「日本と再生・光と風のギガワット作戦」続きです。

「日本と再生」でそうなのかと思ったことの一つにドイツの発電の状況です。ドイツは、原発で作ったフランスから電気を買っていると言われていること。私も過渡期だから仕方がないかと思っていました。でも、現実は全く異なっていて、ドイツは電気輸出国になっていること。それも、自然エネルギーでの発電が主になっていてのことです。これは、メルケル首相が福島の原発事故を見て、決心したことで実現しました。

それから、面白かったのは、中国です。中国は、日本の原発事故に学んだという事、世界中のソーラー発電のパネルの70%から80%は中国で作っているので、太陽光発電は、低コストで簡単にできること。それから、広大な砂漠に膨大な数の風力発電の風車が設置されていました。

これは、会場で買って帰ったパンフに出ている、各国の方々が語った言葉を短くしたコメントです。改めて見てみると、世界中沢山の国を回られて、世界の発電事情をルポされた、これは貴重な映画だと思いました。

1

2

この映画を作られた労力と情熱は大変なものだと思います。おこがましいのですが、私も少しだけですが、見学に行ったり、写真を撮ったりしているので、それをこの度の金沢での講演に使います。写真は全部私が撮ったものですので、版権は心配ありません。

山陰の風力発電です。

Photo_2

大分八丁原の地熱発電所です。ここの発電だけで、22万世帯の電気が賄えるそうです。


2_2


1_2


そして上関の原発建設予定地です。これは私が撮った写真でスライドにしたものです。この時、いるかが沢山来て船の周りを泳いでくれました。

Photo_3

危険な原発よりも、こうした資源に恵まれている日本です。ますます自然エネルギーの活用をしていかなければと思います。




『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「日本と再生・光と風のギガワット作戦」

昨日は、午前中は映画「日本と再生」を観に行きました。「8.6ヒロシマ平和の夕べ」のスタッフにお二人と一緒でした。

午後はエイズの日曜検査の当番。

終わると、ひたすら講演のスライドづくりをしました。今週は、木曜日に「性被害・子どもの被害と薬物を使った被害」についての講演と、週末には金沢で「広島から福島へ」の講演をします。

スライドづくり、こんをつめてして全部出来上がって送り終えたら、頸と肩がカチカチで泣きそうになったので、ゆ―ぽっぽでマッサージをしてもらいましたよ。

「日本と再生・光と風のギガワット作戦」。「日本と原発」の続編です。河合弘之弁護士と飯田哲也さんが世界中を旅して、発電の状況のルポをします。原発や火力発電から、太陽光や風、地熱などの自然エネルギーを利用した発電に、世界中が切り替えている現実がよく分かりました。

日本も福島原発の事故以来、多くの人達が自然エネルギーの発電に力を入れているのですが。政策が何とも後ろ向きで。その陰に原子力村、利権を追う企業、政治家、学者たちの暗躍があります。

それにしても。3.11の福島原発の事故は、世界中に原発の危険性を知らしめることになっているのですね。ヨーロッパ、アフリカ、北米、中国・・・。自然エネルギーにどんどん変わってきていますよ。

それは、安全であるだけでなく、その方が発電コストが安いことがよく分かったこと。技術が進んで、経済優先でも、その方がうんと利益があるということが分かったと。それが大きいそうです。

映画の後、監督の河合弁護士のお話もありました。

Photo

広島と福島を考え、福島支援の私たちの取り組みを今度お話する上でも、とても勉強になりました。

多くの人が鑑賞されますように。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西城秀樹さんもう一度・岸井成格さん

色々な話がでてきたので、もう少し、西城秀樹さんの話を。

広島では、号外が出ましたよ。

2
その報道された日、クリニックで一人で原稿を書きながらテレビを見ていて、NHKの午後7時の全国ニュースでなんと、秀樹の「ハウスバーモントカレー」のコマーシャルが流されましたよ。NHK、商品名の前で切るのかな?と思ってみてたら、なんと、ぜーんぶ、商品名までばっちり流しましたよ。これだけ堂々とNHKでコマーシャルが流れたのは、初めてではないでしょうか。

私の父は、公立高校の校長を定年退職した後、西城秀樹の母校に講師として勤めていました。そこで、秀樹から「母校のためなら何があっても駆け付けます」とメッセージがあったのだと。そしたら、教師の間で、「あんな不良みたいなのに来られたら困る」と言っていたのですって。私たちは、その話を聞いて、何を言ってるん。秀樹が来たら、もう、生徒も大喜びだわ。受験生だって増えるかもしれんのに。先生たち、知らないってバカだねえと話しましたよ。

