むしゃくしゃしながら、何とかならないかと思い続けていました。

何にもできないでいたところ、また同じ人から電話がかかって来ました。やはり2月につわりがきつくて寝た切りで、母子手帳を取に行けなかったと言う方に健診をし、大きな病院に紹介しました。後でお連れ合いが母子手帳を持ってこられ、補助のチケットを切りました。その方も、補助は出せませんのでお返ししますと。

二人も。それも二か月も経って。私は、怒りました。で、電話に出て、またですかと反論しました。お二人も続くと、もう黙ってはおれませんと。

この方は、つわりがきつくて、保健センターまで行けなかったと言われます。では、私たちはどうすればよかったのですか、母子手帳がないなら、健診はできませんと帰って戴けばよかったのですか。「私費で検査をして下さい」なんと、母子手帳がないなら、18000円頂きますと言うのですか。18000円ですよ。

この項、続きます。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気が重いこと②名古屋の少女について

気が重いこと①で「親に言えない」ことを取り上げました。

偶然なのですが、昨日、名古屋で高2の少女が鞄に赤ちゃんの遺体を入れて警察に出頭したという報道がされています。少女は逮捕されて調べを受けていると。

ああ、やっぱり。ここにもまた誰にもSOSを求められなかった少女が一人いる、追い詰められて、どうしようと悩み続けて、とうとうこのようなことになってしまった少女。これは珍しい事ではありません。修学旅行先で出産して女子高校生が逮捕されたということもよくあります。

これらは周りの大人たちの責任だと思います。

私がいろいろな講演で使っているスライドの一部です。

Fullsizerender_655

これまでも、同様のケースでは、家族が妊娠に気づいていたかでは否なのですね。

報道によると、少女の両親からも事情を聴いているとあります。ネットなどでは、親はなぜ気付かなかったのかという論調も見られます。それは無理。毎日共に過ごしていると、少しずつの体の変化はなかなか気づきません。時を置いて会うとえっ?太った?などと気づくことはありますが。

なぜ周りが気づかなかったのかではなく、なぜ少女が周りにSOSを求められなかったのかという問題でしょう。

Fullsizerender_658


世間では間違われていと思うのです。これまで何事もなく、いい子で過ごしてきた少女ほど、誰にもSOSを求められないのです。少々親に心配や迷惑をかけて来た子であれば、叱られることを覚悟で「お母ちゃん、実は」と言ったり、親には何も言えなくとも、友人に相談し、共に学校の養護教諭の所に行ったりして、何とか医療機関に繋がったできるのですが。

それから、今、子どもたちはちゃんとした知識を与えられていません。
性教育バッシング以来、このスライドの1に書いているようことは伝えられていません。

Fullsizerender_657

「たった一人でもいい、周りに大人の相談相手がいれば、救われる子どもが沢山いる」私は、こう訴え続けてきました。

このような時、逮捕され、法的にも、社会的にも、責任が問われるのは女の子ばかりなのだと。男には何にも問われないのだとも。

家族や学校や、すなわち大人たちが変わらなければ。すなわち文科省も変わらない限り、この少女のようなかわいそうなことは続くでしょう。そう断言します。

他の行政の情けない対応について書くつもりだったのですが、この少女の報道があったので、緊急にこのことについて書きました。まだ続きます。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原爆ドームとバラ

出勤途中の平和公園です。原爆の子の像の横にばら園があります。今、満開できれいです。薔薇の美に反するように、ドームが泣いているように私には見えます。 私をしっかり見て!!と。

Fullsizerender_650_2


平和公園は連日沢山の観光客です。今、資料館は改装中で、仮の展示しか行われていません。一瞬にして何十万人もの人の命が奪われたのだと、そんな社会は二度と作ってはいけないのだと、ドームが訴えているように思うのですが。


昨日は、午前中歯医者さんへ。交通事故の大けがから復帰されたドクターに治療して戴きました。患者さんは変わらず多く、みなさん先生に治療して頂けることにニコニコです。歯科衛生士のみなさんたちがさりげなくフォローしていらっしゃる様子もよく分かります。私たちもそうですが、やっぱりスタッフは大切ですね。

家に飛んで帰ってお弁当を作り、それを持って午後は電話当番へ。5時まで一人で当番。その間いろいろとすべきことが出来ました。

その後は、お楽しみ、カープへ。おかげ様でその前日とうって変わって、十分に楽しませていただきました。

その前日、破竹をたくさんいただきました。朝茹でてあく抜き。電話当番の前に破竹の実を煮て、お弁当のおかずに。夜カープから帰って、牛肉とジャガイモと玉ねぎと一緒に煮て、柔らかい所だけを酢味噌和えに。歯が治療中のため、繊維を切るように輪切りが主です。