西城秀樹さんが声優をしてるアニメ、中沢啓治さんの、はだしのゲンが生まれるきっかけとなった「黒い雨にうたれて」をあらためて見ました。素晴らしい。やんちゃな広島の男の子、広島弁も、演技も。ここで見られます。

http://embed.nicovideo.jp/watch/sm29141184

Photo
これもテレビで見ました。視聴者の投稿でした。あるホテルで息子さんがトイレに入った時、便器が高くておしっこをするのに困っていた時に、西城秀樹さんが手伝ってくれたのだと。おじちゃんが手伝ってくれたというのを見たら、西城秀樹さんだったと。優しい人だったのですね。

それから、亡くなったと言えば、やはりこの方、岸井成格さん。今日の「サンデーモーニング」でも、特集をしていました。ニュース23のこの人に対する政権の圧力もひどい物でした。やはりこの方には生きていて欲しかったです。お具合が悪いということは、最後の出演された姿を見て分かっていましたが。大切な人が次々と亡くなります。この社会、どうなって行くのでしょうか・・。

Photo_2


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竹田雅郎さんの弁当箱②

広島二中の竹田雅郎さんのお弁当箱の続きです。

雅郎さんたち広島二中の一年生の全滅の様子は、ポプラ社の「いしぶみ」に記されています。杉村春子さんの朗読で広島テレビっ放送局が作った番組「碑」を本にしたものです。

1

この本は、私の父の蔵書です。あの当時広島二中の教師だった父が昭和四十五年二十日発行の初版本を買って大切に読み、保管していた物です。

この本の「お寺の救護所で」の項に雅郎さんの亡くなった様子が書かれています。

5

『舟入川口町にありました唯信寺は、仮救護所もつくられましたが、住職の子どもさん、大内俊くんが広島二中の一年生だったこともあって、八人の生徒がたどりついています。この八人のうちの一人小野敦君は、寺の救護所でやけどに白いくすりをぬってもらって、近くの家に夕方六時に帰ってきました。

「お母さん、かえりましたよ、といってくれたのですが、顔がやけどではれあがり、手当のしようがありませんでした。
やけどで痛かったのでしょうが、友だちの名をよんではがんばれといい、思いきり水を
飲みたい、と申しました。数をかぞえてみたり、友だちの名前を読んだりして気をまぎらわし、がまんして苦しいとひと言も漏らさず、その夜、七時半に死んでしまいました。」

小野くんのほかの七人は、手当を受けたあとそのまま寺に収容されたてのすが、全員が生きているうちに両親にあうことができませんでした。だから、お父さんやお母さんの話は、遺体をたずねあてたときに、お寺の方やそばにいた人から聞かされた話なのです。

  (中略)

坪木君と同じ日に、竹田雅郎君も同じように国歌をうたい、そして日本万才とさけんで亡くなりました。
 このことを、高田郡におられたお父さんが広島にでてきて聞かれたのは、戦争も終わった八月の末でした。』

まだ、たった70年余り前の、弟もこうして生きていて、「8.6ヒロシマ平和の夕べ」のスタッフの一人としてコツコツと活動している、そんな出来事なのです。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西城秀樹さん

竹田さんの弁当箱のことを書くつもりでしたが。それは明日に回さざるを得なくて。すみません。

やっぱり、西城秀樹さんのことを。テレビで次々といろんな局で西城さんのことをやるたびに、沢山の曲を聴くたびに、涙が出て仕方がありません。それと、あの、野口五郎さんと舞台の上で抱き合うシーン、たまりませんねえ。

やはり広島出身であって、後輩の〇〇先生と同じクラスであり、父が勤めていた高校出身であり、お父さんはここのお店のオーナーで、などととても身近な存在としてあったこともあるでしょう。

沢山の歌、私は「情熱の嵐」が一番好きでした。二年前に、「同窓会コンサート」に行って、感動したことをここに書いています。

http://miyoko-diary.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/post-91b5.html?optimized=0

二度の脳卒中の後のマヒした体で、でも、歌は本当に全く普通に歌って。それはびっくりしましたし、感動でもありました。

その時のチラシを。

Photo

歩いたり立ったりするのが不自由でも、それを皆さんが上手にカバーして、ああ、皆さんに慕われているのだなあということもよく分かりました。それに何よりご本人の頑張りがすごいと。

ああ、行って良かったなあと今もそう思います。

長く生き来ていると、いろいろな人、それも私よりだいぶ若い方の死の報せに接することが多くなりました。悲しいことです。その度にああ、生きるという事はこういうことなのだと、みんないつかは生きることの務めを終えて、こうして死んでいくのだと、いつかは私もそうなるのだと、感じざるを得ません。