Img_0148 Fullsizerender_651

Fullsizerender_652 Fullsizerender_653

こうして季節の物を楽しませて頂けるのも、平和であってこそと思います。

明日から、また「気が重いこと」の続きを書きます。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気が重いこと①親の付き添い

 長く現場にいると、いろいろとやり切れない思いをすることは多々あるものです。私の中にフラストレーションとしてため込んでいるものも。それらを少しだけここに出しますね。

ある妊婦さん。結婚しており、第一子は無事出産し、第二子のおめでたです。しばらく私のクリニックで健診をし、初期の血液検査も全部済ませ、順調に経過しておりました。で、出産する病院に紹介をすることになりました。

この頃は、大きな病院はあらかじめFaxで地域連携室に紹介状を送り、病院から何日の何時に来院して下さいという返事がきます。その返事とあらためての紹介状を持ってその病院を受診します。

で、Faxを送ったのですね。今の妊娠週数、出産予定日、経産婦であることなども記載したものです。何にも問題なく受け入れられてもいいはずの妊婦さんです。

そしたら、その病院の地域連携室から電話がかかりました。この方は未成年ですから、保護者と一緒に来てもらって下さいと。確かに、彼女はまだ19歳です。早い結婚で、今は19歳で第二子の妊娠中です。

そのようなことを書いているのに、そしてそれを読んだ上で、「親と一緒に来てもらって下さい」と。

その電話を受けたナースが「では、結婚していらっしゃいますから、ご主人と一緒に行ってもらいます」と答えたと。

それを聞いて、私は「ちょっ待った」と言いました。そして、私が電話に出て、「そこに書いているように、この方は結婚していて、それも第二子の出産です。二人目の妊婦健診に行くのに、親が付いていかなくてはいけないなんて、そんなバカな。そもそも結婚した未成年は成年として扱われるのを御存じですか?」と言いました。

「それでは、産婦人科と相談して改めてお返事します」と言うことでした。しばらくして、そういう事情であれば、一人でこられても大丈夫ですとの返事がありました。

その件はそれで落着です。

でも、私の気は重いままです。

性教育に関わって、産婦人科医も長い間続けていて。「親の付き添い」が大きな課題でもあります。産婦人科ですから、いろいろと人に言いたくない事、特に親には言いたくないこともあり得ます。

でも、私たちの立場からは、とにかく「早く」受診をしてほしいのですね。一人で悩んでいる内にアッという間に時が経って、やっと受診した時には「もう遅すぎた」ということがとて怖いのです。

人工中絶が間に合わなくて出産しなければならない、でも育てられない、というのがその典型的なことです。

また、強姦された、早くに来れば妊娠の予防ができるけど、遅すぎて、そのレイプで妊娠、中絶をしなければならなくなったというのもあります。

「親と一緒でないと診てもらえない」「親には言えない」と、そこに一つのハードルがあります。

とにかく受診を、そこから先は、また一緒に考えましょう、そんなことを言い続けていても、肝心の同僚が、産婦人科医が、そんなことを言っている、はじめの段階で「親と一緒に来てください」と言っている。

受診しやすい産婦人科を。ハードルをどう下げればいいのか、そんなことを考え合い、話し合っていても、足元の産婦人科医が分かっていない。

未成年の受診、第二子の出産のための健診でさえも未成年だから親と一緒に来てくださいと、そう自動的に職員に言わせている、その事実から、とても気が重ーくなってしまっているのです。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人生フルーツ

 この映画を観たい!!と思ったのは、横川シネマで「標的の島 風かたか」を見に行った時、予告編を見たのです。「人生フルーツ」。これは見なくては!と思ったのに、もうその時は横川シネマでの上映は終わっていました。 もう一度、シネマ尾道に「彼らが本気で編む時は、」を見た時にも予告編をしました。




全国の上映を探して、高知で、山口で、いつやる!!見に行こうかなんで考えていたのですが、横川シネマでも、シネマ尾道でも、再上映することが決まっていました。もうすぐ見に行けます。