同窓会コンサートでも、聞かせてもらった新曲、「蜃気楼」の歌詞、悲しいです。

「都会の砂漠独り 歩いて何処へ辿り着く
  ・・・・
もう一度だけなら 立てる気がした
焦げつきそうなこの身体
闇に塵の世 一筋の光求めて
どうにもならないと諦めていた
胸が引き裂かれる痛み
  ・・・・・・・・・」

合掌。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竹田雅郎さんの弁当箱①

5月14日の中国新聞に載った記事です。

1

竹田雅郎さん、私たちの「8.6ヒロシマ平和の夕べ」のスタッフでもある竹田さんのお兄さんの弁当箱です。当時、広島二中の一年生であった雅郎さん。学徒動員で建物疎開に動員されていて、平和公園の川岸で被爆。その時の二中一年生は全員亡くなりました。

お弁当箱は、広島原爆資料館に大切に保管してあります。2013年6月、私たちは竹田さんに連れられて、そのお弁当箱を見せてもらいに行きました。それはここに書いています。

http://miyoko-diary.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-b6e7.html

その時の写真の一枚です。竹田さんと沖縄の知花昌一さん、もう亡くなってしまった中村周六さんです。

3

まだあどけない12才の少年が、炎に一瞬にして焼かれ、やっと舟入のお寺までたどり着いて、そこで亡くなったと。

その雅郎さんの名前は、二中の碑の裏に記されています。

広島二中の碑。これは昨年の8月6日、二中の慰霊祭が始まる直前。安倍首相の乗った車が厳重な警備の中、猛烈なスピードで通り過ぎていきました。

2

慰霊碑の裏の亡くなった先生、生徒の名前。この人達が一発の原爆で焼かれ死んでしまったのですね。

4

3_2

第一学年第六学級の右端に竹田雅郎さんの名前が。そして、左端には、8.6ヒロシマ平和の夕べにも来て頂いた松本正さんの弟さん、松本勝さんのお名前があります。

この項、続きます。


『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「記憶の限りでは」

今、日本の政治は一体どうなっているのでしょう。いい加減にしてほしい、嘘だらけ。教養もなく、嘘にウソを並べて、何とか乗り切ろうとしている政府、行政。まったく、もう、恥ずかしいというか、あきれたというか。

今のこの姿を、子どもたちはどう見ているのかと危惧します。

ある高校生です。妊娠しています。生むつもりはありません。それでも、彼女は妊娠は認めるのですが、まあ、それはエコーではっきりうつっているので認めざるを得ないのですが。それでも、相手は?という質問に性交はしていませんと言います。それも、

「私の記憶の限りでは、性交はしていません」と。

「記憶の限り」ですよ。うん?どこかで聞いたような言葉、でも、私の長い診療歴で「記憶の限り」という言葉は初めてです。

それは大変。では、どこかで、記憶がなくなったという記憶はない?と聞きました。この頃、時々あるのです。「レイプドラッグ」。気づかない内に、飲み物に薬を入れられて、記憶を失ってしまう、目が覚めた時にはレイプされていたという事。アルコールだけではありません。カラオケでカルピスを飲んだら、記憶がなくなったということ。それかと思いました。男性と一緒にいて、眠ったかもという記憶は?それもないと言います。

それなら、誰かをかばって?身内?これも時々あります。相手が実のお兄ちゃん。寝ている時にいたずらをされてと言うもの。でも、彼女は一人っ子だと。

お手上げです。母親の前でかたくなになっています。

大丈夫。動揺しているのかもね、それでは、いったん帰って、ゆっくり思い出してね。思い出したら、来て下さい。でも、あまり長くは待てませんよ。一週間以内に来てね。

妊娠という厳然とした事実があって、嘘とわかっても、「記憶にない」ということで、ごまかしたり逃げたりすること。それは、そっくりそのまま国会での姿です。

今、政治は、若い人や子どもたちにそんなウソや逃れ方を教えているのですね。そんな姿を子どもたちにもさらけ出していること。もう、いまや完全に「嘘はつかないで」という教育はできませんね。

「記憶にない」という言い方、本当にびっくりしました。

はい、そんな今だからこそ、しっかり考えたいと思います。


Photo
この第3回目、福島瑞穂さんと一緒に「女性と政治」について語ります。

3

沢山お話したいことがあります。多くの方とお会いできますように。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

性教協例会②ここいろhiroshima

性教協例会での、ここいろhiroshimaのお二人のお話。

中でも、お二人が始めた「子どもを対象にした会」が、とてもうれしいし感動です。これまでのデータにもあるように、多くの人は自分の性別への違和感を幼い時から持ち始めています。それは、なにより本人が苦しく、それを知った保護者の方々にも戸惑いや苦しみがあり、かつ、孤立しがちなことでもあります。同じような状況にある方たちがつながることにとても意義があることと思います。

そのホームページは、次の所にあります。

https://sa-chan.net/post_lp/cocoiro-hiroshima/

ぜひ覗いてみてくださいね。そして、さーちゃんと一緒にこの活動をしているもう一人の方、あっきーの中国新聞の記事がありますので、それを転載させて頂きますね。この記事を書かれた記者さんも、当日、一才の赤ちゃんを連れて、例会に参加して下さいました。赤ちゃんの声が聞こえる会、その雰囲気がとてもうれしかったですよ。


5

5月20日の会も盛況でありますように。

話して下さったお二人、参加して下さった多くの方々、ありがとうございました。

次回は、7月22日、性同一性障害と診断された小学生のお子さんをお持ちの方の、学校への取り組みなどのお話をして頂きます。またお会いできますように。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

性教協例会①「自分らしさ」って何だろう?

昨日は、性教協広島の例会でした。

「ここいろhiroshima」のお二人に来て頂いてお話を聞きました。

「ここいろhiroshima」は、「こころもからだもいろいろ。彩り豊かでええじゃん!」をモットーに、

「自分の性について悩むセクシャルマイノリティーの子どもたちとその保護者を対象にしたコミュニティスペースを提供しています。」

「月に一回ペースで広島市内にある公民館やコミュニセンターなどで、ざっくばらんにおしゃべりしたり、工作をしたり、参加者の皆さんが楽しめる活動を毎回考えています。」

という當山敦己(あっきー)さん、高畑桜さん(さーちゃん)のお二人です。配って頂いた案内のお二人の紹介から。

あっきーは、「性同一性障害(FTM)で性別適合手術、戸籍の変更済み。福祉職とセクシャルマイノリティ啓発活動家の顔を持つ。笑うこと楽しいこと大好き!」

サーちゃんは、「レズビアン(Xジェンダー傾向あり)。元小学校教員で現在は神石高原町地域おこし協力隊として活動中。毎日をもっと楽しく!面白く!」


2

沢山の方に来て頂きました。満席です。学校関係者だけでなく、いろいろな大学の学生さんも。

1

まず、お二人がそれぞれ、ご自分の生い立ちなどの体験を話されました。

さーちゃんの『私がこれまで見てきた世界~「自分らしさ」と向き合って~」

そして、私自身かまだちゃんと整理し切れていなかった「LGBT」と「SOGI」について、丁寧に話して頂きました。

「LGBT」はもうかなり理解されてきました。「レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー」など、性的少数者とされて、主に人を指します。それでも、この中に入らない方もいます。

「SOGI」は、「Sexal Orientation」性的指向・どんな性別の人を好きになるか、と、「Gender Identity」性自認・自分の性別をどう思うか、を示します。

ですから、さーちゃんは、体は女性です。胸があることにも、生理があることにも違和感はありません。そして、女性を好きになります。でも、少し男性性もあり、だから、心は「X」であるということになると。

このお話続きます。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母の日のプレゼント

母の日ですね。私には、もうプレゼントする母は二人ともいません。義母が生きている間、昨年までは、毎年ちゃんとその日に届くようにあれこれ選んで贈っていました。そのプレゼントもしなくてもいいようになりました。そういえば、あの義母へのプレゼントの数々、いったいどうなったのでしょうね。実母への母の日のプレゼントは、あまり思い出がありません。いつもプレゼントはしていたのですが、具体的に何をしていたのか、ほとんど記憶にありません。もう亡くなって長いので。もう少し長く生きていて欲しかったなあ、もっとしっかり親孝行がしたかったと今になって思います。

 昨夜、息子家族から届きました。京都の現代の名工の職人さんが作った眼鏡ケースです。なんか、もったいなくて使えそうにないけれど。カードもうれしいです。

Photo

もう一つ、プレゼントを頂きました。甥の長女。この度、めでたく大学も出て、国家試験も受かり、就職、初給料をもらったと。なんと、一人一人みんなにプレゼントをくれました。私にも、夫にも。私へはカープとコラボのフェイラーのハンカチです。

Photo_2

ひゃ―これももったいなくて使えないよー。 どこかに飾りましょうか。それにしても、初給料でプレゼント。両親やおばあちゃんには分かるけど。そのおばあちゃんの妹夫婦にまで。ありがたいことです。

今から性教協の例会に行きます。性同一性障害、レスビアンなどのLGBT当事者の方々のお話をうかがいます。昨日は、懇親会で楽しく過ごしました。いい仲間に恵まれて幸せだと思います。ますます頑張らなければ。

『河野美代子からだの相談室』
ここをクリックすると私の体の相談室と著書の販売があります。
ぜひ覗いてみて下さい。

広島ブログに参加しています。このバナーをクリックすると、
私のポイントになります。ご協力よろしくお願いします。
広島ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«性教協広島サークル例会のお知らせです。