どうにも待ちきれなくって、お二人の本を次々と買って読みました。

Fullsizerender_642

Fullsizerender_643

Fullsizerender_649

自分自身がコンクリートの中での味気ないバタバタした生活を送っているからでしょうか。フラストレーションがたまっているのをこの本で慰めてもらうというか、あこがれるというか。いつか私もこんな生活ができるかなあと。少しだけマネをして、別府の我が家に沢山できたレモンの蜂蜜漬けを作りましたよ。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カープグッズ、これを買いました。

この前カープの観戦に行った時、どうしても買いたい物があってと書きました。

その前に行った時にコンコースのグッズ売り場で見かけて、いいなと思った物です。その後もずっと頭にあって、やっぱり買おうと思ったのですね。それは、大分の母の所に帰った時、もうこの時期に駐車している車の中がアツアツで、ハンドルも握れないほどになっていて、ああ、カープのあれっと思ったのですね。

ところが、グッズ売り場に行くと、もうありませんでした。探し回っても無し。売り切れていたのです。がっかりして。でも、それでもと思って、まだ試合中でしたが、一階の正面のグッズ売り場に行ってみました。すると、ありました。即、購入です。

家に帰ってすぐに車にセット。私の愛車がこうなりました。

Fullsizerender_648

あはは、きっとマンションの人たちはニヤニヤされたでしょうね。柔らかくてセットしやすいし、裏にはちゃんと断熱アルミシートが張ってあって、優れたグッズです。早く県外でこれをセットして駐車したいのですが、うんと先でしょう。

もう一つ、これを買いました。マスコットを帽子につけている人を見かけていましたが、新しく、こいのぼりを持っているのが売り出されていたので、即購入。こいのぼりかヒラヒラしてちょっと派手かな?でも、得意です。デイゲームには、このマスコットを麦わら帽子につけます。

Img_0132
カープグッズには、次々といつまでも魅力が尽きません。夫が、良くやるよと呆れたように笑うので、いいじゃないの、他にはなんにも贅沢はしていないし、私の唯一の楽しみなのだから、と言い返しました。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今シーズン初めてのデーゲーム

昨日の午後は、ズムスタでカープの観戦でしたよ。

今シーズン五回目。これまでは全部ナイターで、初めてのデイゲームです。真っ暗な空に赤い風船もきれいだけれど、やっぱり真っ青な空。本当にきれいでした。

考えてみれば、空の青と、緑の芝生と、そして観客と風船の赤。光の三原色ですね。

Img_0087

巨人に大勝してすごく楽しかったのですが。試合が終わってヒーローインタビュー、巨人ファンはサッサと引き揚げましたが、カープファンはほとんど動きません。好投した九里とツーランホームランの誠也。インタビューをしている途中、コソコソと赤いバケツを持った二人が。そして、終わるとバシャー。

Fullsizerender_646
Fullsizerender_647
球場中が沸きました。何もかも楽しい楽しい観戦でした。

とうしても買いたい物があって、途中グッズショップへ。その横には、北広島町のみなさんがお店を開いていました。キジ鍋やアイスクリームや豚丼等。姉が柏餅を買ってくれて、みんなで一個ずつ食べました。

Img_0076

Img_0104

カープのみなさん、ありがとう。あっちこっち、どうしてと言うほど移動続きで疲れて大変でしょうけれど、頑張って下さいね!!

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

性教協広島サークル例会のご案内です。

5月21日、来週の日曜日、性教協広島サークルの例会です。今度は私の発表です。

Img216

今年の2月まで、日本産科婦人科学会の女性のヘルスケアアドバイザー養成講座で3年ンかに渡り、この講座を受け持ちました。私はこれで終わりです。来年からは他の方が講座をします。

002017


3年目の今年、やはり一番の講座ができました。これまでの物事を整理し、今後に向かっての展望等も含めて。

広島サークルでも一度例会で行ったことがあるのですが、もう一度、それをするように、その話を聞きたいという声があって、再度することになりました。

バッシングについての私の集大成です。

今年の性教協全国夏期セミナーは、岡山で開かれます。現地実行委員長は、上村茂仁先生。私は底で理論講座を受け持ちます。

「産婦人科医が語る 性教育の「これまで」と「これから」~課題を乗り越え 確かな歩みを~」

長い間歩んで来た私自身の性教育の集大成とも関考えています。さあ、頑張らなくっては。

私は今日は午前中電話当番。午後は急いで、カープ。一昨日中止になった時には、内野指定一塁側 前から7番目でしたが、今日は内野指定ではあっても、三塁側の31列ですって。うんと後ろの方。周りに巨人ファンが一杯いるのかしら。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«カープ中止。前から7番目だったのに。